ミナミさんの映画レビュー・感想・評価

ミナミ

ミナミ

自分用メモ、評価基準はその時々によってズレているので当てにならないです、好きな映画ほど感想は上手く書けないものだったり

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.7

好きな暮らしだったので終始最高でした、だからこそ全てに絶望して諦めかけたあの瞬間に何を考えていたかとか、本当なら分かるはずないのに、まるで自分のことのように分かってしまった、最後のシーンが素晴らしかっ>>続きを読む

ディアーディアー(2015年製作の映画)

4.5

めっちゃ苦しくて正直休憩しながらじゃないと観れないくらいだったんだけど、つまりそれはとても面白い映画ということです、そして中村ゆりさん可愛かった

eatrip (イートリップ)(2009年製作の映画)

4.3

映画って感じじゃないけど、早く恋人に会いたいなぁと、一緒にご飯が食べたいなぁと思いました

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.5

あの薄っぺらい着飾った女の人たちのホームパーティが心の底から嫌いだなぁと思ったし、いるよねこういう人たち、今の感覚からすると頭おかしいって思うけど、当時はこういうの普通だったんだろうな、邦題が絶妙にダ>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.8

SFもCGガンガン使った壮大なファンタジーも実は監督も全く好みじゃないけれど、これは文字通り別格、なんでこんなに観るの後回しにしたんだろう、うまく言えないけど、何の変哲も無い今日が、この部屋が、めちゃ>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

4.6

涙は出ないけど泣きたくて仕方がないです、最初から良かった、終わりもきっとこれでいい、辛いけどどうしたらいいかわからなくて悲しみのやり場が無い、後悔してもしきれないけど割り切るしか無いですね、本当は一緒>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

オーディション後の公園での話し合いがとてもリアルで胸が痛い、後は様子を見ようなんて、結局は別々の道を進むんだね、最後の悲しそうな顔、まるで自分の恋愛を見返すかのような、完璧でもハッピーエンドでもないミ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.6

好きな女の子と観た、隣同士じゃなくて前後の席で、映画の中で何度も恋人のことを思い出したのは、私が後ろの席だったからかもしれない、毎朝の目覚めのシーンが大好き、夢の話をしたり匂いを嗅いだり、そういう柔ら>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.4

飛行機の中で、もう木の赤ちゃんが可愛すぎてメロメロになってしまった、面白かったです

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.5

夜、恋人のベッドをリビングまで引きずり出してきて、真夜中に2人で鑑賞会、途中何度も一時停止して分かりやすく説明してくれた、英語で映画を観ると私の理解度は7割で恋人は9割なのです

ヘラクレス(1997年製作の映画)

4.4

恋人オススメのディズニー映画、観たことないって言ったら即鑑賞会が始まった、けどちょうどそのとき部屋が暑くてあんまり集中できなかった、恋人が映画を観る前に歌を歌って聞かせてくれてたのが可愛かった

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.4

ゆるい、普段は小さな画面じゃ映画観ないけど、これはベッドの上でゴロゴロしながらスマホで観るのが正解、外は雨だし、菅田くんも池松くんも2人とも好きなのでそれだけで良いです、長さもちょうど良かった

恋愛奇譚集(2017年製作の映画)

4.2

スペインはVicという街のアジア映画祭にて、正直にいうと日本映画の代表としてこの映画を上映するのはどうなんだろうと思った、台湾語と日本語の区別も難しいだろうに、ただヤオアイニンちゃんの舞台挨拶見れて可>>続きを読む

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

4.3

恋人とモンキーとソファでぐだぐだしながら鑑賞、こっちに来て初めて映画観た、こういう映画は自分じゃ選ばないけど、観たら観たで最高に面白いから好きです、泣いたり笑ったりしました、こういうお父さんものにとて>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.5

