ryuさんの映画レビュー・感想・評価

ryu

ryu

映画(77)
ドラマ(42)
  • List view
  • Grid view

セッション(2014年製作の映画)

3.7

ブラックスワンのように息が詰まって観てるこっちまで苦しくなるような映画だった。これを観るとなんで部活の顧問があんなに厳しかったか少し分かる気がする。最後の演奏シーンは圧巻。

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

3.5

思っていた話とは違って世代を越えた友情の話だった。あまり何も考えずにサラッと見れる。若き日のニコラスホルトがかわいかった。

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

ジェイコブ君がとにかく可愛いし演技が上手い。本当に今まで「世界」を知らなかった子に思えてくる。親子の再会と、ラストの成長を感じる場面で2度感動できる。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.8

まずタイトルが良い。こうなると分かってはいるけど最後の方は泣いてしまった。ただアリーの婚約者はちょっとかわいそう。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.8

ジョーカーの予習程度の気持ちでビギンズを観たらまんまとハマってしまった。個人的には良いラストだと思う。アンハサウェイがかっこいい。

インセプション(2010年製作の映画)

3.7

難しくてしっかり観ていないと頭が追いつかないけど、その感じも面白かった。アクションの要素もあるし見応えがある。最後のどっちとも取れないオチも良かった。

マジック・マイク(2012年製作の映画)

3.1

ストリッパーも大変な仕事だなと思った。ストリップのシーンも多いけど、人間ドラマ的な要素もあった。続編があるみたいだけどどういう風に続いてるんだろう。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.2

綾野剛の最初からの変わりようが凄かった。ぶっ飛んでると思ったけど、これが実話を基にしているというから驚き。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.1

タイトルの通りまさに底の話だった。全員変わりたいのに全くいい方向に進まないのが辛い。

シングルマン(2009年製作の映画)

3.4

映像のコントラストが特徴的できれいだった。朝から夜までという1日だけを描いているというのも印象的。死ぬタイミングは誰も決められないんだなと思った。ニコラスホルトの青い瞳がきれい。

そんなキミに恋してる(2014年製作の映画)

2.9

高校生のキラキラしたラブストーリーを期待してたのに、しっちゃかめっちゃかな話と下ネタのオンパレードに驚いた笑

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.7

犯人は割とすぐ分かっちゃうけど、結構グロいし終始ハラハラする。吉岡里帆はこういうちょっと暗い役の方が合ってる気がした。高杉真宙もかっこよかった。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

すごく良い映画!タイムトラベルものだけどそこに重きが置かれてなくて良かった。1日1日を大切に色んなことを感じながら生きようと思える作品。すごく落ち込むことがあった時にまたこれを観ようと思う。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

ミュージカル映画を勝手に敬遠してて今まで観てこなかった。最初の歌のシーンでやっぱりダメかもと思ったけどそこを乗り越えたら普通に面白かった。最後はとても切ない気持ちになった。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.2

ありえないようで今のご時世絶対に無いとも言い切れないから怖い。成田凌がとにかくきもい。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9

タランティーノの映画はあまり観たことが無いけど、途中までタランティーノもこういう映画撮るんだって感じで退屈はしないけどわりと淡々と進んでいったけど、最後の方は自分のイメージするタランティーノ全開って感>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.7

三谷幸喜の作品はステキな金縛りぐらいしか観たことが無いけどやっぱりとても面白かった。何も考えずクスクス笑えて気楽に観ることが出来る映画。

天気の子(2019年製作の映画)

3.1

絵はきれい。君の名はよりは好きだけど正直あんまり好みではなかった。

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.9

ジョーカーの予習で鑑賞。前作を観てすっかりバットマンにはまってしまった。ヒースレジャーが演じるジョーカーを一度観てみたかったので満足。前作よりも暗いし後味も悪いけどとても面白かった。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.4

ジョーカーの予習で観た。今までアメコミの作品は何となく避けてたけどめっちゃ面白かった。ほとんど話を知らなかったからこんな暗いトーンの作品だとは思わなかった。

楽園(2019年製作の映画)

3.6

ジョーカーといいこれといい最近は重い話を観ることが多い。軸となる話が二つあるけどどちらも救われないしモヤモヤする。楽園というタイトルで登場人物みんな楽園を追い求めてるのに誰も見つけられてないのが辛い。>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

とにかく暗いし重い。ただジョーカーにあまり共感は出来なかった。ホアキンの演技が凄かった。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.0

なんかゾンビものやオカルト系、スリラーなど色んな要素が混ざってる印象。生々しくて観るのがきついシーンが度々あった。國村隼がとにかく気持ち悪い。

アス(2019年製作の映画)

3.6

気味が悪くて怖いけど、監督の前作ゲットアウトの方が得体の知れない物への恐怖みたいなのが良く描かれていた気がする。結末も面白いけど、ゲットアウトの方がよく考えられていたと思う。

キャビン(2011年製作の映画)

3.7

面白い!最初はよくあるホラーかと思いきや後半は思わず笑ってしまうような展開だった。ホラーが苦手な人でもこれなら楽しめそう。

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

4.0

とても面白かった。よくあるキャラクター設定の4人組が、隣人が殺人鬼かどうかを調べる話だけど予定調和でなくて良かった。ITのときも思ったけど、ホラーと子供は相性が良いなと感じた。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

2.9

元々観たいと思っていたけど一度も観た事の無かったこのシリーズ。なので期待していたけど、正直微妙だった。自分がイメージしていたワイルドスピードでは無かった。でもアクションはめっちゃかっこよくて見応えがあ>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.0

個人的には3が大好きだったからこの終わりにはあんまり納得できなかった。でもこれからも続いてくれるんだとしたらこれでもいいのかも。ともかくトイストーリーの世界観をまた新しい話で観ることが出来たのは良かっ>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.9

彼の若さゆえの危うさみたいなものがひしひしと伝わってきた。冒頭から盗みも殺人も何のためらいも無くやってしまう所と顔の幼さとのアンバランスさが良かった。そんな彼でもラモンに対しては素直になれずいる所が可>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

正直あまり期待していなかったけどとても面白かった。歌が多めでミュージカルを観てるような気分だった。最近のディズニーは実写化が多いけど、これはその中でも当たりなんじゃないかなと思う。

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

3.6

ずっと気になってた作品。舞台を見ているような作品だった。登場人物みんな最低だけど、人間ってこうなんだろうなと思わされた。ラストはスカッとするがすごく嫌な気持ちになる。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.2

絵はとても綺麗だけど、絶賛されてる割にそこまではまれなかった。

>|