Mamiさんの映画レビュー・感想・評価

Mami

Mami

映画(78)
ドラマ(0)

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

スラムドック&ミリオネアもそうだったがインド社会の格差、子供の貧困、悲しみがこみあげる。
貧しくも母親や兄に愛され懸命に生きる主人公のちょっとした行動が原因で、その家族の絆が断たれてしまう。
トラウマ
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

倦怠期の夫婦が出会った頃を思いだし、愛を再生して、なんて展開を期待していたらあら〜😅
確かにケンカしたりすることは夫婦ではしょっ中あるけど。
相手に対して少しずつ蓄積していった不満、失望が嫌悪となって
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.8

ライアンゴズリンクのいつもの柔らかく優しそうな憂いのある表情。
車の修理工、ドライブスタントマンという表の顔と強盗の逃亡を助ける裏稼業、カーチェイスをしながら巧みに車を操るその表情は変わることはない。
>>続きを読む

ローマ法王になる日まで(2015年製作の映画)

3.8

キリスト教に限らず、宗教と政治のかかわりかたの難しさを感じた。
アルゼンチンの独裁政権下でナチスさながらの残虐な行為が行われていた。
そんな中教会も自らの組織を守るため見て見ぬふりをする。
貧しい人び
>>続きを読む

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.8

DVを受け息子と共にローマからトリノに友人を頼り新しい生活を始める。
子供を守るため必死で働く母と、友人もおらず孤独を深める息子。
ぶつかり合いながらも、少しずつ回りの人達との触れ合いを通して前進して
>>続きを読む

甘き人生(2016年製作の映画)

3.6

イタリアトリノ。
幼い頃母をなくしその本当の死因を知らされず、喪失感を抱いたまま人を愛せず大人になっていく。
母の子供に対する愛は深い。一番側にいて欲しい時期に子供をおいて死を選んだというのは相当心が
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.5

事実をもとに描かれた同棲愛者の苦悩。1960年代のその差別は壮絶だ。
特に宗教色が強い地位は正常な人間とみなされず弾圧されている。
自分と違うもの、肌の色、国籍、宗教で人を排除するということ。
今の時
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.9

3組の夫婦とその友人が織りなす月食の日の夕食会での人間模様。
かなり初めからやばい雰囲気。
携帯にアクセスしてきた内容を全てその場でオープンにするというゲーム。
携帯という便利なツールがあるからなのか
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

英国でも世界的にも歴史をかえた人物であるとは知っていた。
彼の日々の生活、言動、思考を生々しく表す事で、その苦悩が、決して聖人ではなく同じ人間なんだと感じた。
奇しくも、戦場のアリアやダンケルクを観て
>>続きを読む

戦場のアリア(2005年製作の映画)

3.8

戦争時、前線で戦う市井の人々。その悲惨を、他国軍とのクリスマスイブでの交流で描くことでより伝わってくる。
一体何の為に命を奪い合うのか。皆んな愛する家族がいて幸せに生きたいのに祖国の為にと信じこまされ
>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.6

古きよきハリウッド!実際あんな感じだったんだろうな^_^
華やかな映画が毎日何作も撮影され、日々起こるアクシデントに対処するプロデューサー。我がままな女優、なまりのひどい西部劇のスター、誘拐など苦労は
>>続きを読む

ディーバ(1981年製作の映画)

4.0

オタクの青年のラブストーリーかと思いきや、2つのテープをめぐるサスペンス。
なぞのカップルなど映像、音楽とてもムードがあって良かった。

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに観直した。
ジョニーディップの演技凄い!
ウンパルンバ、色彩、ストーリー何度観ても楽しめる。

セブン(1995年製作の映画)

4.0

ブラピ、モーガンフリーマンの微妙な距離感。人への希望と絶望。この世に神はいないのかと思わせるサスペンス。

17歳の肖像(2009年製作の映画)

