momohideさんの映画レビュー・感想・評価

momohide

momohide

映画(449)
ドラマ(15)

POSTMAN BLUES ポストマン・ブルース(1997年製作の映画)

3.7

349mark
レビュー774人目。


なんやこれ笑
想像と全然違ったおバカ映画_:(´ཀ`」 ∠):

巻き込まれ系映画ですが、当の本人は最後まで気づかないってゆう…
笑顔でひたすらにチャリを漕ぐ
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

4.3

448mark
レビュー6649人目。


映画は時代の写し鏡な一面を見事にエンタメ昇華してるチャップリンの大傑作。
時計仕掛けの機械工場。
囲いの中に雪崩れ込む羊の大群。
地下鉄から工場に雪崩れ込む
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.9

447mark
レビュー2375人目。


面白かった!
毒ガスから逃げるってパニック系にしてはちょっと地味目な絵面だし、撒いた理由とか超適当なんだけど、韓国のネオン街が華やかでテンポも良く緊迫したシ
>>続きを読む

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

4.6

446mark
レビュー2521人目


素晴らしい映画ほど上手くレビューが書けないのは何故でしょう_:(´ཀ`」 ∠):?
まだまだ言いたいことは沢山あるけど、気持ちがフレッシュなうちにとりあえずの
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.8

445mark
レビュー4525人目。


大人たちが客観的に観る不幸が彼らにとっては一概に不幸とは言い切れない。


親がヤク中だったり虐待を受けた子どもたちが暮らす孤児院でのお話。
重い題材だが可
>>続きを読む

第三の男(1949年製作の映画)

3.8

444mark
レビュー5215人目。


これぞ白黒映画!と言わんばかりの見事な陰影。
サスペンスの王道を行くまさに教科書的映画ですね(´⊙ω⊙`)
逆に言えば何のひねりもないんだけど時代を加味した
>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

3.9

443mark
レビュー12327人目。

文通。
いつしかメールが主流になりラインが主流になった現代。
いつまでも廃れて欲しくない文化ですね。

主人公は博子なの?樹なの?って思ったら一人二役なのね
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.2

442mark
レビュー12100人目


超おもしれー香港映画。
警察とマフィアそれぞれで潜入捜査をする男たちの熱い熱ーい戦い。
が、導入があっさりし過ぎで最初混乱する_:(´ཀ`」 ∠):

マフ
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.7

441mark
レビュー8098人目

元祖煽り運転(いやしらんけど)
当時25歳のスピルバーグの超初期監督作。

最後まで正体が分かんないの怖いぃいいいい_:(´ཀ`」 ∠):
まるでトレーラーが生
>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.6

440mark
レビュー12821人目


ドランちゃんこんな映画も取れるのネ。
今回のドランちゃん金髪で好みの髪型よ(*´∇`*)

アスペクト比の変化をよく使う監督さんだが今回は意図がよくわからな
>>続きを読む

劇場版 フランダースの犬(1997年製作の映画)

3.5

439mark
レビュー937人目


TV版観たことがなくて、超有名作品だしとりあえず映画版観てみるかー…なんて軽い気持ちでみたらキツかった_:(´ཀ`」 ∠):
ネロは子供の皮を被った聖人(成人)
>>続きを読む

その日のまえに(2008年製作の映画)

3.8

438mark
レビュー429人目

先ず、お涙頂戴映画ではない。
原作を読んでる人もそうでない人も好き嫌いがハッキリと分かれるだろうけど、
誰しもが経験し、そして誰しもが迎える絶対的真理のテーマを普
>>続きを読む

長屋紳士録(1947年製作の映画)

3.9

437mark
レビュー499人目


小津の婚活系はちょっと食傷気味なのでやはり子供が主役のやつを。

青木放屁(あおきほうひ)って変わった名前だなー、放つ屁ってねぇ(^^;
笠智衆は若けー(´⊙ω
>>続きを読む

カルメン故郷に帰る(1951年製作の映画)

3.5

436mark
レビュー771人目


日本初のフルカラー映画らしい(当時の言い方だと総天然色映画)ってのと戦後間もない時代にこんな明るい映画が作られたってのに価値があるのかな。
一面の青い空に華やか
>>続きを読む

生れてはみたけれど(1932年製作の映画)

3.9

435mark
レビュー1085人目


小津サイレント。

音声もBGMもないので最初は大丈夫かなー思ったけど字幕が秀逸でトーキー脳内再生よゆーですた(・∀・)♪
当時は生演奏や弁士付きで上映されて
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

4.0

いや、これはどうなの?
バンクシーかっけーすげーとか言ってるけどディズニーの件とかちょっと頂けなくないかい_:(´ཀ`」 ∠):?
誰かの夢を壊してまで自己表現するってのはわたしはやり過ぎかなとも思う
>>続きを読む

時をかける少女(1983年製作の映画)

3.5

非常に申し訳ないんだけど、原田知世が風間俊介にしか見えない_:(´ཀ`」 ∠):


個人的には(さびしんぼうを観た後もあってか)尾美としのりとくっついて欲しかったな(それをしちまったら本末転倒なのは
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.0

ホラー映画なんて一切観ない嫁が面白そうと言っていたので鑑賞…
なるほどゾンビとのラブストーリーなのね。

感想はグロ描写ほぼ皆無、恋愛要素も中途半端で全体的にうすーい感じでした。

変わり種ゾンビ映画
>>続きを読む

さびしんぼう(1985年製作の映画)

