ぱゃさんの映画レビュー・感想・評価

ぱゃ

ぱゃ

無節操オブザイヤー。邦画も洋画も何でも好きなので見境なく視聴します。
評価したやつは全部レビュー書く派です。

映画(59)
ドラマ(0)

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.8

期待度低めに見てたんだけどそれを大きく上回る完成度とポケモンの可愛さでした。子供の頃からポケモンをやってた自分からすると知ってるポケモンが出てくるたびに盛り上がってしまう。字幕と吹き替え両方見たけれど>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.5

頭空っぽで下ネタに笑いたい時は最適かも。よくあるアメリカンコメディアニメーション。食品たちの世界っていう世界観はめっちゃ面白かった。

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.8

いろんなレビューにも書いてあるけど、世にも奇妙な物語の海外版!って感じ。オムニバスである程度短めの話だから見ていて飽きないし結末までばーっと観れる。映画というよりは特番のドラマって感じ。

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.0

当たりでもハズレでもない。江戸のコミカルな映画としては楽しい。ただ映画館で見るほどでないような気がしました。地上波で出てるときに見る程度で良さそう。高橋一生はやっぱりいい演技してくれる。あと高畑充希。>>続きを読む

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

4.0

阿部サダヲと堤真一のコメディの時点で絶対好きだろうなあと思いながら視聴してやっぱり好きでした。入りから終わりまでコメディ。舞妓さんと京都という概念が好きなので更に好きが溢れました。楽しかった。疾走感あ>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

5.0

定期的に見返したくなるホラー。日本のホラー映画の中だと個人的には一番好き。ジャパニーズホラーって感じ。じわじわ精神を侵食される怖さ。わあ!って感じの驚きはほとんどなくて、終わった後にぞぞぞ〜って怖くな>>続きを読む

RED/レッド(2010年製作の映画)

5.0

昔凄かったとか、強かったとか、そういう人たちが本領発揮するの好き。どんな状況でも冷静さをかかない感じが今までたくさんの修羅場をくぐってきたんだなと分かる。結構爽快アクションだから、内容というよりは演出>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.5

女二人で見たらめっちゃ会話しながらつまみながら見て楽しかった。これは話しながら見たい作品。明るくなれるしちゃんと見たら結構面白かった。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

4.0

大人から見たら馬鹿やってるなって思う行為が実は本当に子供達が世界を助けてた系が好きな人は多分めっちゃ好きだし、赤ちゃん可愛いし、シュールでコメディ。元気でます。子供も大人も楽しめるやつ。ムロはムロだっ>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.5

GReeeeNを知ってるなら見といて損はない。キャスティングも男性でわちゃわちゃするのが合うキャスティングで遅く来た青春って感じがよかった。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

4.0

大泉洋と松田龍平に厚い信頼を寄せてるので視聴。やっぱり間違いなかったです。
二人の性格のミスマッチさの演技がちょうど良くてテンポも良くて流石って感じ。小雪も良かった。二時間でちょうど良く見応えのある映
>>続きを読む

GANTZ(2010年製作の映画)

3.5

子供の頃見てトラウマだったけど、改めて見返すとCGのクオリティの高さにびっくりした。ストーリー構成も割と良くて演技も上手いから違和感なく見てられた。だけどおばあちゃんと子供出したことだけは永遠に許さな>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.0

ティムバートンだなあって安心感。タイトルまんまの世界観でファンタジー好きとしては性癖にぐさぐさ刺さってきた好き。主人公の冴えない感じとヒロインの可憐さは王道ですね。こういうファンタジーは海外ならではだ>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.5

中学生の頃に読んだ携帯小説のダークな部分が強いやつ、みたいな感じ。私はピアスを開ける人の気持ちもタトゥーを入れる人の気持ちも割と分かるので吉高由里子のあのワクワクとしながらもどこか怖いみたいな演技に共>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.5

感情の大切さを伝えてくれる作品。子供ができたら是非一緒に見たい。コミカルな描写が多くて全体的にドタバタで楽しい。

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.0

ちょっと広告で持ち上げすぎかなと思いましたが、ストーリー構成は素晴らしい。あとあっちゃんがべらぼうに可愛い。バブルの世界観は日本がギラギラしていて好きだった。リピはしないかな。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

海という概念が好きなので映像が素晴らしくて脱帽。モアナの芯のある性格と歌も素敵。ディズニーは音楽が味方をしてくれるところがあるので、歌を聴いてるだけで背中を押されたような気持ちになる。モアナは特にそう>>続きを読む

Mr.&Mrs. スミス(2005年製作の映画)

