ジーハさんの映画レビュー・感想・評価

ジーハ

ジーハ

映画(793)
ドラマ(2)

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

3.4

この作品ってきっと観る世代によって
感想が違ってくるんじゃないかと思う。

予想とは違い、若くて死ぬ女性の
悲しくて儚い…なんてきれいごとで
展開するストーリーじゃなかった。


主人公のアンは、
>>続きを読む

スーパースター☆カム・サヨン(2004年製作の映画)

3.2

💿HDD…
ではなく正しくは※所蔵…(笑)
ステイ作品を観る
〜韓国映画編⑤


韓国野球委員会が誕生した1982年。
当時、弱小プロ野球チーム三美スーパースターズにプロテストで遅咲き入団したカム・サ
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

話には聞いてましたが…
妻夫木聡×水原希子…
どんだけキスするねん!!(笑)

恋愛映画ですが、
これは1人の編集者が男として、
仕事人としての成長する物語でも
ありました。


「なりたい自分にな
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.7

この感じなんだろうな。。

観てる間じゅう心の中がずっと
うずきっぱなしだった。

主役のスティービー(サニー・スレッチ)
て良い子なんですよ。
いじめてくるお兄ちゃんの誕生日に
ちゃんとリサーチして
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

か弱くて心優しい青年が、
真逆の違う人間になるということ…
どれだけの覚悟と苦労があっただろう。

結果自分が嫌っていた裏社会で
成り上がるしかない、生まれた境遇や
環境で人生が決まり選択権のない
>>続きを読む

ザ・メイヤー 特別市民(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

💿HDDの録画ステイ作品を観る
〜韓国映画編④

チェ・ミンシク主演作品。
録画ステイ「ザ・メイヤー」か「沈黙、愛」か。
2本あって、冒頭チラ見で軽そうな?方
をまずチョイス。

2017年日本公開作
>>続きを読む

リバイバル 妻は二度殺される(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

💿HDDの録画ステイ作品を観る
〜韓国映画編③


2016年日本公開作品。
エリート弁護士ドンホ(ソン・ヒョンジュ)の妻が何者かに殺される。
犯人がわからないまま一年が過ぎたある日、死んだはずの妻か
>>続きを読む

ポイントブランク 標的にされた男(2014年製作の映画)

3.4

💿HDDの録画ステイ作品を観る
〜韓国映画編②

冒頭からいきなり銃撃を受ける男。
瀕死状態で病院に担ぎ込まれるも、
ここでも命を狙われ、また姿を消す。

男を担当した医師。
出産間近の妻を拉致され
>>続きを読む

トゥ・ザ・ワンダー(2012年製作の映画)

3.0

テレンス・マリック監督の2012年の作品。

今回は尺若干短め…(笑)


出世作の「天国の日々」も見たことなくて、
かなり前にブラッド・ピッド×ショーン・ペンにつられて「ツリー・オブ・ライフ」を劇場
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.8

これ!メチャクチャ面白かった!!
褒めることしかできません😆

オープニングの〜
モリーとエイミーのちょっとズレ気味な
登場からもう既にツボでした。
…なんだ?あのへんてこりんなダンスは??
二人だけ
>>続きを読む

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

3.6

💿HDDの録画ステイ作品を観る
〜韓国映画編①


世間の評価と自分の評価が昔から
いつも異なるキム・ギドク作品。

2013年日本公開作品。
これまたベネチアで金獅子賞受賞。
…どれどれ?て思って録
>>続きを読む

アイ アム ブルース・リー(2011年製作の映画)

3.4

ブルース・リー作品〜
ここで少し箸休めのものをチョイス。

1973年に死去したブルース・リーの出演作品やインタビューと一緒に、彼の妻や娘、著名人のファンへの取材で構成される2011年に製作されたドキ
>>続きを読む

光にふれる(2012年製作の映画)

3.6

映像はもちろんですが、
サウンドトラックが本当に素晴らしい。
音にもやられました。

音楽担当は主演でもある
ホアン・ユィシアン。

彼は台湾の盲目のピアニストで、
最初この作品は彼の実話を元に作られ
>>続きを読む

レイルウェイ 運命の旅路(2013年製作の映画)

3.5

録画したまんま何年経ってたんだろ。
当時はコリン・ファース×真田広之
×ニコール・キッドマン
の名前にひかれて録画したのだと思う。
そしてジャンルは熟年の恋のお話かと
思い込んでました。

でも最近こ
>>続きを読む

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

3.7

約一週間前。
最終日朝イチ一回のみの上映。
Web予約は完売で、窓口に滑り込み!
で最前列でしたけど(笑)ようやく観れた。


言葉が嗣ぐもの。

劇中でパンス(ユ・ヘジン)が、自分の子供たちにつけた
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.6

夫婦の「秘密」なんてふれこみもあったし、
蒼井優だし…(笑)
どんなショッキングな秘密が待っている
のかと思ってドキドキしてたら…

ロマンスドール職人とそのパーツモデル。
シチュエーションは複雑です
>>続きを読む

グッバイ・シングル(2016年製作の映画)

3.4

「コインロッカーの女」では裏社会の女ボス。
「10人の泥棒たち」では超美人の女泥棒。私の中のキム・ヘスは、キレる女・イイ女の代表みたいなカッコいいイメージのひと。

でも今回真逆の役どころ。
美人だけ
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.5

久しぶりの「モテキ」!!
今さらの「モテキ」です(笑)


幸世の、デキル✨デキナイ💧の一喜一憂に久しぶりに笑ったなぁ(笑)
わかる、わかるよ、わかるけども!!

