まさみつさんの映画レビュー・感想・評価

まさみつ

まさみつ

2012年は映画館で 101本。
2013年は映画館で 85本。
2014年は映画館で 45本。
2015年は映画館で 77本。
2016年は映画館で 68本。
2017年は映画館で 120本。
2018年は映画館で・・・

妻は告白する(1961年製作の映画)

3.4

ドラマとしては悪くないが若尾文子のファンとしては彼女の魅力を引き出せてないように思う。

またこの映画祭はやってほしい。やっぱり銀幕が1番。

4本目

でんきくらげ(1970年製作の映画)

3.4

渥美マリは綺麗だ。

ドラマみたいで昔はよくあるストーリー。

DNA鑑定が無い時代で良かったね。

3本目 無料

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.8

篠田麻里子なぜ脱がないかなぁ。あの狭い車内のカーセックスにしてはヌチョヌチョ音しすぎ。

地方っぽさはあるけど、外国人が住んでいること以外あまり都市部と変わらないような。

入江悠監督らしいヒリヒリ感
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.5

みんなハッピー!その一言。

蛇拳とかオールドファンも喜ぶ要素も。

1本目

(2016年製作の映画)

3.0

瑛太は一生懸命にこういうダメ系を演じるが違うと思う。

橋本マナミが脱がない意味。

井浦新が出ると古臭く感じる。好きだけど。

120本目

MR.LONG/ミスター・ロン(2017年製作の映画)

3.5

ロン君が強すぎた。ハッピーエンド風で良かったが。

119本目

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

もちろんオチは知っているが、なぜそうなったのかは覚えていなかった。

ジョニー・デップが珍しい役をしているのが良い。

ポワロのイメージも壊さず、次があるだろうから楽しみ。

118本目

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.2

実話が元になっているとは!日本では知られてなさそう。

あまり面白くないギャグのオンパレード。

でもニコラス・ケイジだから微笑ましい。

こういうのもあり。サービスデーで1000円だし。

117本
>>続きを読む

ゴースト・ブライド(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーはともかくけっこう怖かった。

呪怨風とかいろいろ混ざってる感じ。

来るぞ、来るぞ、来たー!みたいな。

メンズデーで1100円で観れたから満足。

116本目

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.8

『ダンケルク』より良い作品だ。

海岸のシーンの兵隊の撮り方は感心。

騎乗位でSEXしてたのは女性に気を遣ってなのかな?

地味だから見逃さないで良かった。

115本目

最低。(2017年製作の映画)

3.6

AVってそんなに特別視することだろうか?と思う。

親は泣きたいだろうけど。

バラバラにエピソードがあるので最後にまとまるまで落ちつかなかった。

女優さんたちはみんな良い演技をしていたと思う。
>>続きを読む

デメキン(2017年製作の映画)

3.4

個人的に知らない役者さん達だったけど、キラキラした(スタイリッシュではない)不良映画だった。

最後の敵が黒石高大のほうが良かったかと。

清人似てた。

113本目

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

ピカデリーのポイント無料クーポンでこんなに楽しんで良かったのかな?

敵キャラとアクアマンが個人的に微妙。

バットマンは良いやつだし、ダイアナはムラムラさせる。フラッシュは面白い。

最初が丁寧だか
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.6

もっとスタイリッシュかつ豪快に盗むかと思ったら地味でした。

優しいし。

カントリー・ロードがとても良かった。

111本目

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.6

自分の中ではあまり見ないキャストたちだが思いのほかコミカルな1本。

ソーとお姉さんが戦う。現代風のドロン女みたいなお姉さん。

いろいろ次に繋がるんだろうな〜とおもいつも続編の割にかなり面白い1本。
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.6

意外にスリリングさは無かったが鶴見辰吾は韓国でも意地悪な役になってしまうんだな〜なんて。

スパイものはストーリーを作りやすいけど、拷問シーンはえぐい。

個人的に思う.韓国作品は大ハズレがないの典型
>>続きを読む

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

3.6

染谷将太の歌が良かった。

あとの3人のエピソードがもっと深く掘り下げられれば。ジャンボはウルフ並み?

佐津川愛美は脱ぐかと期待してたのに・・・

バナナクリニック!?

