おりーぶさんの映画レビュー・感想・評価

おりーぶ

おりーぶ

2016年以降見た映画を記録 評価は割とあまのじゃく

映画(34)
ドラマ(0)

ラストエグザイル 銀翼のファム Over The Wishes(2016年製作の映画)

1.5

ラストエグザイル無印を見て、銀翼のファムを見て、能動的に理解してやっと賛否が出てくる作品なのに、
ただファム編2クールを2時間にまとめただけではね。
銀翼のファムは割と好きだけど全く擁護できない。
>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.5

展開はこれでもかというぐらいライオンキング。
背景は恐ろしいぐらい力が入ってて、実写とCGの境目が分からないぐらいだった。
理系の思考が働き「お前爬虫類だろ!卵生で変温動物なのにそんなことできるわけね
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

メリル・ストリープの会社のトップに立つことに慣れてない仕草や、終盤にある若干不安を含んだ決断の演技には感動を覚えるレベルだった。
スリービルボードはまだ見てないけど、これは個人的2018年主演女優賞。
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.5

自分の死が近づくほど、どれだけ達観した考えを持とうとしても正気を保てなくなるというのが伝わった映画。

最終は親友関係は大事だなって感じになるけど、
親友は何人も作れる
恋人は(基本)1人しかできない
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

なんと言っても目につくのは、つい数年前大学生を演じていたはずのアミール・カーンが筋肉モリモリだったり、中年デブのおっさんだったりと変幻自在なところ。
おっさんになってから後半で更にウエストを一回り足す
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

生きてるだけでも十分な御年なのに、よくイーストウッド監督は映画作れるなあとそこばかりに意識がいった。

駅での何気ないシーンに犯人が映ったり、映らず次のシーンへ行ったりしてどこに犯人がいるのかわからな
>>続きを読む

映画プリキュアスーパースターズ!(2018年製作の映画)

2.0

ここ数年の春プリキュア映画が良かったせいで期待を高く持ちすぎた

プリキュア映画といったら
・ヒロイン以外囚われる
・ミラクルライトでつかの間の活路を見出す
・全員復帰するも一旦全滅
・ミラクルライト
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

同性愛、いじめ、麻薬、黒人差別などあまり扱いたくないテーマをめいいっぱい詰め込んだ作品
シャロンの少年時期で、聞かれても何も話さないところや反応の仕方からして、そりゃいじめられるわと思った。
あと友人
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

4.0

中盤からのはっちゃけの規模に疑問はあったけど、童心に帰る楽しさを教えてくれる映画。
童心に帰るといっても金、酒、女と大人なりの楽しみ方をしてるけども。
この映画をみて「レジャックいって遊ぼ」→「大人は
>>続きを読む

映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!(2017年製作の映画)

4.0

歴代映画に比べて笑い要素に特化した映画だった。
「こんな雑なオチでいいのか?」って部分も幼児たちには好評のようでほっこりしながら見られた。
しかも見ていくと案外そのオチを再活用だったり回収してるところ
>>続きを読む

映画プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ(2016年製作の映画)

3.5

現実世界のようでちょっと(?)違う世界で起きるコメディーアニメ
アイドルがたくさん出てきますが、コメディーと言って差し支えないと思う。

出てくるネタ、事件の発端も予測不能。頭が追いつかない。
対象年
>>続きを読む

クレオパトラ(1963年製作の映画)

3.5

クレオパトラ、カエサル、マルクスの主要3人よりもセットの作り込みに目がいってしまう背景の作り込み。制作費が高かったというのも頷ける。

世界史の授業で単語でしかわからなかったクレオパトラやカエサルの暗
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

4.0

BSでとぎれとぎれに何度か見てたが、最近やっとタイトルがわかったのでBD購入して見た。

予知夢で飛行機事故から生還した人たちを、死んでいくはずだった順に死神が殺していくというストーリー

低コストな
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

一つの出会いが人生を変える
一つの決断で新たな出会いが生まれる
それはプラスにもマイナスにも働く

まさに一期一会
この作品だからある突飛な設定・展開はあまりなかったように思うが、
そんな一期一会が日
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

5.0

予備校で出口汪がこの作品に関して言ってたことを思い出し、
たぶん他の人とは違うタイミングで泣きながら見た。

10年以上前のことだから細かいことは忘れかけてるけど、
・この時の人は、本当のキリスト教を
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.5

SF作品にしかないだろうと思ってたモノやセキュリティーがあることや、スノーデンの非凡な才能に終始興奮した。

情報を公開した日のシーンと、これまでの生活のシーンの行き来からとても丁寧な作りだと思った。
>>続きを読む

劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ(2017年製作の映画)

3.5

みれぃコースを見たと思われる。

基本的には地上波ライブの総集編、アイカツでいうなら「みんなで賞をもらっちゃいまSHOW」と同じ系統。
しかしそのつなぎは前作と同じくぶっ飛んでた。
あらぬ方向からネタ
>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.0

