きのこさんの映画レビュー・感想・評価

きのこ

きのこ

昔観た映画も全て記録していってます、感想もたまに書きます。(  ´ω` )b
映画と音楽と猫と小説が幸福。

映画(980)
ドラマ(32)

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

-

いくら
監督やキャストが良くても
ダメなもんはダメだ
わからんわ(笑)

ザ・セル(2000年製作の映画)

3.8

かなり面白かった
ホラーチックで夢に出そう
というか悪夢みたいな映画。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.7

可愛い❤可愛い❤可愛い❤
ぷーさんも他のみんなも大好き

WALK WITH ME マインドフルネスの教え(2017年製作の映画)

2.8

マインドフルネスをもっと知りたくて観たが、あんまりでした
ティックナットハンの良さも出てなかったし
製作者もうちょっと頑張ってくれ、、、。

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

5.0

これはやばい
代理ミュンヒハウゼンは知ってて観たけど
こんな展開になるなんて


なんか絶対あるはずないのに
昔観た記憶があるのは一体。。。

サブマリン(2010年製作の映画)

3.3

面白いのかと思ってたら
なかなか重かった、、、。

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.4

想像以上に楽しかった。
オダギリジョーに渋川さんに
光宗さんて最高過ぎた
池田エライザちゃんも可愛い、、、
そしてオッパイデカい(笑)

Vision(2017年製作の映画)

3.2

感受性の鈍ってしまった人には
理解できない映画

目が見えなくても雲の流れがわかる
感覚

人間の本来ある感覚感性、本能

見えないものと見えるもの

確かなもの不確かなもの。

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.3

独特
不穏な音楽が不穏にしてくれる(笑)
キャストいいわ。
三浦透子いいわぁ
鈴木先生に出てた子なのね。

デザート・フラワー(2009年製作の映画)

4.0

相当デリケートな内容の実話

まだ性器切除を行う割礼が

世界にはあるという事を思い出して

絶望と悲しさと恐怖と痛さが入り交じった感覚になった。

苦しみでしかない

そんな現実を訴えた彼女は偉大だ
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.2

愛を知らなくて受け入れられない人と
愛を捧げたい人


優しい優しい愛が生まれた。


サリーホーキングさんは
女版、エディレッドメインという感じ

とにかく演技が素晴らしい
イーサン・ホークもやっぱ
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.5

震災の事を出してくるのは好きじゃないけど。

それ以外は良かった

阿部寛と天海祐希のコンビ◎

まさか佐藤二朗出てくるとは笑った。

不都合な真実2:放置された地球(2017年製作の映画)

-

いつだって真実は隠される

何を信じればいいのか分からなくなる

だけど地球を壊している事は確かだ。

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.0

モリ最高、庭最高
キャスト陣も庭も虫も音も
とにかく味があり雰囲気が良い。

「生きることが好きなんだ」
素晴らしい言葉。

バチカンで逢いましょう(2012年製作の映画)

3.6

バグダッド・カフェの女優さん!

ほんとに魅力的で大好き

オマ最高!

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

5.0

あまりドキュメントは観ないが、楽しくなれそうなので観た。

素晴らしくオシャレな人生で素敵な夫婦

旦那さんの

「美しい旅の様な人生だった」の言葉に感動した、これぞ「素敵」である。
そんな風には言え
>>続きを読む

スーサイド・ショップ(2012年製作の映画)

2.9

なんというアニメ・・・・。
ミシマって三島由紀夫からとったんだろうなぁ・・・・。
いやはや重い。

天然コケッコー(2007年製作の映画)

3.0

流しながら昼寝でもと思ったけど
夏帆と岡田将生の可愛さにやられて最後まで観てしまった。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

凄い苦しみ。

死を選ぶ方がとんでもないから
踏み絵など踏んでしまえばいいのだ

人間ごときに神の声が聴こえるわけはないのだ

と、とある本で最近読んだ所だったから

凄い考えさせられた。

沈黙は
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.2

濃厚なシーンなのにコミカルになるって凄いな(笑)
面白かった。

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.9

アニメがめちゃくちゃ面白かったから
実写版は、どうなんだ??と
あまり期待してなかったけど
これは良かった、実写版もう観たんだっけ?え?ってなった位に。

佐藤健君はほんとに無感情な役上手すぎる(笑)
>>続きを読む

>|