森山未来はさすがにマルチ。
根クラ草
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.4

今や監督としても素晴らしい才能を発揮してる
グレタ・ガーウィグだけど、彼女はこういう純粋で不器用な役がとてもよく似合う。

「フランシス・ハ」に続き、このキャラクターも少しフランシスと被ってるように感
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.4

公開当時は全くノーマーク。
でも上映が始まってからの評判が高くて、
へぇ?どうなんだろ?…と、気になってた作品。今回はラッキーにもTSUTAYA更新の無料レンタルでの鑑賞〜(ありがとございます😆)
>>続きを読む

ドラゴンへの道(1972年製作の映画)

3.4

ブルース・リー生誕80周年記念。
1作目ドラゴン危機一髪
2作目ドラゴン怒りの鉄拳

そして今回は
3作目・ドラゴンへの道

でも、、残念ながら今回は日程が合わず劇場じゃなく、友人からレンタルしたDV
>>続きを読む

ドラゴン怒りの鉄拳(1972年製作の映画)

3.5

猛龍生誕80周年4Kリマスター復活祭2020。
ドラゴン危機一髪に続き〜
2本目、ドラゴン怒りの鉄拳★
再びブルース・リーを劇場で鑑賞。

どしゃ降りの中…
師匠の棺の上で大絶叫で号泣するチェン(ブル
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.7

家族の崩壊と再生、そして色んな愛の形が繊細に描かれていました。
その内容は想像していたよりはるかに重く、中盤くらいでこれを消化しきれるのか不安になるほど…。

そしてセンスある音と魅力的な映像がふんだ
>>続きを読む

チア・アップ!(2019年製作の映画)

3.3

宣伝の可愛いビジュアルの雰囲気に惹かれて
レディースデイを利用して鑑賞。

余生を過ごすためシニアタウンに引っ越してきたマーサ(ダイアン・キートン)。興味を持てる所属クラブがなかったことから自分が昔チ
>>続きを読む

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

3.5

自分の中で安定感がないジャームッシュ作品。
(というか、楽しみかたがイマイチわかってない)

でも、今回は始まっていきなりオープニングの音と映像にぐっと引き込まれた。

か、か、かっこいい…。
この世
>>続きを読む

一度も撃ってません(2020年製作の映画)

3.5

私の楽しみかたが、、
正しいかどうかはわかりませんが?(笑)

面白かったです😁


朝食のしじみ汁のススル姿が汚くて…(でもなんか切ない)、もう誤嚥肺炎を起こしそうなおじいちゃんで、妻にムダ口もたた
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実は、、女の子にまったく興味はなく、自分がゲイだということを家族にも友達にも言えずに日常を送る…17歳の男子高校生サイモン。

テーマは少し複雑だけど、
久しぶりにベタで(←褒め言葉です!)
良い感じ
>>続きを読む

ドラゴン危機一発(1971年製作の映画)

3.4

猛龍生誕80周年★4Kリマスター復活祭2020!
なんだか楽しそう〜て、ノリでブルース・リー大好きの友人のお供で参戦!

初めて体験する劇場でのブルース・リー。
本作は彼の香港凱旋作品第一段とのこと。
>>続きを読む

がんばれ!チョルス(2019年製作の映画)

3.6

これぞチャ・スンウォンの真骨頂!
コメディからシリアスまでこなせる魅力的な俳優さんだなと再認識させられるとても良い作品でした。

知的障害をもつ父親と利発な娘のお話。。
もしかしたらショーン・ペンの「
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ユラは担任の先生に頼まれる。

突然の事故で亡くなった親友への手紙を書いて、それを全校生徒参加の「お別れの会」でみんなの代表として読んでもらえるかな、て。
それとみんなの前で神様にお祈りをしてもらえる
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.2

え、ゾンビからの宇宙人??

ラストは放置ですやん?(^_^;)

とっ散らかってないか??!

どこで笑いを拾えばいいのか分からず。

おーーーーーーーーーーい!
コレ、観かたがわからないぞーーー
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

夫にするならパターソン。

そう思いました(笑)


楽しい話で声をあげて笑うことはあっても、
怒りで声を荒げて怒ったりすることは絶対にない穏やかなパターソン。

「Thank You」
彼はおしゃべ
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.8

前評判がすこぶる良くて、このシンプルなストーリーで自分はそないハマれるのか??
と半信半疑で劇場へ…

冒頭。。
ジョー(シアーシャ・ローナン)が街を疾走する瑞々しさ…これに完全にやられてしまった
>>続きを読む

未成年(2019年製作の映画)

3.7

韓国を代表するカメレオン俳優の1人
キム・ユンソクの初監督作品。
なんて多才な人なんでしょうか。
期待していた以上の仕上がり!
とても面白かった。


同じ高校に通う17歳のジュリとユナ。
互いの父親
>>続きを読む

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

3.7

ずっと前から気になっていたこの作品。
先日「ピッグ・リトル・ファーム」を観てからますます気になり始め…(笑)やっとレンタルにて鑑賞。


自分の住むアパートのバックヤードの庭を荒れ放題にしてしまってい
>>続きを読む

ユ・ヨルの音楽アルバム(2019年製作の映画)

3.5

ミス(キム・ゴウン)とヒョヌ (チョン・ヘイン)の偶然の出会いと長いすれ違い〜別れを描いた青春ラブストーリー。


どちらかといえば、いえ(笑)おそらく女性受けする作品であることは間違いないとは思いま
>>続きを読む

>|