もえさんの映画レビュー・感想・評価

もえ

もえ

映画(412)
ドラマ(0)

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.9

邦画のラブストーリーあまり観てないと思い立って鑑賞。

はい、好き。
綾野剛は遅ればせながら好きになったけど、今作ではキャラクターとの相性も抜群で大好きになりました。
一見きつそうな顔立ちなのに内面は
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.9

オダギリジョーの魅力と蒼井優の芝居力に持ってかれた作品です。

最後の蒼井優の笑顔が今後の2人の関係性を示唆していたように感じた。
あのぶっ壊れた性質だから簡単ではないだろうけど。オダギリジョーのぶっ
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んでいたのでなかなか手を出せずにいましたが、吉高由里子の狂気を拝見したくて鑑賞。

吉高由里子は羨ましいくらいに蛇のピアスとは異なる異質感を漂わせていました。
松山ケンイチは嫌じゃない具合に寄
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

女からしたらばっかみたい!と感じる男の子達のバカさ溢れる遊びがたくさん(笑)

デクスターのお母さんもさすがにたしなめていいのでは?と思う点もあったけど、微笑ましい気持ちになるのは納得。

そんなバカ
>>続きを読む

小説家を見つけたら(2000年製作の映画)

3.8

グッドウィルハンティング好きなら観たほうがいいとお薦めされ鑑賞。

はい、好き。

グッドウィルハンティングとは違い、主人公も廃れていなくて好青年。

最後には涙。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.6

主人公の恋愛模様は理解はできるが納得はできない。
という感想が先に出てくるのは経験不足だからですかね…。

オダギリジョーは典型的ななんの責任も持たないクズ男。なのにモテる。自分の魅力を熟知している感
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

3.3

ようやく鑑賞!

思った以上に吉高由里子が身体を張っていて驚きました。発展途上の色っぽさを感じられた。この10年ですっかり個性をものにされたな〜。
高良健吾演じるあまが第一印象とは違って母性をくすぐら
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.5

大杉漣さんの儚い、儚い…が説得力ありすぎました。

二階堂ふみちゃんでなければあの特徴的な声に話し方は棒と呼ばれそう。完全に芝居力も人間力でモノにしている。
ふみちゃんと色気と天真爛漫さに惹かれてしま
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.7

なんか既視感ある〜、と思ったら最近観た50回目のファーストキスで抱いた、せっかくの2人の思い出が積み重なる事はないんだなぁという切なさからだった。

敵の初見時はチートすぎて私なら自殺するなと思った。
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

大好き。ずっと気になってた作品だけど期待以上によかったです。
グッドウィルハンティングがまた観たくなった。

よくある父娘ストーリーだと思ってたけど、序盤でメアリーの度肝を抜くキャラクターにハラハラし
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.7

不意を突かれた気分。
観てよかったです。中盤から後半までずっと泣いていた。
ちょいちょい笑えるシーン、コントのようなシーンもあり。
舞台は関西で、そんなに違和感はなく観れた気がします。
テーマは一貫し
>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

3.8

ジェニファーローレンス目当てで鑑賞。
相変わらず不憫な役が似合う。序盤から苦労人感漂って家族にこき使われるばかり。

実話に基づいてと言う事だったけれど、混沌とした家族構成には驚いた。
元夫のダメっぷ
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.2

大好きなハリウッド映画のリメイクver.
好きなキャストと作品なのでちょっと甘口評価なのは否めない。
あと、ある夜の割と序盤?2人の夜のビーチのシーンが変に照明きかせてて観ながらん??と気になったな〜
>>続きを読む

可愛い悪魔(2016年製作の映画)

3.5

性描写がもはや本物。
意図しない女の魅力は勉強になった。

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.6

知らない世界に飛び込む事で主人公の既成概念がいい意味で崩されて、それが自分の夢への後押しになった。
傍観者から脱却できたのはよかったと思う。ついその瞬間に居心地良さを覚えて(辛いことはあれど)自分の為
>>続きを読む

マンゴーと赤い車椅子(2014年製作の映画)

2.8

個人的に、終盤のある描写は必要だったのかな?と思ってしまった。

吉岡里帆の淡々と自分を語るシーンはさすがです。

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

3.4

ジェニファーローレンス初主演映画との事。
彼女の目の演技は本当素晴らしい。乏しそうに見える表情なのに感情の起伏がしっかりわかる。

ストーリーは、ちょっと難しかった。
小さな一族の掟は、時折国の法律を
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.6

どの作品も尾行してる時って緊迫感ある。
でも、この作品で重要なのは"目的のない尾行"だから従来のものとは違ったドキドキ感があった。

門脇麦演じる珠にイライラする場面あり。
なんとなく生きてきたからこ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

私は特別是枝推しではないんだけれど…
ここで終わるの!?というラストは評価分かれるのかもしれない。

私は好きです。

ちぐはぐな家族の話。ホンモノなんてどこにもないのかもしれない。全てまがいものかも
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.7

まさしく今最も求めてた作品。
釘付けになった。ナタリーポートマンの役作りへの執念にも驚かされる。

自分を越えるにはボロボロになる必要がある。いや、それ以上。
理想が高すぎると失うものは大きいし母の悲
>>続きを読む

ひそひそ星(2015年製作の映画)

3.0

寝不足のまま観てはいけない。うとうとしてしまった。本当にひそひそ声。

世界観が面白かった。
宇宙船の作りなども興味深い。

恋の罪(2011年製作の映画)

3.3

エロい、エロいです。
園監督のおかげでそういう描写の耐性がつきました(笑)
園作品は女優陣が際立つけれど、今作品はその最たるもの。

水野真紀主演と思って観たら少しあれっとなるかも。
多種多様な女性陣
>>続きを読む

自殺サークル(2002年製作の映画)

3.3

どうでもいいですが、宝生舞めちゃくちゃ綺麗で鑑賞後思わず検索しちゃいました。

基本的にあらすじなど読まずに鑑賞する事が多いので、園子温がまたどのような奇想天外な展開を引き起こすのかドキドキして観てま
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.7

こういう重いテーマ扱うのには演者も監督もいろいろ葛藤があると思うけど、ひと作品として私は好きです。
何度も観れるわけじゃないけど。

いろんな加害者、被害者家族の話などを挟みながら元少年Aという者の残
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.1

英語も中国語も勉強中だからすごい為になった。
ザ・邦画感がないのに名だたる俳優陣もおり不思議な映画だけどなんか好きな雰囲気。
渡部篤郎色っぽいしかっこよすぎないか。

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.9

池田エライザはじめ女性陣スタイル良くて勉強になる。笑
振り切った染谷将太も良かった。
下ネタ要素は強い。それでも園子温作品は飽きず観れてしまう不思議。

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.7

食欲なくしちゃうグロテスクさ…
そして、黒沢あすか演じるアイコの強い人間にひどく惹かれてしまう動物的で本能なのか、狂ってるのか。エロさがすごい。
吹越さんのあの優しい微笑みで泣きそうになった。
園子温
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.8

ツッコミどころ満載だけどコナン映画はそれでいいんだろうな。巷で話題の安室の女化計画は製作から意図したものをひしひしと感じる(笑)

>|