つるももさんの映画レビュー・感想・評価

つるもも

つるもも

映画(1178)
ドラマ(11)

ジャック・ドゥミの少年期(1991年製作の映画)

-

この編集はときめく!
来世ではドゥミみたいな素敵な人になりたい

女は女である(1961年製作の映画)

-

恋だ!!!

ゴダール、むかし見た時よりだいぶわかった

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

-

優れた役者さんも日本ではこういう作品にしか出る機会がないと思うとちょっと気の毒

スパイの妻(2020年製作の映画)

-

夫が一言愛していると言ってくれれば...と何度も頭をよぎったけど、その言葉があれば本当に安心できるのだろうか、東出君は自分を好きっぽいがそれは本当なのだろうか、そしてどの程度信用できるものだろうか..>>続きを読む

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

-

すごくロマンチックな映画...
家を思う彼という存在がとにかくロマンチック。

たしかに何かの支えなしで自分を受け入れることが人生には必要だよね...
でも圧倒的な憧れに支えられている人にしか放てない
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

-

愛がなくて難しい世界もあれば愛あるからこそ難しい世界もあるなぁ

アイコ・・・

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

ニールもしかしてめっちゃ働いてない?
なんかジャンプ漫画みたい

めっちゃ面白いけどシンプルマッチョスタイルにノーランも逆戻りでは

しかし誰もしらないことを題材にすれば絶対に誰もみた事のないものにな
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

-

まず監督のモチベーションが愛なのが素晴らしい

さらに、
監督が出演者=友人らに、寄り添う形の愛から次第に離れて、
彼らと自分自身、何より母親という超触れたくないかつあまりにも高すぎる壁にトライして、
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

-

メンバ〜!
子供も大人もあんまり変わんないんだなあと思いました

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

4.0

タラー
そこまで好きじゃない人と、一緒にいるだけで否応なく魂を分かち合っちゃう気持ち悪さ、中盤までかなり如実に描いてきててすごい。
たぶんこの人とは嫌いなものが合う
しかしやっぱり後半はそれどころでは
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

-

タイトルもうちょっと工夫できなかったものか..
題材もいいし良作だと思うんだけどなあ

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

-

なんかよくわかんなかったけど
拳銃の「LOVE」はキマってた
キメるウィルスミスがすごい

母なる証明(2009年製作の映画)

-

面白すぎるんだが・・・
脇役全員輝きすぎだし・・・・・・
ポンジュノ作品で断トツ好き

顔映画

華氏 119(2018年製作の映画)

-

ほんとにちゃんとエンタメ
問題意識が洗練されててかなり調査したからこそどういう風に描けば良いのかも完璧に理解できる

世界は複雑化しているというのも分かるけど
歴史ほどシンプルな話もないね
教科書の冒
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

いろんな考えが浮かんでは消えるけど海のように全て残る


退屈な生理話に、
「生理中のセックスを喜ぶ女性もいる」という斜め上の経験談?をぶっ込んできたウィリアムに超感心してたら
初めて生理が来たとき男
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

-

この人にとって映画って何

フィクションを用いる資質もノンフィクションを語る資質も無いと思った

オールド・ガード(2020年製作の映画)

-

意図的か分からないけどかなりダサくて挫折

しかしいかなる演出を施されてもシャーリーズセロンさんの格好良さは揺るがず。シルエットだけで優雅さを漂わせる人だよね

The Recorder Exam(英題)(2011年製作の映画)

4.0

思った以上に緊張するタイプのリコーダーテストだった...!
常に周りが想像できる以上の重荷

私この人の親の描き方が本当に好きだな

はちどり(2018年製作の映画)

-

前の学期の話・・・!

人間ってこんないろいろ考えたり
悩んだり不安を隠したり
密かに幸せだったりしてるんだよなー

人の気持ちがわかるっていうのは
特殊能力だとわたしは思う

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018年製作の映画)

-

優秀なんだろうけどあまりにも感性が古くない?
一番惹かれないタイプ

銃持った狂った男が脈絡なくつけてくるなんてわたしが女だったらイットフォローズ並みの恐怖だね。ついてこないで永遠に儚く一人でウジウジ
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

-

ペインアンドグローリーっていうかペインペインペインアンドわずかなグローリーって感じだったね。
美しい思い出と映画(これらがグローリー)があるだけまだマシか🤔

めっちゃインテリア映画


インスピレー
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-

ひたすら人の感情が映されるのに食傷しないでむしろ2時間あっという間。
善き心の人しか出てこない。 
みんな大好き!

>|