けここさんの映画レビュー・感想・評価

けここ

けここ

一番後ろの席が好き

  • List view
  • Grid view

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

人生は映画のように上手くいかないと、何もかも消えてしまったかのような雰囲気の中、映画のようなロマンチックな音楽とシーンで締めくくられる完璧なFINE

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.0

見終えたら地球に帰ってきた気になった。実に長旅であった

キャビン・フィーバー(2002年製作の映画)

3.0

鹿がクラクション鳴らすとこで声が出た。最後のオチもグゥ

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

2.0

何故、焼くし…
でも飽きなかった。緑が綺麗だった。エロい保安官に期待した自分が馬鹿だった

ソウ ザ・ファイナル 3D(2010年製作の映画)

-

肌が乾いた紙粘土の上に新しい紙粘土つけたみたいなそれ多分くっつかないと思うよ?的な質感だし血がピンク!なにがあった。3Dだからなのか?
怒涛の「実は俺が」「実は私が」は最後だけで良かった。

何故、途
>>続きを読む

ソウ6(2009年製作の映画)

3.0

最初のゲームオーバー!からまさかここまで話が広がるとは思わなんだ。アメリカの保険事情とか社会派な内容なのに思い出したかのようにグロ入るのが好き。
そういやそうだった的な。

1と3と6は好き。完走でき
>>続きを読む

ソウ5(2008年製作の映画)

2.5

最後ちょっと笑う。協力も共通点も初期で察してしまったのでイマイチ

ソウ4(2007年製作の映画)

2.5

ソウマラソンに疲れてきた。おおなるほど、っていうゲームオーバーじゃなかった

ソウ3(2006年製作の映画)

3.0

おお繋がり始めた。今日は4まで見よう。ガシャーン!タイプにちょっと飽きてきました

ソウ2(2005年製作の映画)

2.5

数年ぶり2回目。前はここでやめちゃったのでこのまま一気に見ようと思う

ソウ(2004年製作の映画)

3.0

数年ぶり2回目。やっぱ最初のゲームオーバー!が好きだな

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

信念を曲げたら自分が死ぬ。
あの時、日本人にも信念はあった。でもこの人の信念は人の命を助けるという事で、それはとてもラッキーで幸せだと思った。

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

2.5

何より役者さんらが楽しそう。大仰な時代劇、またテレビでやって欲しいなぁ。というかテレビかなこれは

キリング・ミー・ソフトリー(2002年製作の映画)

-

手が触れ合って目が合ってそれでここまでもつれ込む。全く解せぬ。

拷問男(2012年製作の映画)

1.5

邦題がどうかしてる。犯人が判明する場面も復讐の計画もどこか薄味で物足りない

アポカリプト(2006年製作の映画)

3.5

階段の上から何投げてるのかな?ボールかな?占いかな?って思ったらとんでも無いもの投げてて絶望した。インディジョーンズの所のあれも上から何か転がってくんじゃなかろうか(笑)

ジャガーさんがカッコいい

スプリット(2017年製作の映画)

3.0

ハンガーにもイライラ
隣の女の子にもイライラ

まさか走って帰宅するとは思わなんだ。ワイルドだわ

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.0

お金が気になって気になって仕方なかった。

どんどん自分らしさを取り戻していく女性2人と開放感溢れる景色がマッチしてて最高。
「彼ってキュートよね」を絵に描いたようなブラピだった

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

4.0

ラストの台詞と映像と音楽がバシーン!と決まってかっこいい。大爆笑したけれども

悪の法則(2013年製作の映画)

4.0

みんなが諦めろ諦めろと言うのが好き。あなたの世界は不思議ね

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.0

全然話が噛み合わないのにまた来るって。また来るって言われたらその日に閉店する私なら

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.0

インターネットも携帯電話も無いもどかしさといい、古めかしい言い回しの英語といい、手動エレベーターといい、タバコふかしまくりといい、カメラ好きの眼鏡の東洋人といい…
時代は流れているんだなぁと色んな意味
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

3人目でも少年の面影を感じたからそれは凄い。漠然とした内容なのにふとした時にワンシーンを思い出すかもしれない

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

居場所は何処にでもあるんだよって、それが一番泣けたな。
祖父母の家や育った田舎の風景を思い出して色々とノスタルジックな気持ちになれました。

以下ネタバレ

座敷わらし、遊郭のお姉さん、そして最後の子
>>続きを読む

フューリー(2014年製作の映画)

2.5

ドイツの女の子とのシーンまでは良かったんだけども

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

途中から台詞や効果音やらがぜーんぶ音楽に聞こえてきたのですけどそれは深夜だからでしょうか。酔っ払いだったからでしょうかわかりませんが、テキーラ!面白かった!

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

酔っ払って観ました、が、寝ませんでした。だからまたまともな時に見直すかもしれない。見直さないかもしれない。

現場からは以上です

>|