MoeKoさんの映画レビュー・感想・評価

MoeKo

MoeKo

備忘録

ジャンルや年代にとらわれず自分のペースで鑑賞したいです。

茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜(2017年製作の映画)

-

同世代のバンド Suchmosをヘビロテする毎日で、サザンも加山雄三さんも好きだしで先日ついに茅ヶ崎へ初上陸したわたし。
また、大学時代は人類学専攻ということもあり、海無し県に住んでて湘南には憧れを懐
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

元マクドナルド店員のわたくし、たまたま都合があったのでみてきました

感想、、、すごくハンバーガーとポテトとシェイクを欲する映画(笑)
まじめにいうと、マクドナルドは米国、アメリカンドリームの象徴って
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

-

久しぶりの映画鑑賞。鎌倉江ノ島エリアに行ったら、ずっと見たかったこの映画を思い出したので。

感想としては、、

*雰囲気は良い。だけどそんなに作りこんでる訳じゃないし、話の内容も浅くて淡々と進んでゆ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.2

5.2.@新宿ピカデリー 舞台挨拶

話自体は「半沢直樹」的な人びとの闘争模様をコメディタッチに描いたものでした。
たぶんモデルは「海城高校」なんでしょうが、ほんとにあんな争いあるんでしょうかね。。。
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.0

幼い頃に観た記憶はあったけど、大人になってちゃんとみたのは初めてでした。
とにかくヘップバーンが美しすぎる。
そして50年代の映画とは思えないほどに新しい。いつ観ても色褪せない名作ってこういう映画かな
>>続きを読む

共喰い(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

菅田くんまだ有名じゃないころの名作どころ、なのかな?
今よりだいぶ若かった。けれどあの年にしてはかなり体はって挑んだんだろうな。。

性的趣向も遺伝するのかと思うとほんと嫌になるけど、人を傷つけること
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

観てきました!ディズニー映画と錯覚するほどのカラフルさに加えて、お洒落なシーンばかり。でも時代設定は現代なんですね。車がプリウスだったり、ちょっと親近感。

音楽はよく言えば統一感があったけど、主題に
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

プラダを着た悪魔の逆バージョン(?)
あんなオシャレで型にとらわれない経営者のもとで働きたい、、、
男女や年齢を気にせず人と関わっていけるような社会に生きたいけど、どこの国でもまだまだ受け入れられない
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

-

綾野剛と菅田将暉を観るために観ました。
一言で言えば「閉塞感」。
あと、ものすごくじっとりした季節感を感じる。(舞台、広島とかかなって思ったら函館なのか!)
終始暗くて悲しいけれど、綾野剛がかっこよく
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.6

出演者目当てで観に行ったけど、音楽好きには堪らない映画でした!

・「声」を作っていくところが最高にワクワクしました!

・やりたいことを仕事にするのもなかなか大変なのだなーと思った。Jinさんがデビ
>>続きを読む

この国の空(2015年製作の映画)

-

ダンディなハセヒロさんを拝める映画。どきどき。
おわりかたが謎。

もののけ姫(1997年製作の映画)

-

幼少時代→人の頭とか腕が撃ち抜かれるところで衝撃を受け、トラウマぎみ
中学時代→社会の授業でたたら製鉄?とハンセン病の関係性を知るために該当シーンを繰り返し見ることになる。
高校時代→吹奏楽部で演奏す
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

もうテレビ放映でセリフ覚えちゃうくらいには見てるけど、久しぶりに観賞。

大人になった今だからこそ、働く意味や社会の縮図のようなものを考えさせられた、、、。
リンさんみたいな厳しくも優しい先輩がいたら
>>続きを読む

1992年(2016年製作の映画)

-

自分が生まれた年がタイトル。
同性愛がテーマの短編。だけどそれだけがテーマじゃないなって。
あんな寛容な親父さん、いいな。
先生かっこいい。。あんなあやしい関係のある高校時代もいいかもね。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

2016年の話題作を2017年の1本目に(笑)
ということで、今更ながら初鑑賞してきました。

時空を超える話っていうのは知ってたけど、ハッピーエンドで良かった!
あと、かなり震災はイメージされてるな
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.5

北欧が好きで、なおかつテーマが「頑固なお年寄り(老害?)と孤独」について、みたいな感じで興味を持ったので観てきました。
夕方観たけど客層は中高年のご夫婦がけっこういらっしゃった気がしました。終演後泣い
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.6

藤原竜也VS松山ケンイチのほうがストーリーとしては見ごたえありましたね。
東出さんの役は頭悪いのかなって思っちゃったけど、よく分からなかった、、。
最後の菅田将暉さんの打ちのめされ方がーー(笑)
あと
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.0

