おはらっちさんの映画レビュー・感想・評価

おはらっち

おはらっち

映画(273)
ドラマ(0)

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.0

原作のファンなので
実写化に不安を感じていたけど
良い意味で予想を裏切られ、
非常に良かった!

何より主役の二人がはまり役。
(佐藤健の実年齢はさておき(笑))

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

久しぶりに観たけど、
素晴らしいの一言ですね。

永遠に語り継がれる名作です。

主役の二人は勿論、
その他の登場人物もキャラクターが
しっかり描かれていて
物語に厚みがある。

特にキャシー・ベイツ
>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

4.0

主人公をバンデラスに変更したのは
大正解ですね!

あの目力と、男の色気、
ロバート・ロドリゲスの世界観に
はまり役です。

ギターケースの中に拳銃仕込むだけでなく
ギターケース型ランチャーやら、
>>続きを読む

エル・マリアッチ(1992年製作の映画)

2.5

ロバート・ロドリゲスのデビュー作!

カメラアングルとかは
まだ垢抜けない感じは否めないけど
ロドリゲスらしい少しB級的な演出が
この頃から光ってます。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

2.5

オンデマンドで
たまたま見つけて、観賞。

時間を止められる、というと
ちょっとSFだけど、
その能力を全面的に押し出してないので
柔らかいタッチの作品。

途中で中弛みがあったり
時間を止めた世界で
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

5.0

何度も観たくなる、
時代を越えた名作!

脚本も演出も素晴らしいし、
バーホーベン監督ならではの
程よい残酷描写も
この作品の魅力の一つですね。

デビル(2011年製作の映画)

2.5

あのシャラマランによる原案
という理由だけで
全く前情報なしに鑑賞したけど
なかなか面白かった。

悪魔といってもオカルト要素は
ほとんどなかったけど
下手に盛るより
このくらいシンプルのほうが
むし
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

2.5

シンプルなストーリーで
解りやすく楽しめた。

それにしてもこの邦題は…
センスないなー(^_^;)

イコライザー2(2018年製作の映画)

2.5

一作目が素晴らしかったので
期待を込めて公開直後に
劇場で鑑賞したが
残念なことに平凡な作品に
なってしまったと感じた。

一作目は、必殺仕事人的な主人公が
●瞬時に状況を判断し
秒刻みで計算尽くして
>>続きを読む

ほぼ300 <スリーハンドレッド>(2008年製作の映画)

2.5

300が大好きな自分には
ここまでバカバカしく
パロってくれて、さいこーです!

ラスト・ナイツ(2015年製作の映画)

5.0

たまたまNETFLIXで見つけて
紀里谷監督なら見ようかな!と
いう程度で、
何の先入観なしだったけど
良かったよ!

モーガンフリーマン、
クライヴオーウェン、
伊原剛志、
という役者陣も素晴らしい
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

5.0

何度も見たくなる
最高のダークファンタジー
コメディですね。

今では当たり前だけど
この当時にこれほどの
特殊メイク、SFXを駆使し、
且つテンポの良いストーリー、
絶妙なカメラワーク、
雷や雨など
>>続きを読む

グレムリン2/新種誕生(1990年製作の映画)

2.5

パロディ要素が強すぎて…。

一作目の魅力だった
摩訶不思議な童話的なイメージが
なくなってしまったのは
残念。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

期待どおりの面白さ!

80年代の映画、音楽、アニメ
などのポップカルチャーを
リアルタイムで体験していた
世代にとっては、
この上なく楽しめた。

数えきれない程のオマージュや
クロスオーバーがあ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

前作をマレーシアからの帰国便で観て
(もう3年も経ったのか…。)
予想以上に楽しめたので、
今回も期待を込めて
劇場での上映開始早々に観賞!