4.2

「ひとがひとを恋うるとき、ひとは誰でもさびしんぼうになる」


セピア色に染まる尾道の風景、青春、初恋、フィルム切れのカメラ、自転車、ノスタルジー。
とてもよき(*´∇`*)

学園もの✖️ファンタジ
>>続きを読む

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

3.6

日本の夏、昭和の夏。
下町の雰囲気最高。
自販機で買う缶ビール美味しそう(*´∇`*)


大林監督の作品の中では異色作なのか?
まだそれほど数を観ていないのでなんとも言えんが彼の作品はどれも異色作の
>>続きを読む

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

3.5

警察の事情聴取に男は
「みんなの笑った顔が見たかったから」

面白いかどうかではなく監督、キャストの心意気に拍手。
こうゆう楽しい企画はどんどんやってほしいね(*´∇`*)


どんぐりこちょこちょど
>>続きを読む

老人Z(1991年製作の映画)

3.3

うーん、個人的にはいまいちハマらなかったかな。
80分と短くまとまっていて作画とか結構好きなんだけど。
ヒロインがあんまり魅力的じゃなかったかも。

終始コミカルだけどテーマは結構重い。
先見的で30
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

4.4

スターだけど果てしなくクズな銀ちゃん
うだつのあがらない大部屋俳優の優男ヤス
売れなくなったちょっとメンヘラっぽい元女優で妊婦の小夏
三者三様な三人が織りなす人間模様を映画製作の舞台裏を絡めて描いた日
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.8

遅ればせながら重い腰を上げやっとこさ観ることが出来たよー_:(´ཀ`」 ∠):
初ソダーバーグです。
映画単体として評価するか現状を加味した上で評価するかでスコアも少し違ってくるのだけれど。

皆さん
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.7

一方通行の復讐劇…と思いきや?


衝撃的なラスト!
確かに衝撃的で伏線の張り方も見事!
なんだけど、それだけって感じがしなくもない。

重い話でバイオレンスも多めなので観るの結構しんどいの。

2D
>>続きを読む

透明人間(1933年製作の映画)

3.6

やや!これは普通に面白いぞ!

数ある透明人間映画の元祖。
30年代の映画です本当にどうやって撮ったんでしょう(´⊙ω⊙`)???
透明人間の描写以外の特撮もなかなか頑張ってるし見応えあるかも!

>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

「無あるのみ」
「だったらどうするの?」


ハリーディーンスタントン。

あんまり馴染みのない俳優さんなんだけど、パリテキサスの放浪キャップおじさんの人なのね。
なる程、言われてみればそうだ(ゴッド
>>続きを読む

転校生 -さよなら あなた-(2007年製作の映画)

4.5

「君の為なら僕は死ねる☆」

82年版は未鑑賞。

転校先の中学校で幼なじみの一美と再会した一夫。2人は思い出の場所である水場を訪れるが、誤って水の中に転落してしまい……。

ひょんなことからお互いの
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

4.2

登場人物もれなく全員怪物_:(´ཀ`」 ∠):

これは素晴らしいいいい。
タイトルに騙されてはいけないいいいい。
基本胸糞悪いんで万人にはオススメできませんが人間ホラーの傑作。
台湾恐るべしジャパニ
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.6

「狂気ってのは重力だ」


これはもっと早く観ておくべきだった。
てゆうかビギンズから観るべきだった_:(´ཀ`」 ∠):

バットマンとジョーカー
どっちが正しいのかってのは実は一概には言えなくて、
>>続きを読む

大学は出たけれど(1929年製作の映画)

3.5

小津初期作品。
残念ながら全編は観れないんだけど後の小津作品の原型として読み取れる部分がちらほら。

就職難、サンデー毎日。
プライドは役に立たないとゆうこと、でしょうか。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.7

爽やかな宣伝ポスターに感動系だと勘違いしてしまう方も多いのでは?
とんでもない、胸糞。

ホロコーストの映画って沢山あると思うけどこんなに救いのない映画はない。

少年2人の交友の描写が少なく親友と呼
>>続きを読む

都会のアリス(1973年製作の映画)

3.6

ヴィムヴェンダースの代名詞とも言えるロードムービーの最初の一作。
パリテキサスの原型と言ったところかしら。

アリスは小生意気だが、発する言葉が妙に鋭く哲学的、見た目の可愛らしさも相まって彼女がいるだ
>>続きを読む

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.7

アメリカンニューシネマ。

とか言いつつアメリカンニューシネマの定義ってなんだろう、誰か映画通の人おせーて!(´⊙ω⊙`)

1930年代アメリカに実在した銀行強盗、殺人を繰り返したボニーとクライドの
>>続きを読む

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

3.8

現代に生きる吸血鬼。
独特なオフビート感と気怠さを孕むどこをどう切り取ってもジムジャームッシュ作品なんだけど、さてどこが素晴らしいかと具体的に問われるとイマイチ魅力を伝えきれないので彼の作品のレビュー
>>続きを読む

忌野清志郎 ナニワサリバンショー 〜感度サイコー!!!〜(2011年製作の映画)

3.9

大阪べいべー!

ミニドラマ+ライブ映像。

忌野清志郎、RCの熱心なファンではないのだけれどそれでも面白いし熱くなる素晴らしい記念作品。
ゲストが豪華でほんとに楽しそう、この雰囲気は清志郎の人間性が
>>続きを読む

>|