どくさんの映画レビュー・感想・評価

どく

どく

個人的な鑑賞記録です

映画(73)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.4

実話だという事に驚いた。
矯正施設がカルトじみていて観ていて怖かった。

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.4

受け入れて許す事。
今まで迷惑を掛けたり避けていた人達の元を巡るシーンがとても良かった。

12か月の未来図(2017年製作の映画)

3.6

派手な展開は無いけどユーモアのあるとても良い映画
生徒が少しでも興味を持てる様な授業に変えて行く感じが良かった。

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.8

観ていて心がゴリゴリと削られる様な感覚でラストは砕け散った。
ラザロという無垢な魂は何を見て何を思ったのか。
余韻が残るとても考えてしまう映画

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.2

野犬と主人公の母親がひたすら怖い
途中から現実と夢の境界線がわからなくなった

マックイーン:モードの反逆児(2018年製作の映画)

4.2

ただただ圧倒された。
とても残酷でとても美しいドキュメンタリー

荒野にて(2017年製作の映画)

3.8

人に助けられたり裏切られたりとなかなかしんどい。
ラストの主人公の表情がとても良かった。

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.8

とても静かな映画
登場人物それぞれ色々な思いを抱えて日々を過ごしている。

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.7

殺風景で閉ざされた様な環境で捻くれてしまった主人公は見ていて痛々しかった。
自分本位で幼い印象だった主人公が最後は自分を変えたいと不器用ながらも一歩踏み出せたのは良かった。

ヴィクトリア女王 最期の秘密(2017年製作の映画)

3.5

仏頂面だった女王が段々と生き生きとしていくのが可愛らしく感じた。
調度品や衣装が素敵だった。

(2018年製作の映画)

3.4

高所作業には安全帯を着けないと。
姿の変わってしまった主人公に一番寄り添っていたのが母親ではなくお姉さんだったのが印象的

葡萄畑に帰ろう(2017年製作の映画)

3.4

色々な意味で想像の斜め上だったけど個人的には楽しめた。
なかなか触れる事の無いジョージアの言語や文字が新鮮だった。

リアム16歳、はじめての学校(2017年製作の映画)

3.5

緩やかな親子の成長物語
ぶっ飛んでいるけどお母さんはとてもキュートだし、息子が純粋でとにかく良い子。

天国でまた会おう(2017年製作の映画)

3.4

仮面のバリエーションが豊富で見ていて飽きなかった。
原作がテンポ良くコンパクトにまとまっていて良かった。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.5

電話の会話と聞こえてくる音で状況を想像しながら集中して観ることが出来た。
主人公が短気だったり傲慢だったりと完璧な人間じゃないのも良かった。

ジュリアン(2017年製作の映画)

3.4

ホラー映画の様な緊張感
無表情なお父さんがただただ怖い

ノーザン・ソウル(2014年製作の映画)

3.5

青春映画と言うか若気の至り映画と言うか。
昔、ふと気になった曲をメモしてCDショップで探したり、音楽雑誌を買って調べたりしていたのが楽しかったのを思い出した。

未来を乗り換えた男(2018年製作の映画)

3.2

主人公を含め登場人物が彷徨う亡霊のようで観ていて不安になる。

ヴァンサンへの手紙(2015年製作の映画)

3.8

表情と全身を使って表現する手話は豊かな言語だと感じた。
「聴こえる人間の価値観で育てられる」や「母国なのに外国人のようだ」などの言葉が強く印象に残った。

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.0

不器用で馬鹿正直なおじさんに泣かされる。
子役の女の子が表情豊かでとにかく可愛い

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.6

とても美しい映画
劇場で観ることが出来て幸せと思える作品
街の雑踏音や生活音の全てが効果的

暗殺のオペラ(1970年製作の映画)

3.7

色彩が鮮やかで美しい
世の中には知らなくてもいい真実があると感じた

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.1

上手くまとまったロードムービー
段々と二人の距離が近づいていく感じがとても良かった。
そして奥さんは何でもお見通し。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.1

登場人物が毒々しく歪な人間ばかりでとても楽しめた
謎のダンスや悪趣味な貴族の遊びなど印象的なシーンが多かった

まぼろしの市街戦(1967年製作の映画)

4.2

とても寓話的
衣装も華やかでコミカルな話なのにどこか物悲しい
幻想の中で生きている人たちが時折見せる冷静な表情や台詞にハッとさせられる

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

4.0

偏屈なお爺さんのロードムービー
行く先々で出会う人たちが皆魅力的
そしてお爺さんの難易度高めのスーツ姿がとても素敵

UFO少年アブドラジャン(1992年製作の映画)

3.8

ゆる〜いSF映画
コミカルなシーンも多く楽しめた。
雑過ぎるUFOや編集がクセになる感じ

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.5

混沌とした映画
ずっと悪夢を見ているような感覚で疲れるけれど嫌いじゃない

妖婆 死棺の呪い(1967年製作の映画)

3.3

何故このタイトルなのか謎だけど、映画はシュールで楽しめた

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.5

お父さんが不憫
ホラーというより家族の物語、そして悪魔より狂信的な人間が一番怖い

運命は踊る(2017年製作の映画)

4.0

とても好みの作品
『運命は踊る』まさにその通りだなと思う

ラルジャン(1983年製作の映画)

4.0

淡々と話が進んでいく
重い話なのに不思議と不快じゃない

彼が愛したケーキ職人(2017年製作の映画)

3.9

とても静かな映画
主人公の孤独や喪失感が表情や立ち姿からよく伝わった

暗殺の森(1970年製作の映画)

4.0

全てのシーンが美しい。
ラストの主人公の表情と背中がなんとも言えない

>|