miyazakssさんの映画レビュー・感想・評価

miyazakss

miyazakss

映画(26)
ドラマ(3)

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

4.0

キャスト、サントラ、スピード感あるストーリーで全部揃っていると思う。

ジェシー・アイゼンバーグのnerdなマシンガントークとアーロン・ソーキンの脚本の相性がぴったり。

マネーボール(2011年製作の映画)

3.7

野球に興味ないけど楽しめる作品。

アーロン・ソーキンの脚本は、NERDなキャラクターと相性が良い。

データを楽しむって大事!

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.3

観ると必ずパリに行きたくなる映画。

パリっ子のeffortlessで気張らないシックさの横ではパリのアメリカ人観光客の野暮ったさが際立つよね。

マリオン・コティヤール、レア・セドゥも好き。

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.7

私の中でロビン・ウィリアムズと言ったらこれ。

冒頭の小鳥のアニメーションや、特殊メイクでおばさんに変身モンタージュなどとにかくロビン・ウィリアムズらしさ満載の名シーンばかり。

子供の時に観た記憶で
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.6

とりあえず売れっ子俳優と女優をいれれば良い、な感じがした。
映像は綺麗だけど、ストーリーはありきたりかな。

バーのシーンは「シャイニング」へのオマージュ!

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.8

一人で観るべき映画。

エグい描写もあるけど、地道なリサーチで謎を解いていくストーリーが良い。ルーニー・マーラとダニエル・クレイグのコンビも最高。同じキャストで続編作って欲しい。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.7

普通に観てて面白い。非常事態下に置いても、日本の会議文化の描写に苦笑。

在来線、新幹線爆弾のシーンが笑えた

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.5

日本のアニメは詳しくないけど、映画史において影響力が高い作品というのは観て納得できた。

セブン(1995年製作の映画)

3.8

この作品でデイビッド・フィンチャー監督のファンになった。

暗いけど、好き。

セッション(2014年製作の映画)

4.1

最後の演奏シーンが圧巻。「ブラック・スワン」と似たものを感じさせる、アーティストの情熱と狂気!

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.3

タランティーノ作品の中では一番好きかも。

なによりクリストフ・ヴァルツの演技が最高。序盤の酪農家とのシーンは何度見ても目が離せない緊張感!

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

何回も観てます。淡々と話が進むけど、記者たちが取材を通して事件を紐解いて行くストーリーが好き。
実話ということもあり、「報道」の重要さに気づかされる作品。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.4

ビジュアル要素が大好き。Kとジョイの関係も「her」を思い起こさせた。

しかし、長い。。。。 車を飛ばすシーン等所々もう少しテンポよく進めても良さそうな部分もあり気になった。

ジェレッド・レトのキ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.9

優美なイギリスの宮殿を背景に繰り広げられるブラックコメディが新鮮。
セットや衣装も素晴らしい!

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.5

キム一家が次から次へと裕福なパク一家に潜伏していき、テンポよく進んで行く前半は良かった。

個人的には最後のエンディングは鬱すぎるけど、超就職難と言われる現代韓国の社会や不平等について考えさせられた。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

リバー・フェニックスが光っている作品。スティーブン・キング作品好きだなー

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

歌、ビジュアルどちらも好き。掃除や家事をしながらいつも背景でかける映画。配信で見るとか何故かいつも音声がかなり静か、、

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.7

原作も読んだけど、どちらとも面白かった。一つ残念なのが原作にも登場したアジア系の登場人物が映画ではアジア系俳優が採用されていないこと。Mindy Parkのキャラクターは韓国系アメリカ人のはずなのに完>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.3

長いけど、何度でも観れる。クーパーが子供のビデオメッセージを見て泣く時のマシュー・マコノヒーの演技や、大人になったマーフ演じるジェシカ・チャステインがgood

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.2

ユアン・マクレガーはTrainspottingに続き、赤ちゃんのゴーストに呪われすぎ。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.9

ジャック・ニコルソンの表情が最高。ホテル内の廊下や部屋などの色使いや、音楽等特に印象に残った。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.7

一件SF作品の様で、本質はSF要素ではなく哲学的なところが良かった。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.6

ブレイドランナーのジョイ役で好きだったアナ・デ・アルマス、この作品でも可愛いし良い役だった!