aiさんの映画レビュー・感想・評価 - 19ページ目

ai

ai

独創的な世界観や芸術的な作品が好き。
最近はジャンル関係なく色々観るようにしています。

映画(683)
ドラマ(0)

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

5.0

この見た感覚はまた味わいたくなる。
レズビアンというよりも男女にも言える愛情の話。
3時間もあるけれど意外と意味のある3時間。

型にハマりがちで安定を大事にして食欲と性欲があらわになっているアデル。
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

5.0

本当にすごい。
一度映画館で見てまた人を誘い映画館で見た。

飲みこめない想いを飲みこみながら生きている人がこの日本にどれだけいるのだろう。

監督のこの言葉の優しさが刺さる。

人には色々あって幸せ
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

4.0

この人達実在するのではと思う恐怖感。
なぜか後味悪いのにもう一回見たくなる。
ピエール瀧とリリフランキーの演技力。

横道世之介(2013年製作の映画)

4.1

私も世之助に出会えて良かった。
こういう恋は一生忘れないと思う。ロケ地も綺麗。

明るいだけじゃない話。
今まさに私はこのぐらいの年齢で、きっと10年後ぐらいにこういう風にふと思い出して涙したり笑顔
>>続きを読む

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

3.7

原作を読んでからの。

映画化が上手くいっていて、
菅野美穂がまたいい。

抱きしめてあげたくなる切なさ。悲しさ。

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.1

これぞ邦画な気がした。
いつも自分の場所なんてなくてフワフワしてて。

通帳を見るシーン。現実的。

田舎に行ったり海に行ったり。
誰もが思う遠くに行ってこういう日々を送りたい。
蒼井優はぴったりな空
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.7

ストーリーうんぬんより安藤サクラすごい。本当にすごい。
女を捨てたような演技も最強。

ボクシング習いたくなる。

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.9

友達から勧められて。

…正直なめてました。
ただの青春物語かなと。

前半ボーッとするけど必ずワクワクする作品。
瑛太もみんな若い(笑)

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.8

池脇千鶴はなんであんなに不幸で輝く演技が上手いんだろう。
これは池脇千鶴を堪能する映画。
表情一つ一つがそこに存在するよう。

軽蔑(1963年製作の映画)

3.8

女の愛が冷めることほど怖いものは男にない気がした。

愛なんて壊れるのも早い。
誰かを縛り付けておくなんて無理。

話に反して海が美しくBBの綺麗な体と美しい赤。
最後のずらしていくような撮り方も好き
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

5.0

題名だけだといかに豪華な生活?と思うけど、実際は真逆。

いつも寂しくて本当の愛なんてわからなくて。猫みたいにきままで。

涙をためたり思いっきり笑ったりさすがオードリーヘップバーン。
名作。

レオン 完全版(1994年製作の映画)

5.0

定番だけど本当に好き。

マチルダのあの透明感と活発具合で今まで右に出るヒロインは見つからない。

レオンに大人として扱って欲しいと接するのも可愛らしい。

何度見ても泣けて何度見てもマチルダが愛おし
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1959年製作の映画)

4.5

高校生で初ゴダール。
もちろん最初はよくわからない。

でもジーンセバーグのあの表情とか、ジャンの唇を触る仕草とか。
モノクロなのに伝わる色気。

ベッドで話すシーンが印象的。

最後は少しだけ切ない
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

4.4

ああ、私ゴダール好きだ…と気づいた作品。

ストーリーというより景色と引用する言葉がすごい。
アンナがとにかく可愛い。
ミリタリーファッション、マリンルック、フレンチなワンピース。

海での怠惰な生活
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

5.0

とにかく色が綺麗で大好きな映画。現実逃避にもオススメ。
一人一人の登場人物も個性豊かで面白い。

人と関わるってめんどくさいし大変だけど、ワクワクする。
そんな気分になる。

彼氏がアダルトショップに
>>続きを読む

|<