108本目

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.2

スク水を着てシャワー浴びたり、同棲相手にタバコの箱の中の見られたくないお金が見つかりそうになってもタオルで隠して風呂を飛び出す土田さん・・。脱げる人を使うべきでしょ。

若い子が喜びそうなのんびりした
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.7

慣れたからかグロさは気にならない。

ちゃんと理由があってゲームに参加させられる被害者が加害者でもある。

よく練られたストーリーで90分であっさり楽しめる。

106本目

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.4

おばけってこと?

1番怖いピエロみたいなの。

子供たちみんながいろんな問題を抱えている。

R15?の割に中高生向け?

ナニの長さとか発言が多いだけ。

「容赦するぞ!」って字幕間違いかな?
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

スタイリッシュなボコボコアクション。

回想、回想がどうなのかと思うが、1番気になったのはみんなの頑丈さ。

顔に肘打ちくらってまだ闘うってメンタルの問題じゃないでしょ。

いやらしくない綺麗な身体は
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

2.9

高橋一生って男からは決して受け入れられない顔ですよね。カメラマン?フォトグラファーは貧乏なイメージしかありませんが。

雨降ったらベッドがびしょ濡れに?と気が気では無いSEXシーン。いやらしさが無い。
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.7

わかりやすい王道コメディ&アクション。

ペニスタグラムあるのかな?

ロック様の顔は老けてますね。粗◯ンだとしたらショック。

102本目

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.4

ずーっと何が伏線かわからないほどの伏線風?な出来事だらけ。

最終的にはう〜んと思ったが音楽が秀逸!

映画館で観るべき作品。

101本目

ロキシー(2016年製作の映画)

3.4

ゾーイの笑顔は可愛らしい。

周りの人があっさり死んじゃうのが寂しい。

ありがちだけど、こういう作品が演技力を試されると思います。

この回は観客3人でした。

100本目

愛を綴る女(2016年製作の映画)

3.2

マリオン・コティヤールだから許せるが何か好きになれないムード。

旦那さんは凄い。

でも1日で1000円だから良い経験。

99本目

リングサイド・ストーリー(2017年製作の映画)

3.6

サトエリの好演が光った。

瑛太はダメ人間が似合う。

プロレスだけで良かったかも。

最後の試合シーンがあっさりなのは当然のリアリティー。

98本目

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

う〜んなんだこれは?って感じ。

役所広司の凄さが全開!福山は若すぎる!すずちゃんは可愛すぎる。

あやふやに終わる系は好きじゃないけどよく出来てはいる。

何でも出る役所広司が+0.2点してます。
>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.7

少年のロードムービーは好き。14歳でドライブとはすごい。

マイクはそんなにモテない感じはしないが。

イザちゃんの裸が気になった。

2人はその後、イザちゃんに再会することはあるのだろうか?

96
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

3.4

ストゥージズは知りません。イギーポップは名前だけ。

意識高い系の方々が観る作品かと思いましたがなかなかカッコ良かった。

音楽も悪くない。食わず嫌いは良くないですね。

95本目

オペレーション・クロマイト(2016年製作の映画)

3.7

仁川上陸作戦は知りません。

韓国=善の作品だが大いにけっこう。

日本の戦争映画にはない悲壮感+αがたまらない。

短時間でキャラに感情移入できたし邦画より飽きさせないと個人的には思った。

勢いで
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.4

地元にできた新しい映画館へ。

ヤクザ映画をスクリーンで観れるだけでも幸せに思わないと+0.3点。

もっと過激かと思ったら、やっぱり今の世の中。ソフトな描写。

高齢化して生きの良い若い衆が活躍しな
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

久々にシネマート。1300円なら良いか。

64歳のイケる裸!

謎解きではないんです。

モヤモヤ感がさすがフランス映画。

92本目

ポルト(2016年製作の映画)

3.2

おっぱいは入れてそうだが・・。

結局は何を言いたいかわからない。

でも何かうっとりする世界観。

91本目

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.6

ゾンビになったきっかけは?

見たことある画風。

ゾンビ好きには楽しめるが設定が少し・・・

短めなので気軽に。

90本目

スクランブル(2017年製作の映画)

3.6

クルマのことは全くわからないし、興味ないけどカッコイイクルマだらけ。

最後のほうのストーリーがめちゃくちゃだけどクルマはめちゃくちゃにしない!

短い作品が好きな僕にはぴったりな佳作。

実際はあと
>>続きを読む

>|