寝ているときの世界と現実世界が繋がったときはワクワクした
しかし、後半夢と現実を繋げすぎて、
「これをやってる間、現実では(同じく夢の世界では)何をやってたんだろう?」という疑問がどんどん出てきた。
>>続きを読む

海は燃えている イタリア最南端の小さな島(2016年製作の映画)

2.0

この展開から何が始まるんだろうと思ってたけど何も始まらなかった。
ついでに何も終わらなかった。
考えてみればドキュメンタリーだもの、そりゃそうだ。

一世代前の撮影機材を使ってるような映像だった。
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

2.5

中盤から誰が敵で誰が仲間なのかわからなくなった。
特に敵側。同じ髪型で似たような体格だと自分は区別がつかない。
「あれ?まだ2人ぐらい敵残ってるんじゃ…」とハラハラしてたら終わった。
敵側の意図もイマ
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

3.5

A1pictures頑張りすぎです。

1.人の命を弄ぶ輩が現れる
2.アスナが危機に。S派の方にはたまりません
3.薄い本だったら完全に行為に至ってたであろうシーンが出る。何回も。もやもやします
(
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

半分ほど見たところで、「これだけ広げた風呂敷をどうやってまとめるのか」と心配になった。
でも何とかまとめた。コアラだけ。
最後でその心配は解決したけど。

全てを失ってからの大逆転というUSAお得意の
>>続きを読む

映画プリキュアドリームスターズ!(2017年製作の映画)

4.0

春のプリキュア映画はキャラが多すぎて、全部のキャラを出すのに力を使いすぎ中身がおざなりだった。特にニューステージ。
一方本作品から3世代に限定し、しかもメインがプリキュアではなく、さくらにあったためか
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

4.5

マンデラ本人の歴史がすごすぎるから2時間程度じゃまとまりきらないのでは?と思った。
しかしさすがイーストウッド監督。
南アフリカに根付いた人種差別をスポーツで、しかも人種差別の象徴であるラグビーで国を
>>続きを読む

ブレイブハート(1995年製作の映画)

3.5

ウィリアム・ウォレスがスコットランド独立のために命をかけた話。
スコットランドの歴史を知る勉強に少しなった。
イザベラとの繋がり、エドワード一世の死ぬタイミング等、あからさまな脚色が鼻についた。
メル
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.5

荒廃した世界で120分間ひたすらアクションをやりまくる。
内容は砂漠の中を旅行するだけなので自分一人ではまず見ないけど、家族や友人に
「V8!V8!」「よく死んだ!」
等のネタが通じるように布教したく
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

5.0

序盤の圧巻だったノルマンディー上陸作戦では多くの人が簡単に死んでいくため、誰が死んだか分からない。一方で、中盤以降からは一人ひとりの生死に焦点が当たるようになり、一つの命に重さを感じる。
この対比的な
>>続きを読む

ポッピンQ(2016年製作の映画)

2.5

努力は認める
登場人物は黒星紅白が原画をやってるだけあってかわいいし
同位体(?)もかわいい
ダンスも手書き感のあるCGだった

しかしかわいい以外何も残らなかった

簡単に過去の自分の性格を認めて変
>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

4.0

今日ディスク1で半分見て来週ディスク2見ようと思ってたら、ディスク1に全編入っており、1日で全部見ることに。
今となっては驚くほどでもないけどグラフィックにとても力が入ってた
科学の進歩を推し進める現
>>続きを読む

ベン・ハー(1959年製作の映画)

4.0

12/24視聴
最大の見どころである戦車戦はよく撮ったなと感動するばかり
いつの間にかガレー船で3年、いつの間にか出世していて、分割視聴してたのも重なり置いてかれることがしばしば
この作品にキリストが
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.0

厨二病の人が脳内で想像する戦いをそのまま映像にした感じ。キャストやセットに結構お金がかかってる。ちゃんと元が取れるだけの興行収入があるのだろうか。

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン(2011年製作の映画)

5.0

劇団四季のオペラ座の怪人を見る前に見ておけばよかったなと思った作品。
これを見て各登場人物の表情や歌詞など、多くのわからない部分が解決できた。
音楽、演技、カーテンコールすべてにおいてこれ以上文句の付
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

3Dエフェクトにとても力が入ってる。そこは大きく評価する。ダン・フォグラーが演じたコワルスキーを非常に愛でたい。
逃げ出した魔法動物を捕まえていく内容かと思っていたら、魔法の力を制御できなくなった「新
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジェーンとジョンを同一人物が演じていると気づくのに相当時間がかかった。
登場人物が少なく、犯人がわかる。自分はイーサン・ホークの後半の格闘シーンで気づいた。
鶏が先か卵が先かの無限ループがこの映画にあ
>>続きを読む