大長萌乃さんの映画レビュー・感想・評価

大長萌乃

大長萌乃

映画(378)
ドラマ(0)

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なかなかこういう映画は見たことなかったので面白かった。
ハラハラ感もあってよかった。

友達がバカすぎたのがちょっと。本当に名門校?っていう感じ。

あと最後まで罪を犯し続けてその渦に飲まれてしまった
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

深いことを考えずに気楽に見れるラブコメ。
結構笑えるシーンがあって面白かったし、キャラクターも個性があって良かった。
脚本もシンプルで良かった。

ただ、メインキャストを全員アジア系で作っていて、しか
>>続きを読む

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

2.5

伏線処理してなさすぎてちょっとな、、、
井浦新と市川実日子のの演技は相変わらずよかった

横道世之介(2013年製作の映画)

3.8

全員素晴らしいけど、吉高由里子の若い頃が非常にバカっぽい!

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.0

おもしろかった〜笑笑
役者さんがめちゃくちゃにしちゃうの、本当ハラタツね笑

役者さんが全員とてもよい。特に桃井かおり、若くてチャキチャキでかわいかった

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1本の映画を観るときに、主観的に観るのか客観的に観るのかはその映画の描かれ方で変わると思うんだけど、この映画は客観的なフリをして実は「僕」の視点で観させてくるなと思った。

どう主観的なのかというと、
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

結構急展開すぎるところがあるけど、みんな円満な関係になるラストは、これも幸せのかたちかもと思わさせる。

ヴィクトリア(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2時間14分と言う限られた、しかも絶対にミスをできないという緊迫状態で、主人公ヴィクトリアの心の動きを演じきったライア・コスタの演技力が素晴らしい。
映画冒頭の彼女とエンディングの彼女、同じ人とは思え
>>続きを読む

愛する人(2009年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後に話がつながる系のよくあるパターンだけど、題材がかなり深刻な問題で、おもしろかった。

親子の話なんだからこの邦題は無いと思うけど笑

アネット・べニング、やはり良い女優さん、、、
彼女の話し方、
>>続きを読む

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.7

日本にはあまり普及してないけど夫婦カウンセリング大事

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後どんでん返し系映画いいね

人生タクシー(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

初の実写イラン映画。

最初は、テヘランの日常が描かれた映画だと思って観ていた。日本とは環境が大きく異なるイスラム教の国で、どんな空気なのか、どんな人が住んでいるのか全然想像できなかったけれど、こう観
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

序盤から泣けるよ言われて見た一本。うん、確かに泣けた。

生まれつき醜い顔の息子の学校初日。そりゃあ家族は心配する。不安そうなジュリア・ロバーツの顔にまず泣ける。

お姉ちゃんだって辛いよね。大好きな
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まじ心がやられる、、、暗い
フロリダプロジェクトによく似ていた。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最低な人感が出てて非常に分かりやすかった。

ブラックコメディって聞いてたけど笑える要素はなし。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

高校生の時の自分そっくり。

ルーカス・ヘッジズやっぱうまいな〜
レディバードのバイト先まで来て泣き崩れるシーンとか本当リアル。

お父さんが良いお父さんすぎるのと、お母さんが書いては捨て書いては捨て
>>続きを読む

>|