だいふくさんの映画レビュー・感想・評価

だいふく

だいふく

映画(129)
ドラマ(0)
  • 129Marks
  • 11Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

デンジャー・クロース 極限着弾(2019年製作の映画)

3.5

史実がどうのこうのとかは置いといて、至近距離の迫撃・銃撃戦がずーっと続くのはとても迫力がある。密林で相手側がよく見えないから怖さも倍増。ドキドキしながら観ました。ただまぁ、相手側はこの映画を観てどう思>>続きを読む

ワールドエンド(2019年製作の映画)

3.0

戦闘シーンとか迫力あって面白いし、特に後半の群衆の所はあまり観たことのないものが見れて良かった。が、全体としてはちょっと長くて割と退屈。ストーリーもそう真新しいものではないので、こんなものかという感じ>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

一体何を観てたんだろう、変なコメディだったなぁ。色々と脈絡のないことが次々起こり、その説明は一切しない。伏線かと思えばそうでもなく投げっぱなし。まぁ特に理解しようとせず、なんだこれはと笑ってみるのがよ>>続きを読む

羅小黒戦記(2019年製作の映画)

4.5

小黒がただただ可愛い前半と、怒涛のバトルてんこ盛りの後半。どのシーンもカッコよくて可愛くて素晴らしい。色んな妖精も出てきてビジュアル的にも飽きず、観ていてとても気持ちの良いものでした。

ブラッドショット(2020年製作の映画)

4.0

全然期待してなかったけど、よかった。大したスーパーパワーじゃないんだけど(実際、パワーがアップしてほぼ不死身になるだけなので)、ヴィン・ディーゼルが殴ったりするだけで、迫力が違う。サイボーグとの戦闘シ>>続きを読む

ドミノ 復讐の咆哮(2019年製作の映画)

2.5

B級アクションを期待したのだが、ドラマ中心だった。これはこれで楽しもうかと思ったのだが、ご都合主義の連発と展開の継ぎ接ぎ感が凄かった。それはそれで心の中でツッコミながら楽しめるから良いのだが。ほどほど>>続きを読む

囚われた国家(2019年製作の映画)

2.5

なんか中途半端だなぁと思った。エイリアン出すぐらいフィクション全開なんだから、管理社会体制ももうちょっとガッツリ作り込んだものを期待してたのに、そんなことなく。ほどほどでした。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.0

ずっと観たかったハーレイクインがいた。クレイジーでキュートなサイコウーマン。なんたらスクワッドはなかったことにしよう。ハーレイの魅力がたっぷり詰まった今作、ひたすら可愛くて魅了される。素晴らしかったで>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.5

最近ホラーをよく観るけど、一番ストレートなアメリカのホラーっぽいなと思った。じわじわ恐ろしい感じではなく、わっとビックリさせるような。驚かせ方も色々パターンがあって面白い。楽しみました。

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.0

久々の脱出ゲーム系の映画。まぁ、可もなく不可もなくという、ほどほどの出来。つまらないわけではないけど、盛り上がりには欠ける。でも、たまにはこういうのも良い。

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.0

たまにはこういうドンパチ映画が見たくなる。ストーリーとか大して無いのだろうと思っていたら、陰謀が渦巻く割とお堅い感じで始まる。なんだそういう映画かと思っていたら最後急に雑なストーリーが展開され爆笑。お>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

たまーに観てしまうカルト集団映画。正直怖くはないが、全編に満ち溢れる狂気っぷりは面白い。後半は、もうそんな馬鹿なみたいなシーンを大真面目にやってるので笑えてしょうがなかった。誰もが気にいる映画ではない>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

緊張感が途切れない。戦場を駆け抜け続け、観てるこちら側も疲れる。開けた場所に出れば、敵からの攻撃が来るのではと恐怖を覚える。下手なホラーよりも怖いだろう。ワンカットとテーマがマッチしていて戦争の恐怖と>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

戦車全然分からないけど、見てて凄くテンションあがった。戦車好きな監督が作ったんだろうなぁとはっきり分かるほど伝わる戦車愛。キャラもストーリーも、戦車を魅力的にするための道具に過ぎない。それぐらいの戦車>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.5

ストレートなミステリーを久しぶりに見たような気がする。ド直球かと言えばそうでもないのだけど、それらしい解答は割と最初の段階で与えられる。けど、なーんか小骨が引っかかるような違和感を拭えない。とか思って>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.0

家族のためにお金を稼ごうとしたら、その家族と過ごす時間が減ってしまうという皮肉。結果、家族のギスギスしていき、なんかもうやるせない気分になる。貧困から抜け出す為により多く働くのは一つの選択肢だけど、そ>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

どんな状況でも家族揃って、という感覚は韓国で強い意識なのだろうか。一人抜け駆けして金持ちになろうという考えはなく、きっかけを貰ったら、漏れなく家族もついてくる。面白いなぁとかのほほんと笑ってたけど、後>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