4.0

若かりし時の過ち。若いからこそ憧れる大人の男性。多感で頭が良くしっかり、同世代の男の子はもの足りず、分かる気がする。
パリに私も生きたいと言う心からの演技で、というフレーズ心に刺さった。

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.7

キャリーマリガン大好きな女優さん。
女性が見下されてきた歴史を実感した。
日本の女性の参政権はイギリスより遙か後。なんだかなー😓

ある天文学者の恋文(2015年製作の映画)

3.8

色々な愛の形があるのだなー。
死を前してこれだけの手の込んだメッセージを残す愛の深さ。
この行いは、彼を死の恐怖から救うものだったのかもしれない。

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

4.1

究極の就活。
凛とした生きざま、それをささえる家族の苦悩。
いつか自分にも訪れる時かくるだろうけど。
憧れる。

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.8

中学生ぐらいの男の子のロードムービー。
あの車を作る発想に、彼らの生きるエネルギーと、あと単純に笑った。
スタンドバイミーより、彼らが思春期で多感な時期であるため自我にたいする苦悩があり、より旅という
>>続きを読む

21グラム(2003年製作の映画)

3.9

もともと罪を犯し服役し立ち直ろうとしていた人。薬やお酒に依存しつつも家族に支えられ生活を立て直そうとしていた人。夫婦関係、心臓の病に苦しむ人。
その3人がさらに起きる不幸で交わっていく。
生きる苦悩、
>>続きを読む

ある公爵夫人の生涯(2008年製作の映画)

3.9

まさにダイアナ妃のご先祖。
女性は後継の男子を産むべき存在。一方でその経済力で地位と贅沢な暮らしが約束される。ただ旦那の女遊びには目をつぶり、、、、。愛が存在するのかも分からず。
世の中が貧しく食べて
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.6

ヒュージャックマン本当色々な役こなせる役者さん。
ローガンらしい生きざま!

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.5

リュウマチを患い厄介者扱いされるモード。
孤児で愛をしら生きてきたエベレット。
いびつな形で始まる2人の生活、殺伐とした部屋がモードの壁に描く花、鳥
木によって少しずつ温かさをおびてくる。
モードの外
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

時空を超えたメッセージ。
あの時こうしていれば未来はかえられた、そのメッセージが伝わったとき地球はすくわれた。
たんなるSFではなく、ミッセーシを解くために知った過去での過ちを正すことで、2人の愛も取
>>続きを読む

アメリカン・バーニング(2016年製作の映画)

3.3

子供への愛と育てる事の難しさを感じた。
子供の吃音、母親の育て方考え方、色々問題はあるのかもと思いながらも、生まれ持った性質、育てにくさもある。
どうしてあそこまで思想が過激になったのか救えなかったの
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

3.9

人生はお祭りだ!共に生きよう!
生きていてぐちゃぐちゃする頭のなかをみたみたい^_^

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.1

現代の戦争はなんかバーチャルゲームのよう。
ただそこにいる人達の苦悩はかわらない。
誰に感情移入するかで味方が変る。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

沖縄戦だったんだ。
信仰のもつ力の凄さを感じだ。前線で戦う人達の惨さと彼の崇高な行いに胸をうたれた。

暗黒街(2015年製作の映画)

3.4

久しぶりイタリアマフィアもの。
ゴットファーザーのころと違い
家族のような結束もなくなっているような。
結末はやはり虚しい。
M83の音楽よかった❣️

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

信仰とは?
日本人には本当に難しい問題。
あの当時日本人が信仰していたキリスト教か、実際本当にそうなのかは定かではないけれど、辛く苦しい今世で唯一の救いだったのは確かだ。
ひとは弱く嘘をつき裏切るとい
>>続きを読む

ジェーン・エア(2011年製作の映画)

3.8

マイケルファスベンダーのファンで観てみた。名文学の映画化。
あの時代の地元の名士の孤独、身分の差、息苦しさ、2人が惹かれながらもなかなか結ばれないもどかしさ。
重厚な作りと2人の演技力もありラスト感動
>>続きを読む

>|