たてまさんの映画レビュー・感想・評価

たてま

たてま

家で観るときは吹替派。評価星は、完全に個人的趣向の好き嫌いメーター。過去に観た映画は、ふと思い出したときにクリップしたりメモしたり。

映画(37)
ドラマ(0)

カーズ2(2011年製作の映画)

3.0

過去メモ。
ピクサーもカーズ前作も大好きだけど…今作はメーターの「はみだしっ子」感がエグすぎて私はダメだった…。
ライトニングとメーターが友情を構築するのは実際は難しいってことが今作でわかりやすく露呈
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.5

過去メモ。
中盤から、ラストはこうなるしかないよね〜って予想がついてしまった。シリーズ1作目でクルマが喋っててびっくりして…大好きな作品だんだけど、同じ驚きは何度もできない…。そして「3」って言われる
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

4.0

過去メモ。
原作は「三島由紀夫の黒歴史」だそうですが、読んでません。映画での表現だからこそ、よかったことが多いんじゃないかな…。
月が迫ってくるシーンは久し振りに感じるプリミティブな恐怖で鳥肌がたった
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

4.5

過去メモ。
第9地区が個人的に好きじゃなかったので、どうなのかなーと思ってたけど、すごくよかった。
ダイ・アントワードが超カッコよくて、映画見終わってすぐ、インスタフォローしてYouTubeでMV観ま
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

3.0

過去メモ。
最後の最後まで、主人公を好きになれなかった。嫌なヤツが助かりたくて奔走してる状態にハラハラできなかった。
鑑賞中に感情のやり場に迷った結果、かなり序盤から虐げられてるエビさんのほうに感情移
>>続きを読む

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

2.0

過去メモ。
トレイラーを観て、かなり期待して行ったので、あれ? って感じだった。期待値が上がりすぎてたのかも。

(2014年製作の映画)

4.0

過去メモ。
作品のキモである丸と静止していく人々。あの新感覚だけでも素晴らしいし、どんどん静止していく町、国、世界を見たくなる。
となると、やっぱり予算…。低予算でもいい映画は沢山あるけど、この映画に
>>続きを読む

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(2014年製作の映画)

2.5

なんだろう、良くも悪くも、普通の映画だった。見応えがないわけではないけれど、テレビ放映してた1期2期ほどの満足感はなかったというか…。

ぼくらの亡命(2017年製作の映画)

3.0

過去メモ。
鳥肌が立つほど、きもちわるかった(褒めてる)。

クズとブスとゲス(2014年製作の映画)

2.5

過去メモ。
熱量は凄まじかったんだけど、暴力描写が多すぎて、観ててちょっと辛かった。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.5

過去メモ。
主人公の結末は、何かで見聞きして知っていたので、鑑賞後にそれほど辛い気持ちにならずにすみました。見応えアリ。

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

3.0

過去メモ。
当時はわからなかったことが、今観たらわかるかも…そういう意味でまた観たい映画。自分の感覚を試されているような。

アメリ(2001年製作の映画)

5.0

過去メモ。
公開当時、女性誌の特集やレビューには「癒される」「可愛い」「オシャレ」といった言葉が並んでいて、イマイチ観る気になれなくて…かなり時間が経ってからDVDで鑑賞。
いやいやいやいや、超絶狂っ
>>続きを読む

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.5

過去メモ。
資本主義に疲れ果ててた当時の自分には、深く刺さった思い入れのある作品。観終わって、原作(荒野へ)も買って読みました。小説ではなくルポなので、映画との差を感じることなく、すっと入ってきました
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.0

過去メモ。
人生いろいろあった時期に観て、そうとう癒された作品。好き。

ウォーリー(2008年製作の映画)

4.5

過去メモ。
とにかく好きな作品だけど、私の涙腺が決壊したのは、エンドロールです。あれは人間賛歌だよ!

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.0

過去メモ。
終盤、尻すぼみで終わってしまった感。逆に言うと、序盤が良すぎた。終盤もダメってわけじゃないんだけど!