戦時中で子供視点の話って珍しいなぁ、とちょっとした興味で観に行ったけど、これは面白い。話の根幹なんてボーイミーツガールだからありふれているかもしれないけど、敗戦濃厚のドイツが舞台で、女の子がユダヤ人、>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.5

ホラーあまり観ないからかもしれないけど、わりと怖かった。超常的なモノにも対抗する術があったりするのが外国のホラーだなぁって思う。派手なシーンや、物凄く目を引くインパクトのある描写があるわけじゃないけど>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.0

SWに特別な思入れは正直全くない。なので、そんなに期待せずに観に行って、まぁこんなもんだろうかなぁと思い、まぁそんなもんだった。映画を観るときは、観たことのないモノを期待するのだけど、既視感バリバリで>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.5

車には全然興味ないが、映画で迫力あるレースシーンを観るとワクワクしてしまった。大企業にありがちな内部のイザコザに振り回されながらも、純粋にレースに打ち込む姿はカッコいいなぁと思う。面白かったです。

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.5

あんまり期待してなかったけど、面白かった。どこかで見た様なベタベタなネタのオンパレード。ここまで来ると清々しい。展開読めるのに笑ってしまうテンポと思い切りの良さ。わざとだと思うが、去年の映画とは思えな>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.0

原作を読んだあとだったので、某描写を楽しみに観に行ったのが、結構マイルドだったので少し残念。でも、館のビジュアルは結構好きだったので、こういうのが映像化の醍醐味だなぁと思った。話は原作順守なので、原作>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

4.0

漫才のような掛け合いが終始続く、ゾンビサバイバル。そのせいか、ゾンビだらけだけど、悲壮感はほぼゼロ。むしろ、この状況を楽しんですらいるのではと思える。真剣なゾンビ物もいいけど、こういうコメディ調子も好>>続きを読む

THE INFORMER/三秒間の死角(2019年製作の映画)

3.5

色々な組織の思惑や陰謀が複雑に絡み合ってて面白い。あっと驚くようなどんでん返しがある訳じゃなくちょっと地味だけど、こういう色々な組織と人々を出して、最低限の説明でサッと観せるのはすごいと思う。阿呆なア>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.5

マントに覆面、まるでヒーローみたいな見た目だけど、中身は完全に悪役。容赦のない行動は、見てて清々しさすら覚える。中途半端にいい子ぶったりしないのはとてもいい。緊張感が終始続いて面白かった。お勧めです。

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.0

若い頃のウィルスミスを登場させる、それだけのために作られたような映画だが、そのシーンはよく出来てる。映画の可能性が今後広がって行くんだろうなぁと感じたい。肝心の内容に関して言えばそこそこなのだが、メリ>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

テンポよくパニックになっていき、ダラダラせずスパッと終わる。素晴らしい。そんな馬鹿な、みたいな展開はご愛嬌。それはそれで面白いのでよし。割と重めの話ばかり観ている人は、ここらで一息つくのもよいのでは。>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.0

1を観た時はこんなヒットシリーズになるとは思わなかったなぁ。アクションの飽きさせない工夫が本当に素晴らしい。カッコいい銃撃戦はもちろんのこと、打撃、ナイフ、馬、本...バリエーション豊か。アクション観>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

環境と境遇があまりにも不遇だ。これでイカレるなという方が無理がある程に。アーサーがジョーカーになってしまったのは、本人のせいと、果たして言い切れるのか。我々が犯罪者を見るとき、その結果しか見ず、過程に>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.5

自分のそっくりさんが得体の知れない不審者で迫ってきたら、そりゃ怖いよなぁ、という映画。抵抗する術があるあたり、外国のホラーだなぁって感じる。そういうのを期待してるからもちろんそれで良いんだけど。基本、>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.5

タロンがエルトン役と聞いて観に行った。知ってる曲はSaturday night〜しかなかったが、それでも楽しめた。煌びやかな衣装の内側では、みたいな話。ボヘミアンの時も思ったけど、曲に思い入れがあると>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

1960年代のハリウッドはほぼ知らない。でも、監督がその時代を本当に好きなんだろうなぁ、映画が本当に好きなんだなぁというのはよく伝わってくる。主要人物はいるものの、話は脈絡がない。昔昔、ハリウッドであ>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.5

ティーンの子たちが探偵っぽいことをする、よくある話だけど、個人的にそういう話はとても好みだ。それにホラー要素をちょっとプラスして、それなりに楽しんでいたが、ありきたりかなぁ等と思っていた。でもラストの>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

1.0

見所がない訳ではない。CGはよく出来てるし、可愛いと思う。ゲーム音楽も使ってる。冒頭の掴みもバッチリ。冒頭で期待値は上がるが、大人時代でそのほぼ全ては崩れ去る。
原作原理主義ではないので、多少の改変は
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.5

前作との違いを楽しみに観に行ったが、今回はミステリーっぽさは少しナリを潜め、代わりにSF要素がプラスに。ホラー要素はかなり少なくなり、もはやほぼコメディと化している。主人公のクレイジーっぷりが素晴らし>>続きを読む

>|