ayaさんの映画レビュー・感想・評価

aya

aya

(元TSUTAYA店員)
オードリーヘップバーンとスティーヴマックィーンが好き。

2018年までに目指せ1000マーク◎
基本雑食ですが宇宙、脱獄、父と息子、鬱エンド、衝撃のラスト、実話、老夫婦には特に★評価甘くなりがち。
レビューは評価というよりただの感想文です!

※昔観て内容覚えてるものはレビューなしで評価だけですが徐々にレビューも付け足していきたいと思ってます*

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7


黒人のクリスが白人彼女の実家にお邪魔したら、あれ?家族も使用人もなんだかおかしい…
といった観てるこっちまで背中がゾワゾワしてくるような世にも奇妙な物語系ホラー。
ITと二本立てで観ましたがあちらは
>>続きを読む

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.3


『なぁに、完璧な人間なんていないさ!』


1929年、シカゴ。
ベース奏者のジェリーとサックス奏者のジョーは偶然マフィアの虐殺現場を目撃し、追われる身となってしまう。
なんとか国外へ逃げたい彼らは
>>続きを読む

ギター弾きの恋(1999年製作の映画)

4.8


『彼が痛みを感じるのは自分の音楽に対してだけ。
天才のエゴってそういうもの。』


軽く一年半くらいは下書きに保存してあったのではなかろうか…笑
DVD購入記念に内容はうろ覚えですがレビューを書こう
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.7


『私達は夢に生きている。』

アメリカとソ連が冷戦状態にあり、宇宙開発競争が勃発していた1960年代初頭。
未だ人種差別が残るアメリカのNASAを舞台に、ある三人の黒人女性が成し遂げた偉業を描いた作
>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

4.7


お嬢様のエリーは想い人との結婚を父親に反対されたことをキッカケに家出を図る。
そこで偶然、失業中の新聞記者・ピーターと出会い道中を共にすることになり…


1934年製作、アカデミー賞主要5部門を独
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2


楽しみにしていたこちらの作品、記念すべき誕生日に観てきました!!!
オリジナル版を観たのは中学生の頃でしたが、まさか今になってペニーワイズが劇場で観れるとは!


舞台は不可解な子供失踪事件が続く町
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.3


『ダンケルク・スピリットを忘れるな』

第二次世界大戦のダンケルク大撤退を描いた本作、この作品は是非映画館で、そして出来ればIMAXで観ていただきたいです!

CG一切なしの迫力溢れる音と映像、オー
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0


『ゲームしない?』


月食の晩に集まった、三組の夫婦と一人の男。
楽しい食事会になるはずが、あるゲームによって不穏な空気が漂いはじめ…


面白かった〜〜〜!!!!
これは案外、男女交えてグループ
>>続きを読む

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

5.0


『僕は現実が嫌いだ。
でも美味しいステーキを食べるのにこれ以上の場所はない。』
ーウディ・アレン


1930年代、ニュージャージー。
ウェイトレスとして働き金にも女にもだらしない夫を養っているセシ
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

5.0


『神様は二人いる。
一人は本当の創造主で、
一人は人間が作った神様。』


地球の偵察に来た宇宙人”pk”。
宇宙船のリモコンを盗まれてしまった彼は、言葉も文化もわからないインドで途方に暮れることに
>>続きを読む

デタッチメント 優しい無関心(2011年製作の映画)

4.8


『毎日、目の前で生徒が人生を台無しにしてく。
流すのは簡単よ、向き合うのは勇気がいるもの。』


幼い頃の経験から人との距離を測りかねているヘンリーは、臨時教師として生徒たちと付かず離れずの関係を保
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.7


『お母ちゃんの遺伝子、ちょっとだけあった』


旦那が蒸発し稼業の銭湯は休業、女手一つで娘(安澄)を育てている双葉。
ある日パート先で倒れてしまった双葉は病院で余命2ヶ月を宣告される。
その日から双
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8


『”今”を生きる。』


妻に先立たれ会社にクビを言い渡された59歳の老人・オーヴェ。
孤独のあまり何度も自殺を試みるもののなかなか死ぬことができない。
そんなある日、お隣にパルヴァネ一家が越してき
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.6


『百万円貯まったら、この家を出て行きます。』


主人公・鈴子は人と関わるのが苦手な21歳。
あることから前科者になってしまった鈴子は、居辛くなった実家と地元から出ていくことを決意する。
そして「自
>>続きを読む

バイオレンス・レイク(2008年製作の映画)

4.0


『君達、もう少し音楽のボリュームを下げてくれないか?』


この一言からあんなことになるなんて…
一体誰が予想できましょうか…


胸糞すぎ胸糞すぎ胸糞すぎ!!!!!!
ブレッドって名前嫌いになり
>>続きを読む

暗くなるまで待って(1967年製作の映画)

4.2


昨年はガチムチな盲目おっさんが強盗に入られ返り討ちにする「ドント・ブリーズ」が流行りましたね…
この作品では人外な力を持つおっさんではなく賢く美しいオードリーが盲目となって悪い男達と戦います。
>>続きを読む

