marinさんの映画レビュー・感想・評価

marin

marin

好きなものだけ

映画(288)
ドラマ(0)

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.5

Filmerks主催の試写会にて。

原作はセリフを覚えるくらいに読んでる大好きな作品。津奈木の人間模様とか安藤のちょっとおかしい感じが強すぎて、寧子の感情だけに浸れないのがもったいない。

原作読ん
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

イケメンを贅沢に無駄遣いしすぎ〜橋本環奈白くてムチムチでかわい〜。

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.9

こわ〜。現実がどんどん混沌としていって引きずりこまれた。

ソフィア・コッポラの椿姫(2016年製作の映画)

5.0

日本公演を東京文化会館で観劇。
ヴァレンティノのドレスは椅子に腰かけたときにとってもきれいで、キウリとピッチョーリのドレスもすっごくきれいだった。

人の喉はどんな楽器にも勝る、と思った。
涙で視界が
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.6

日本版観てから気になって。

エンドロールがぐっときた。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

タイプとして好きか好きじゃないかは置いといて。
中学校でちょいギャルやってたのも懐かしく(アムラーではなく西野カナ世代だが、なんなら西野カナとか好きじゃないけど)高校生のときの文化祭とか、休み時間とか
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.9

終わりが分かっているからって幸せじゃない恋なわけじゃない。

海底に戻れば電動車椅子だってなんだってひとりで乗りこなせるのよ。涙が止まらない。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.7

誰かといてもふとしたときの孤独っぽい気持ちのときはみんなああいう顔するよなぁって。

朝が一番寂しくなる瞬間。みんなアンバランスだなぁ。

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

2.4

ドラマずっとみてきたから期待してたけど、終わりと感動を詰め込みすぎだったので感情がついていけなかったよ。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

男の子って透明なんだなぁと率直に思った。女の子がもつ毒や危うさがなくて。

透明で難しい映画だった。知りたくなる。ずるい。
こんな永遠の夏があたしもほしいなぁ。
若いうちにたくさん、傷ついておこう。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.4

ストーリーはありがちであんまり面白くなかったけど、ティモシー・シャラメが最高にどエロい。
ひじにキスされたい。

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.7

自分だけ変われなくて置いていかれてるとき、受け入れてみるとストンと何かが変わる感じ。
モノクロの意味はわからないけど、モノクロでよかった。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.6

コッポラみ〜
女の園の中で男のひとの発する存在感や言葉ってとんでもなく圧倒的なんだよね。

なによりもアップルパイのシーンが全て。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

ミュージカル映画大好きなんだけど、ララランドだけハマらなくてこれも期待してなかったらやられた〜〜泣き通し。

話がありがちでシンプルだからより一層歌とダンスに華があってよかった。

演出はララランドぽ
>>続きを読む

>|