おはらっちさんの映画レビュー・感想・評価

おはらっち

おはらっち

映画(228)
ドラマ(0)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

前作の流れから
あまり期待していなかったが
嫁がダイナソー好きなので
付き合いで観賞。

予想が的中した。
やはりストーリーがグダグダ。

恐竜や火山の映像は
現代の技術なら
もう驚かない。

それよ
>>続きを読む

ダニー・ザ・ドッグ(2005年製作の映画)

3.5

ストーリーは単純明快。
アクションは銃撃戦ばかりの映画より
身体能力を使った格闘のほうが
派手ではないが、
観ごたえがあると思う。

アクションだけでなく、
主人公と盲目老人家族の
ふれあいが暖かい。
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

以前にも観たと思ってたんだけど
すっかり内容忘れてしまい、
改めて観賞。

本当にスタイリッシュ&クールな
泥棒チームが、天晴れです!

豪華俳優陣が多数出演しているけど
それだけでなく、
ストーリー
>>続きを読む

岳 -ガク-(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作の登場人物のモデルとなった
宮田八郎さんの訃報を知り、
追悼の気持ちを込めて
久しぶりに観賞しました。

ドキュメンタリーではないので、
映画作品しての演出的要素は、
山岳登山の専門家から見れば
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.5

本当は劇場で見たかったのだが
機を逃してしまい
やむ無くオンデマンドで観賞。

期待していたとおり
ジェニファー・ローレンスの
魅力満載の見応えのある作品でした。
グロもの慣れしている僕でも
生皮剥き
>>続きを読む

里見八犬伝(1983年製作の映画)

5.0

角川シリーズの中でも
最も好きな作品。

この日本古来の伝奇風
世界観が最高!

そしてキャスティングも
当時のベストチョイスだと思う。

バレッツ(2010年製作の映画)

4.5

ジャン・レノは
大好きな俳優だけど
この作品は見逃していた。

本編始まり早々に
蜂の巣にされ
そこから中弛みもなく、
終始目が離せない
緊張感が続く良い脚本。
掘り出し物でした!

もっと話題になっ
>>続きを読む

ペイチェック 消された記憶(2003年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

名作『トータルリコール』に似た
ストーリーだなど思ったら
原作者は同じで
フィリップ・K・ディックだった。

ジョン・ウー独特の
カメラワークが随所にある。
特に主人公とヒロインが
出会うシーンは
M
>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.0

11歳の小さな女の子が
放送禁止用語を連発しながら
悪者を容赦なく斬殺していく様。
そこが一作目の最大の魅力、
であったのだ。

クロエちゃんの
大人への成長は喜ばしくも、
ヒットガールのあの魅力は
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

5.0

人は人によって作られる。

例えば、親、兄弟、友達、先生、同僚。

人生、良いことばかりではないけれど
自分の回りにいた人々のおかけで
今、自分自身を少なくとも誇れる人に
なれたのだろうと思う。

>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ヒーローもののコメディだろ?と
観る前は大した期待をしていなかった
けど、良い意味で裏切られました。

僕のツボにバッチリ嵌まる
最高に面白い大傑作でした!

作品全体の特徴はぶっ飛んだ描写と
ブラッ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

4.0

スパイ映画としての
要素はあまりないけど、
ジョン・ウーが得意な
スタイリッシュなアクションを
楽しむならシリーズ中でも
これが一番かな。

特にバイクを馬のように
乗り回す派手な演出と
ダンスからヒ
>>続きを読む

ロボコップ(1987年製作の映画)

5.0

80年代のロボット刑事と言えば、
ヒーローもの?子供騙し?
と思うなかれ。

作り手のメッセージが
しっかり表現され
何度も観たくなる
傑作だと思っている。

悪党の残酷さや卑劣さ、
死亡した人間に対
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

1.5

TSUTAYAのシネマハンドブックなどに
リコメンド作品として載っていたので
興味を持って観賞してみたが。

うーん…。

主演の二人の演技は
確かに素晴らしいのだが、
この手の演出作品は
個人的には
>>続きを読む

イーオン・フラックス(2005年製作の映画)

2.5

多くの方のレビューでもあるように
シャーリーズ・セロン様の
容姿の美しさと
美的アクションが
売りの作品です。

特に180度開脚すんどめと
ワニ風匍匐前進(笑)が
印象に残る。

それから、随所に
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

5.0

90年代サイコサスペンスの
傑作の一つだと思う。

降り続く雨と
暗く陰湿な街の映像が印象的な
デビットフィンチャーらしい。

ラストの衝撃的なシーンは有名だが
敢えて『そのもの』を見せず
また、明確
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.0

マーベルのアメコミ映画は
ヒーロー大集合的で
どうも好きになれないけど、
流石はクリストファー・ノーラン!
特撮に頼りきらず、
大人も楽しめる作品に
仕上げております。

あん(2015年製作の映画)

5.0

「ねぇ、店長さん
 わたしたちは
この世を見るために、
聞くために生まれてきた。
だとすれば、
何かになれなくても
わたしたちは
わたしたちには
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