5.0

強い女と強い男が大好きなので最高のコンビ。強い夫婦って素敵。アクションも素晴らしいし、すれ違いもどことなくコミカルでよき。落としたワイン瓶をうっかり受け止めて咄嗟にすぐ離してとぼけた後にバトルが始まる>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

5.0

素晴らしきかな音楽!楽しそうに音楽を奏でる作品はどうしてこうも素晴らしいんだろう。その中でも当作は最高峰で、あとは柄の悪いシスターというのも最高ですね〜。音楽って言語関係なく人の心を動かすから英語がわ>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.5

原作がもともと好きだったので、クオリティの高い映画を作ってくれて本当にありがとうございますって感じでした。こういうことが割と世の中良くあって、自分が何をするかが大切だって気付かされる。しょうこちゃんの>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.0

芯のある天真爛漫なお姫様が現代に来ちゃってトラブルに巻き込まれるって感じで楽しかった!現代ディズニー感でワクワクが止まらない。アニメーションと実写の融合っていうのも違和感なく見れて満足。

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.0

前半は結構楽しく見れたけど後半は??って感じ。人間の脳はまだまだ可能性があるってずっと言われてきたことだけど、その可能性を追求した感じで新しい気持ちになりました。ルーシー無双シーンはとっても痛快で見て>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.5

くだらなくて面白い。頭空っぽで見れるからコーラとピザ片手に金曜日の夜に見るのが最適な感じ。テッドは動いてるだけで可愛い。キュート。ぼうっと映画に浸りたいときに見るといいかも。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.5

ハーレイクインのビジュアル見て絶対見ようと決めて映画館で見たけど、やっぱりハーレイクインが可愛い作品だった。悪役の悪役感が厨二心くすぐられて見ていてワクワクする。悪い女の子って魅力的なんですよね。

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.0

世界観がいいしベイマックス欲しくてたまらなくなる〜!結構暗い展開もあるのに明るい。ヒロの思春期ならではの反抗心とかもめっちゃ共感する。前を向こうって思える作品。ベイマックス始終かわいいです。

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.5

青春アニメ映画の頂点。
恋と友情と、もー、青春のすべてを詰め込んでくれてありがとう。全体的に爽やかで青い雰囲気がまた最高。雲とか空とかの描写が最高で、子供の頃は憧れて、大人になったら焦がれてしまう作品
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.5

ヒーローで一番好きですデップー。コミカルなアクションと若干のグロが最高。会話のテンポとアメリカ独特のあの言い回しが好きすぎる。シリアスもコメディもこなせるなんて最高のヒーロー。かっこいいだけじゃなくて>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

4.4

ニューヨーク感を満喫できる作品。めっっちゃ雰囲気良い。コーヒー飲みながら見たい。何か大きなハプニングとかがあるわけではないんだけど、ゆったりと流れる日常にちょっとしたトラブルな起きる感じで、楽しく見て>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.5

刺さる人には刺さる作品。人を選ぶ。子供と見るものではない感じ。映像が素晴らしくて、水彩画の感じとか、感情の表し方とかが凄かった。作品の緩急が激しくて案外あっという間に見終わった感じでした。ただ、一度別>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

3.0

見て良かったなとはならなかったです。ほーん、って感じ。設定とか薄暗さとか、人が死んだ事件について学生たちで裁判を行って事件について暴いていくっていうコンセプトは面白かったけれど、大きな衝撃とかも感動と>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.0

日本のゾンビ映画って基本的に期待値低めで鑑賞してるけどこれは本当にクオリティ高い。ただゾンビ映画だからやっぱりグロいのは仕方ない。
大泉洋にはなんだかんだで作品をまとめてくれる安心感があると私は思って
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

5.0

個人的にリピってます。ストーリーに若干ん?ってなるとこはあるけど、映像と音楽に襲われてそんなことどうでもよくなる。シャブと言われてた理由がわかる。中毒性が強いし、コミカルなキャラの動きとカラーの癖の強>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

ストーリー構成しっかりしているし、やっぱり根底にある音楽は楽しいというところが芯を作ってる感じ。個人的に日本語版のミゲルの吹き替えをしていた石橋陽彩のあの歳だから聞ける声色と単純な上手さに脱帽。最後に>>続きを読む

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.0

ガリレオはテレビシリーズも見ていて映画も何度も見ました。二時間という映画の枠にピッタリおさまる良い作品。時系列の写し方、映画の構成、キャラ立ちどれを取っても最高の作品だと思います。トリックの解明と深い>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

4.5

三谷幸喜のコメディは最高です。ドタバタコメディが好きな人は絶対に見るべき。基本的に明るく愉快にって感じだから何も考えずに見てられる。終わった後に楽しい気持ちで明日を迎えられる作品。

>|