わたしさんの映画レビュー・感想・評価

わたし

わたし

観たものをすぐ忘れてしまうので(星は"良い作品度"ではなく"好き度")

映画(320)
ドラマ(0)

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.3

この結末は悲劇なのかハッピーなのか。

急に背負わされた運命の中、たった1人で戦い続ける孤独

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

拾いきれないほどいろんな作品のオマージュがあって、知っている人ほど楽しめる映画。
但し、バーチャルの世界で生活することが普通になった2045年という設定や、若者たちが「悪」に立ち向かって力を合わせる・
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

冒頭、街の住民に受け入れられるだけでなく、パディントンの存在が住民たちの生活の“円滑油”になっている様子が素晴らしい。

流れるように運んでもらいつつ、みんなもパディントンと言葉を交わすことで生き生き
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.4


ある分野のプロフェッショナルな女たちが集まって大金を稼ぐ話。

流れるような犯行の華麗さに魅了される。
男性の“力技”は無い分、綿密な計画と大胆さで確実に仕事をこなす。
特にジュエリーを会場の外
>>続きを読む

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(2005年製作の映画)

3.9

いたずらっ子の子供たちが愛しい
子供たちと一緒に父親も成長してる

カラフルで楽しい

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.3

面白かったと思ったはずなのにストーリーがまったく思い出せない映画

銀魂(2017年製作の映画)

2.5

発声と間に違和感があって、ぜんぜんのれない。終始冷静な気持ちで見てしまって入り込めなかった。

大げさな漫画を実写にしたから、じゃなくて俳優たちの技術力不足だと思う。
静かに喋ったって面白い人は面白い
>>続きを読む

Shall We ダンス?(1996年製作の映画)

3.9

主人公・杉山役の、役所浩司がめちゃめちゃかっこいい!

真面目だけの冴えない中年サラリーマンが、社交ダンスを始めることで少しずつ生き生きした表情になっていくのが見ていてわくわくする。

一番最初の
>>続きを読む

X-ミッション(2015年製作の映画)

3.6

ストーリーには期待せずに鑑賞。
ハラハラさせられるシーンも多いが、その不安感よりもスポーツの美しさが勝った。

一番のお気に入りは、主人公がFBIとして潜入して初めての“風に乗る”試練。

犯罪集
>>続きを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

4.0

終戦を祝い飲んで歌って夜中まで街中で踊って…の上流階級と、終戦を静かに受け入れ、でも日々の暮らしは変わらない庶民階級に対比が印象的。

仲間の死を見届けながら各国の前線で戦ってきたヒラ兵士の「戦争が
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

2.7

日本人だからこそ失望してしまう面は大いにあるが、日本人でなくても、X-MENファンにとって今作はウーンという感じでは?
他にミュータントは出てこない(あの人は出てくるけど夢だし…)ので、X-MENシリ
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.4

リーチという少年のミュータント能力を使って、人間が開発した薬“キュア”が物語の軸。

主要キャラクターの数人が亡くなり、数人がミュータント能力を失う、まあまあ衝撃的なストーリー。

ジーンがフェニ
>>続きを読む

>|