とりあえず、エディ演じるニュートが本当にかわいらしい。ああいう若い学者さんいそうだなあーって、感じました。魔法動物への優しさが滲み出てたし、ハマり役だと思います。

DEATH NOTE デスノート the Last name(2006年製作の映画)

-

新作映画鑑賞の為、初鑑賞。
140分の長さを感じさせないテンポの良い展開でした。圧巻。
前編よりも個人的にはクスッと笑えるところが多かったです。
戸田恵梨香が細い!あと満島ひかり若い!お父さんとエルが
>>続きを読む

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

-

新作映画鑑賞の為、予習で十年前のこちらを初鑑賞。
原作は知りませんが、上手くまとめれてると思います。
キャスト皆若い、そして藤原竜也のこういう役はほんと面白い。。。松ケンも印象に残る。

何者(2016年製作の映画)

3.0

原作を読んだ時も思ったけど、後半の展開で「ああこの作品はミステリーなのだな」と思いました。
私がこうして映画の批評を書いていることさえも、なんか別の自分になることを求めているような気がしてしまってなら
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.0

作り物感は無くて日常の空気が溢れているのに、どこかお洒落な雰囲気が漂う映画。
サマーの恋愛観、批判もありますけど私はすごく共感するー。
最後のトムとサマーのやりとりを見過ごしてしまったのですが(肝心な
>>続きを読む

百瀬、こっちを向いて。(2013年製作の映画)

2.3

途中で眠くなっちゃいましたが、、、映画の雰囲気は良く、内容も切ないというか、高校生には辛いなあと。
でも、早見あかり筆頭に学生時代のキャストが皆劇団系の演技?というか、まあそこがいいのかも知れないです
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.4

最初はあまり興味無かったけど、好きなハセヒロさんが出てて前評判も良かったので鑑賞。

真面目に見ても面白かったし、同時に突っ込みどころ満載と言う意味でも楽しめました!笑
まずは出演陣が豪華でしたね、、
>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

2.7

くだらなくてバカバカしいなと思いつつ、今をときめく出演者勢に驚いた作品。

男子高校生たちあまりにもコミュ力低過ぎない?と思いつつも、自分も中学高校の頃は異性との接点が無さ過ぎてたのであんな感じだった
>>続きを読む

RENT/レント(2005年製作の映画)

3.0

アメリカのアーティストの卵たちの物語。エイズ、ドラッグ、同性愛、貧困などなど、最近の若者を取り巻く環境を舞台に描かれていました。

・こういう、内容的に教育上よろしくない?問題を取り上げた映画は欧米の
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.0

前にも見たいなあと思いつつ今回も金曜ロードショーにて鑑賞。
最近のジブリは海モチーフがおおいですね。

自分も学生時代は文化部だったのでああいう会館?みたいのはあったけどこの作品ほどの活気は無かったな
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.5

とりあえずおにぎり食べたい、、、。お腹が空いちゃって料理したくなる、そして北欧に行きたい!

3人それぞれが個々の事情あるのだろうけども、お互いに深入りせず、ただひたむきに食堂とそこにきたお客様のこと
>>続きを読む

ホットロード(2014年製作の映画)

2.6

主演2人の演技は良かった。
能年ちゃん不良役?って感じでしたが、ナチュラルな空気感がうまく出てたと思います。茶髪のメッシュな髪型も良かった。
三代目のひとも思ったより演技上手くてなかなかカッコ良かった
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.5

字幕版にて鑑賞!

思った以上に深い話だった。
結構展開も早くてなかなかついて行くのは大変だった。

ズートピアの世界は肉食動物と草食動物っていう壁があったものを、乗り越えて共に生きていこう!ってメッ
>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

3.6

能年ちゃんがオタク役にぴったり ハマってた!
菅田くんの女装可愛すぎた!
しかもただ女装してるだけじゃなくて、モデル歩きの練習とか、減量とか大変な役作りを沢山やって追求したのだろうなーというのが感じら
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.2

終始明るいお話で個人的にはアナ雪より全然面白い!
コワいおじさん達が可愛かった。笑
灯りを観るところはCGでもこんなに感動できるんだなあってくらいに綺麗。


それにしたって、ラプンツェル髪の毛強すぎ
>>続きを読む

シャネル&ストラヴィンスキー(2009年製作の映画)

2.6

「春の祭典」でストラヴィンスキーに興味を持ったところこの映画を発見しました。
初演の様子が再現されている冒頭はなかなかの出来映えなのではと思いました。
バレエリュスの興行当時の様子が少し分かりました。
>>続きを読む

ポリー・マグーお前は誰だ(1966年製作の映画)

-

大学の時にファッションの歴史みたいな授業でみました。
全く訳がわからなくてフランス映画ってそんな感じなのかと思いました。
また見たいです。

>|