もももげ子さんの映画レビュー・感想・評価

もももげ子

もももげ子

基本的に邦画・単館系好き。

むかーし観てレビュー書いてたやつもここへ移行してみたが…
昔はほんと暗いのが好きだったのねw
文章も夜中に書いてるし痛々しいけど戒めでそのまま残すことにする。

映画(189)
ドラマ(0)

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

3.7

爽やかな風が吹く。
初めて観たのはいつだったか?
もうこんな真っ直ぐな気持ちは失ってしまった!!(笑)
ドーラおばさまを見習わにゃ!

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.6

なんか、観賞する度に印象が変わり気づきがもたらされる映画。
ふしぎ。
いまだにすべてを言語化出来ない···

サヨナラ COLOR(2004年製作の映画)

3.9

センチメンタル。
原田知世天使!

映画をいちばん観まくっていた時期。

CUT(2011年製作の映画)

3.6

痛かった···
こんな表現方法があるのか、と。

ただの暴力で終わる映画だったならば、ここまで内容を鮮明に覚えて無かっただろう。

@東京フィルメックス(舞台挨拶)

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

5.0

らん、らんらららららん

何度でも観たい。
幼少期に観て意味もわからず涙出た。

ベロニカは死ぬことにした(2005年製作の映画)

3.2

何だろう?ナゼだか違和感が残る作品だったように思う。
まぁ伝えたい趣旨はわかるけども、ナゼそういう表現??
と、アタマが「?」になったり。
あ~やっぱりそうか。
と、予想どおりの展開だったり。
>>続きを読む

空中庭園(2005年製作の映画)

3.4

すごく雰囲気のあるふわふわした映画でした。

キョンキョンの演技にゃ脱帽!
でもそれ以上に、板尾!
もし板尾が居なかったら、怖い雰囲気の映画でしか無かっただっただろう。 すげーや、板尾!
>>続きを読む

初恋(2006年製作の映画)

4.0

空気感が素晴らしい。
宮崎あおいが素晴らしくカワイイ。

いつの時代も変わらないんだな。
権力(オトナ)に負けじと、もがく若者たち。
恋のせつなさ。
楽しいことも、辛い事も、
ぜーんぶ抱え
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

1.0

ジブリの名を語って欲しくない作品。

語らずして人の心を打つ"表現力"が全く無い。
語りすぎ。(ゲンナリ)
画も、つなぎ方も雑。
アレ、さっきまで手つないでたじゃんね?
その走り方って
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

5.0

表現の仕方が素敵♪
心情の描き方も素敵♪

爽やかな風を感じられるような疾走。
懐かしくて、切なくて、キュンとして
なんだか涙が出た。

2006年08月29日 22:02

ホテル ビーナス(2004年製作の映画)

4.8

独特の表現方法
時間の流れ
リズム感
豊かな心情表現
ココロに響く素敵なコトバ

色んなものを抱えてるからこそ
優しくなる
弱くもなる
自分次第で強くもなれる

ヒトの人生ってキラ
>>続きを読む

ヴァイブレータ(2003年製作の映画)

4.8

すっごい共感した!

自分以外のヒトに愛してもらえるってこと
大切に扱ってもらえることで
やっと自分を大切に思えるようになる。

自分を偽らず
自分らしく
衝動的に
正直に
生きていい
>>続きを読む

69 sixty nine(2004年製作の映画)

3.0

オバカで笑える!
気分爽快!!
セイシュンだなー☆

2006年10月13日 01:40

カスタムメイド 10.30(2005年製作の映画)

2.5

ウハハ!バカですな。
踊る民生が観れるのがレア?!
鼻血なカエラもレア??!

2006年10月13日 01:47

アイデン&ティティ(2003年製作の映画)

4.0

私が共感するくらいだから、
世のバンドマンや音楽関係者が『ウンウン』とうなづきたくなるシーンはもーっとあるんだろな。
チョコット売れただけじゃぁ喰って行けぬのよね。
なんで日本は芸術とか音楽
>>続きを読む

東京ゾンビ(2005年製作の映画)

5.0

バカだねぇ~!!
笑えた!
ほんわかした気持ちにもなった♪

死とか軽~く描いてたり、
おっかないゾンビのシーンも、軽快なBGMで緩和されとるし、
哀川翔はハゲなのにカッコイイし、
>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

3.4

素敵♪
セイシュンだね☆
コレを観ると、蒼井優に恋しちゃうね!

2006年11月01日 22:54

春眠り世田谷(2001年製作の映画)

2.2

ダメ男な大森南朋も絶妙で良かった。

まー人間、自分の殻にこもって色んなことを考える時間も必要よ。
何歳になってもやり直しはきくもんだし。
でも、それでも自分を見失ってはダメね。

2006年1
>>続きを読む

さよならみどりちゃん(2004年製作の映画)

3.4

あー、こういう男性に惹かれるのってすごくよくわかる。

"自分自身"が溶けて無くなってしまうような
ふわふわした
非現実的な恋じゃダメなのだ。
リアルな恋愛をしないとネ!

2006年11月0
>>続きを読む

武士の一分(いちぶん)(2006年製作の映画)

3.0

ムダに長い。。。
でも、山田監督らしい表現が光ってたと思う。
題名に惑わされ、重い映画と思って観に行くと愕然とするだろう。
気 を つ け ろ !!!
さらっと楽しむ映画だ。

桃井最高♪(
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

3.5

にんげんは儚いなぁ

ゆらゆら

ふわふわ

記憶を作り変える。
嘘をつく。
疑う。
欲望のままに生きる。
大事なものの大事さは、後で気づく。
改心する。
…また忘れる。

でも、
>>続きを読む

アンフェア the movie(2007年製作の映画)

2.4

2時間じゃ~足りない内容だと思った。
もっと丁寧に、1クールのドラマでやって欲しかったなぁ。
勿体無い。。。(T_T

濡れた白シャツの篠原涼子がステキだった!(笑

2007年04月12日
>>続きを読む

好きだ、(2005年製作の映画)

4.8

ひとがココロを通わせる上で、
コトバってそんなに必要無いんだな。
コトバに出来ないモノたちを見事に映像にしてるトコが凄い。
ココロがあらわれる映画です。

でも、
やっぱりコトバは大切
>>続きを読む

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

5.0

観たらスッキリ!
レイトショーで観たんだけど、その日仕事したこと忘れた!

ちょっとしたサクセスストーリーだ。
自分も何でも出来る気がした☆
パワーが湧いた☆
夢はかなえるモンだ!

>>続きを読む

やわらかい生活(2005年製作の映画)

3.4

あー
すごいよくわかる!
こんな生活したくなる!
(今まさにしてるんだけども…)

自分らしさって何だろか?
最後にようやく人間らしく泣けた主人公が印象的。

ヒトの生活って、100になっ
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.6

サワヤカ系☆
純粋におもしろかった。

本広監督と瑛太がスキで観たんだけど、
個人的にはテンポがもうちょい軽快であって欲しかったかなぁー。
真木ようこはやっぱり素敵!

2007年10月01日
>>続きを読む

>|