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

過去メモ。
ラストで「くぅー!」と声が出そうになった。
PIXAR作品同様、ノーラン作品というだけで、クオリティが保証されてるような。大好きな監督。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

5.0

過去メモ。
ラストの1シーンが、トイストーリー1の始まりと繋がっているという…最後の最後まで、ほぼ完璧な着地だったと思う。この間、Huluで限定公開してたので(DVD持ってるのに)見返したけど、また号
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.0

過去メモ。
わたしは 園子温 監督の露悪的な作風が嫌いなのでこの点数ですが、それでもパワーは凄くて見る価値ありの映画でした。嫌いだけど。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

過去メモ。
個人的に苦手な新海節(プラトニック感、童貞感)が随所に散りばめられているので、むず痒くなりながらも…今作は途中で血の気が引くようなシーンがあってハッとさせられたり…映像は、過去の新海作品同
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

過去メモ。
どれくらい素晴らしいかというと、観た直後に Amazon で原作漫画を即買いするくらいの素晴らしさです。ちなみに原作も素晴らしいです。

サカサマのパテマ(2012年製作の映画)

1.5

過去メモ。
久々のなんじゃこりゃ映画だった。所々差し込まれる、変なアニメ的ノリが耐え難く寒かった…頑張って最後まで観た。あのノリさえなければ、もう少し評価あがってたかも。

堀川中立売(ほりかわ なかたちうり)(2010年製作の映画)

4.5

過去メモ。
ここまでカオスな映画って珍しいような。理性を捨てて感覚を開かないと、ただただ意味不明かもしれない。
前半は長いんだけど…ゆえに、堰を切ったようなラストの捲し立てにカタルシスがあって好き。
>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

3.5

過去メモ。
冒頭の10分くらいですでに星5! なんだけど、全体通してみると、PIXAR作品の中ではこれくらいかな? という評価です(ファンゆえ厳しめ)。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

5.0

過去メモ。
ふおおおお! 祭りじゃー! アガるぜーーーー! そんな映画。
過去作未見な私ですが、映画館に2回足を運びました。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

2.5

過去メモ。
前作から何年経ったのでしょう…キャストも監督も歳をとり、作品まで年老いてしまったような、そんな印象。年老いたって 怒りのデスロード のような傑作も生まれているわけで…。涙

アバター(2009年製作の映画)

3.0

過去メモ。
人生初の3Dを体験するために、わざわざIMAX方式の川崎まで足を運んだ思い出。
とにかくラストが納得できなくて「キャメロンさんよ、お前さんも人間だろう? 監督が結末から逃げるなよ!」と、腹
>>続きを読む

2012(2009年製作の映画)

2.5

過去メモ。
「地球の壊し方選手権」ではかなり上位じゃないかな。それだけでも楽しい映画。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

2.5

過去メモ。
映像はとんでもなく美しかったですが…新海節(プラトニック感というか童貞感というか)に触れると、共感性羞恥が発動して「うわあああ」となるので、映画としての出来はいいのかもしれないけど、個人的
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

過去メモ。
映画館に3回通ってソフトも買って、観過ぎて、脳内で分解し尽くしてしまったのが残念。
東京が破壊されるシーンでまさか泣くことになるとは。後半の(非現実的=ザッツ映画)反撃シーンでテンション最
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

5.0

過去メモ。
泣くべきは、愛する人の死ではなく、ラストの絶望的な虚無感だ! と声を大にして言いたい。
この映画を「夢オチじゃーん!」と言ってる友人と距離を置きたくなったくらい、ジブリの中でも大好きな作品
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.0

過去メモ。
音楽をかじった経験のある人なら、この映画で描かれている歪な師弟関係が理解できると思う。指導者を崇拝してしまう感覚。映画を見て血がたぎる。しびれた。

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.5

過去メモ。
最後のカタルシスで、ポケットティッシュが足りなくなるほど号泣。嗚咽しながら帰宅した思い出。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.0

ゾンビの描写が、超絶気持ち悪い。素晴らしく気持ち悪い。ちゃんと怖い。こんなゾンビ見たことがない。見たことないって凄いこと。見たことがないから予測がつかないから怖い。

藩士なので 大泉洋 目当てで観た
>>続きを読む

>|