テンポの良い展開と
随所に散りばめられたユーモアは
今作
>>続きを読む

スキャナーズ(1981年製作の映画)

2.5

かの名作『ザ・フライ』の
クローネンバーグによる
監督、脚本ということで
期待を込めて観賞。

多くのレビューでは
グロテスクなシーンが
取り上げられているけど、
個人的には作品全体に漂う
現実離れし
>>続きを読む

エイリアン4(1997年製作の映画)

1.0

あかん…。

過去三作目まで、それぞれの作品毎に
込められていた奥深さが
全く感じられない。

完全にB級以下だわ。

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

3.5

知人にオススメされて
ディスカスで借りたけど
そのまま観ずにいて
気づいたら2年も経ってた…(恥)

チャップリン映画は個人的には
初めてだったけど、
ぐいぐいと、引き込まれました!

シニカルな風刺
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.0

監督入れ替り名シリーズの
三作目はデヴィッド・フィンチャー!

脚本が何度も書き換えられる
など製作過程のトラブルが絶えず、
賛否両論言われてる作品だけど
個人的には、フィンチャーの個性が
きちんと表
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

5.0

下記のコラムでもあるように
作品毎に監督が変わり
作風が移り変わる名シリーズ。
1のリドリー・スコットに続き、
2も同じく今では映画界の巨匠となった
ジェームズ・キャメロン!

1のホラー要素を潔いく
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

5.0

1970年代から現代まで
40年の時を経ても
色褪せる事のない、
まさにSFホラーの金字塔だと思う。

この作品が単なるホラーものに
留まらない理由は
Wikipediaの以下の記述のように、
とても
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

5.0

1960~70年代の
ソウルミュージックとR&Bが
大好きな自分にとっては
何度観ても飽きることのない
名作です!

音楽業界の華々しさだけではなく
そこに生きる人々の挫折や苦悩、
それを丁寧に描いて
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

初めて観たのはレンタル開始された
20年以上前だが、
40代後半になって改めて観たら
更にこの作品の深さが理解できた。

随所に名言が散りばめられているが
その中でも、今の自分にとって
心に刺さったの
>>続きを読む

ペット・セメタリー2(1992年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

あの名作ホラーに2なんてあったんだ!?
と、ほのかな期待をして観たものの、
単なるグロいだけの駄作になり下がってしまっていた。

例の墓地に埋め過ぎだし、
蘇った人々が、喋り過ぎで
タブーが安直なもの
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

2.0

アメコミスーパーヒーローものは
どうも苦手で避けてたのだが
評価は高いと聞いて、
お試し的に観賞。

前半のアマゾン族の島での戦いは
役者の肉体を使った
しっかりしたアクションで
おぉ!これならいいん
>>続きを読む

アイ・アム・ナンバー4(2011年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

うーん…、予告編とか観て
面白そうと思ってたのだが
いざ本編を観てみると
なかなか盛り上がらない…。

壮大な戦いかと思いきや
前半は高校生のいじめっ子が相手。
それも何故かエンディングで
いきなり、
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.5

作品全体を包む印象は相変わらずお洒落。
加えて笑いもありエンターテイメントとしては
楽しめる内容だと思う。

但し、ターゲットを盗む方法については
前作はチームメンバーのそれぞれの特徴を活かし、プロフ
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

5.0

25年程前にビデオで観賞した。
死後、狂気と腐臭を放ち蘇る
飼い猫、幼児、という設定に
その当時はとても怖く
いつまでも忘れられない
トラウマ作品だった。

久しぶりにオンデマンドで観賞したが
優れた
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最初に観たのは25年以上前だけど
今までで観た中で一番怖いホラー映画は?
と尋ねられたら迷いなくこれを
挙げる。

映画史に残る作品となった要因は、
間違いなく監督、脚本を手掛けた
キューブリックの才
>>続きを読む

シャイニング(1997年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

当たり前の事だとも思うが、
映画作品というものは
どんなに原作が良くても、
監督や脚本次第では
全く違うものになるという事が
良くわかる。

ドラマとしては面白いが
ホラーとしての恐怖を全く感じなかっ
>>続きを読む

>|