飛行機の中にて、ヒッチハイクでコルカタのあの橋を渡ったのを思い出した、主演の人すごいセクシー、でも途中のウジウジは感情移入できず、最後のタイトルの出し方凄く良かったと思う、字幕が無いと心じゃなくて頭で>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

4.4

飛行機の中にて、ちょうど夜ご飯を食べてみんなが寝ているところでのんびりウトウトしながら鑑賞、あの時間にあの場所で観る映画としてはとても良かったです、松田龍平さんは本当に格好良いな、わざとらしい演技やス>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.6

飛行機の中にて、静かで激しくて、大きな出来事ばかりのようで実はただの日常でもあって、そんな映画だった、特に時限爆弾のシーンが強烈に印象に残っている、人のぽっかり穴の空いたような鋭くて長い苦しみがよく描>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.6

なんて素敵な人なんだろうと思った、色んな人に出会って色んなことが分かって、その全部を受け止める強さ、最後のお湯を沸かすシーンからタイトルが出て歌が流れるあの数秒が最高に良かった、ああいう旅人いるよね

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.6

ああ窓の外を眺める瞳が綺麗だなぁと思っていたら、死んでしまった、自分の幸せの尺度を押し付けないでというような台詞、色んなところで沢山泣いてしまった、最後まで彼は泣かなかったね

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.7

好きな女の子とご飯食べながら観た、そして号泣、すごく良い、それぞれのキャラがしっかりしていて、こういう人いるよねって、顔のバツ印とか親友の男の子とか、アニメならではが私にとっては新鮮で面白かった、最後>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.4

ゴージャスな画が多くて、それぞれの個性を許容してくれて、神様が観る地球の映画みたいだった、テンポの良さとあの早口と引きの構図が良かったです、あんまりウディアレン観たことなかったけど、日本で言う三谷幸喜>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.4

あの高校生がいい女すぎて最高だった、10代後半くらいで観たかったなと思いつつも、なんとなく同じテンションで楽しめた、全然ヤク中とかじゃないけどこの感じわかるーって思っちゃうくらい表現が上手、トイレのシ>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.8

私にとってはただひたすらに祈りと救いの映画だった、3人の俳優さんが演じていたのは1つの魂の救済の行方、過剰な説明や押し付けが無かったのでシンプルに救われた、美しい青色、変わったカメラワークも面白い、ダ>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.5

ここまで居心地の悪い映画も珍しい、恵比寿ガーデンシネマのフカフカのはずの椅子で、瞳が美しい、普通と異常のちょうど真ん中、近すぎて全体像がつかめない、全てが不自然すぎるほど意図を持った自然、次回は無い、>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.2

タイトルが決定的にダサい、何人かにオススメされてたけど自分には所々のダサさが目についてしまった、けど林業っていいよね、木の匂いが伝わってきた、森で生きる格好良さ、荒々しいくらいの生物特有のセクシーさ、>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.4

キャスト良すぎた、やっぱり満島さん最高だなぁ、大泉さんと戸田さんもピッタリだった、最初早口でよくわからなかったし、心地よかったけど100パーセントは理解出来なかった、時代劇も歴史も古典もダメダメなので>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

みんなで映画見てるシーン好き、各々が自由に楽しんでるところ、最後のキスシーンの詰め合わせもいいよね、口説き方がイタリア人っぽいしエレナさん美しすぎる、友達になろうよってあんなに真っ直ぐ言われたら、もう>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

数年前から観なくちゃと思いつつなぜか手が出なかった映画、草と仲良しなところが好き、マチルダのMA-1とチョーカーもいいけど、レオンの帽子とサングラスの方がグッときた、最後頼むから死なないでくれーって思>>続きを読む

アンコール!!(2012年製作の映画)

4.5

ぐちゃぐちゃに泣いてしまった、こういう堅物おじいちゃんものに非常に弱いので、お互いのソロのところ良かったなぁ、歌を聴いてる息子の顏見てさらに泣いてしまう、あ、いいなと思うカメラワークも多かった、先生が>>続きを読む

>|