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

4.0


貧しい花売り娘のイライザが、言語学者のヒギンズ教授に出会い立派なレディーに育て上げられていく。


作品賞に男優賞、衣装、撮影まで、アカデミー賞の主要な賞を総なめにした本作。

ただの華やかなミュー
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

3.7


大富豪ララビー家のお抱え運転手である父を持つサブリナは、長年ララビー家の次男・デヴィッドに恋をしている。
ある日、娘の叶わぬ恋を心配した父親は、サブリナを2年間パリの料理学校に留学させることに。
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

3.8


本屋で働くインテリ娘・ジョーが、ファッション誌のモデルにスカウトされるシンデレラストーリー。

バレリーナを目指していたオードリーの本格的なダンスが美しい!!!
そしてオードリーの肉声による歌声が聴
>>続きを読む

おしゃれ泥棒(1966年製作の映画)

3.8


贋作画家のシャルル・ボネは祖父の遺した偽作「ヴィーナス像」を美術館に出展する。
しかし後日、ヴィーナス像が科学鑑定にかけられると知ったシャルルの娘、ニコルは父の悪事がバレる前にヴィーナス像を美術館か
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

4.0


ニューヨークのアパートで暮らすコールガールのホリーは、いつかお金持ちの男性と結婚して裕福な暮らしをしようと考えている。
彼女の部屋には必要最低限のものしか置かれておらず、共に暮らす猫に名前はない。
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

5.0


『私はこの街の思い出を、いつまでも懐かしむでしょう。』


ローマを訪れた某国の王女・アンと、新聞記者・ジョーの儚くもロマンティシズム溢れる恋物語。



ここ最近、オードリー作品をいくつか鑑賞した
>>続きを読む

ダミー(2001年製作の映画)

3.6


エイドリアンブロディ目当てに鑑賞しました!

腹話術師を目指す引っ込み思案な主人公と未婚シングルマザーのラブコメディ。

ミラ・ジョヴォヴィッチがパンチの効いたガールフレンドを演じていますがほとんど
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

4.7


『男と女なんて非合理性的で不合理なことばかり。
理解しようとしても無駄さ、恋愛はオツムが空っぽの方が上手くいくんだ。』


ニューヨークに住む漫談芸人のアルビーがアニー・ホールという女性と出会い、別
>>続きを読む

星の旅人たち(2010年製作の映画)

4.3


『人生は選べない、ただ生きるだけ。』


突然の息子・ダニエルの訃報を受け取った眼科医・トムは、ダニエルが果たせなかった聖地巡礼の旅に出る。
「星の平原」と呼ばれる聖地、サンディアゴ・デ・コンポステ
>>続きを読む

彼女が消えた浜辺(2009年製作の映画)

4.0


『別離』で有名なアスガー・ファルハディ監督作品。


浜辺で起こったある女性の失踪事件から、周囲の人間が引き起こす心情の揺れや道徳心の崩壊を描いている。


男女の倫理観がかなり厳しいイランならでは
>>続きを読む

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

3.8


『僕にだって、居場所が必要だ。』


キューバ行きの飛行機墜落事故を軸に、エホバの証人、熟年不倫カップル、崩壊寸前の中年夫婦、ドラッグの運び屋の運命を辿る。


一つだけ時間軸が異なるストーリーも含
>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.7


アメリカに住む老婦人・マリアが、戦時中にナチスに略奪されたクリムトの名画を取り戻すため、祖国オーストリアを訴えた実話を基にした作品。


ナチスを描く他作品に比べてそこまで残虐なシーンは描かれないも
>>続きを読む

都会のアリス(1973年製作の映画)

4.4


ヴィム・ヴェンダースによる「ロードムービー三部作」の第1作目。


ニューヨークの空港で出会ったアメリカ人ジャーナリストのフィリップと8才の少女アリス。
他人同士である二人が、旅を通じて心通わせてい
>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.4


シングルマザーのアンが保育園に預けた娘・バニーが行方不明に。
警察に捜査を依頼するも、家からバニーの物がなくなっていたり誰もバニーを見た人がいないことから、捜査は「そもそもバニーという少女は存在する
>>続きを読む

oasis FUJI ROCK FESTIVAL'09(2016年製作の映画)

5.0


高校時代にoasisを教えてくれた親友と、このバンドに出会えたことを感謝しながら。


最高に幸せな100分間でした。

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

4.2


『年金暮らしは自分のケツは自分で拭くしかないだろ!』


仲良し兄弟・テリーとアンディの祖父が住む老人ホームが解体の危機…
お金が必要だと考えた二人が銀行強盗をしている最中、なにやら街ではゾンビ騒動
>>続きを読む

フォロー・ミー(1972年製作の映画)

3.8


『音楽や美術を無くしたら、人間なんて大したものじゃなくなるわ。』


倦怠期夫婦・チャールズとベリンダ、チャールズから浮気調査を頼まれた探偵・クリストフォルーが送る珠玉の三角関係ラブストーリー。
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.4


『君の夢は、僕の夢になった。』


舞台は1985年の大不況に喘ぐダブリン。
いじめっ子に目をつけられ、家に帰れば両親は喧嘩ばかりという今まさに人生のドン底を迎えている少年・コナーが、ある少女との出
>>続きを読む

>|