4.0

幻覚とも現実とも
区別がつかない映像が
良く表されている
サスペンスホラー。

何よりもクリスチャン・ベイルの
鬼気迫る役作りに驚かされる。

トロン:レガシー(2010年製作の映画)

5.0

数年前にDVDで観たが
残っていた印象は
光るバイクとコスチューム
だけだった。

でも、往年の映画の題名を
意識せずに挙げるとき、
何故か『TRON』シリーズが
頭に浮かぶのだった。
それだけ独特な
>>続きを読む

ブロークン・アイデンティティ(2012年製作の映画)

1.5

前情報無しで観賞。
掘り出し物であることを
期待したけど
残念ながら、いまいちでした。

クローン臓器を作る事以外に
SFテイストであることの意味が
見いだせない…。

トロン(1982年製作の映画)

2.0

現代では当たり前のCGを
1982年に導入したというだけでなく
ネオンライトのように輝く
コスチューム、
光る未来型のバイク、
赤く光るヘリコプターなどが
今観てもカッコよくて斬新!

但し、アクシ
>>続きを読む

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

過去二作のような
驚きの犯人割り出し方法や
脱出の凄技はないものの
サスペンスアクションとしては
楽しめた。

あるトリビア情報によると
リーアム・ニーソンは
三作目の製作に乗り気でなかったが、
作中
>>続きを読む

96時間 リベンジ(2013年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

一作目を後れ馳せながら観賞し、
とても良かったので、続けて観賞。

布を被されて拉致されても
冷静に移動中の周囲の音を記憶し、
離れた場所にいる娘に指示して
地図で自分の居場所を
ピンポイントで割り出
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.5

うーん…。
カリスマ性のない悪役や
脇役達の半端さが目立つ。

どうもキャスティングが
パッとしないんだよね。

スターウォーズシリーズの中では
一番つまらなかったかも…。

[リミット](2010年製作の映画)

4.0

極めてシンプル、
でも良く出来た作品!

90分全編を棺の中だけで描ききる。
にも関わらず、全く飽きさせず
むしろどんどん引き込まれる。
そして絶望的なエンディング。
これは才能がなければ
作れない映
>>続きを読む

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

4.0

マークウォールバーグというと
Tedのコメディ印象があったけど
敏腕スナイパーを見事に演じていた。
ストーリーも演出も見応えもあり
いい意味で期待以上だった!

SECURITY/セキュリティ(2016年製作の映画)

3.0

ショッピングモールを
舞台にしたアクションなので、
スケール的にも
バンデラスにしては等身大?

突っ込み所は満載だけど、
でも単純に娯楽として楽しめたよ。

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

5.0

純粋に泣けた。

他のレビューでもあるように
思い出を振り返る
大沢たかおのシーンは
ちょっと芝居じみていた感は
あるものの、
若い二人のやり取りは純粋で
無垢で、儚くて、涙が出た。
まだデビュー間も
>>続きを読む

リミットレス(2011年製作の映画)

4.5

評判を聞かずに観賞したけど
とても面白く、
掘り出し物を見つけた気分。
ルーシーに似てる設定だけど
薬が切れて何度もピンチに
陥る所がスリルがあって良い。
でも最後がちょっとあっけないかな。

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.0

流石、アカデミー賞!

かなり前に観賞したけど
NETFLIXで良い作品が観たくて
もう一度。

重いエンディングだけど
精一杯生きた主人公の思いが
ずんと心に残る。

人狼ゲーム(2013年製作の映画)

4.0

なかなかよかったよ!

正直、この手の作品は
トリンドルの
『リアル鬼ごっこ』で
がっかりさせられたので
どこまでかな?と半分期待せずに
観てみたのだが、
建物から出ると首の装置が
作動する事以外は、
>>続きを読む

ソウ6(2009年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

相変わらずオープニングは
グロいシーンからのスタート。
でも、自分で腕切りは、
『127時間』のほうがエグい。

他のレビューで言われているように
単品としての面白さは、
1、2作目を凌ぐことはないか
>>続きを読む

ソウ5(2008年製作の映画)

4.0

いよいよ折り返し地点!

犯人の顔がバレたので
流石にもうどんでん返しはないけど
サスペンスとしては充分に楽しめる。
シリーズ全体が一つの話だから
一作ごとに起承転結の役割が
当然あるだろうから
これ
>>続きを読む

ジャンパー(2008年製作の映画)

2.0

以前、DVDレンタルで
観たはずだけど
記憶が『ジャンプ』してて
内容を忘れてしまってたので、
NETFLIXで再観賞。

確かに能力を身に付けるまでの
出だしは面白いのだが
それ以降が何の内容もあら
>>続きを読む

ソウ4(2007年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

そもそもが時系列が入り乱れた
脚本であることに加えて、
前作をレンタルで観てから
約一年が経ってた事もあり
全体を把握するには
色々な人の書いたレビューを
読まないと理解できない(;^∀^)

とはい
>>続きを読む

>|