月さんの映画レビュー・感想・評価

月

映画(133)
ドラマ(1)

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.3

債務者があまりにも情けなさすぎて笑えた。
お前ら犯罪者だろ!って、犯罪者から金借りたんだから腹くくれよと…笑

大島優子のメイクを見てて思ったけど、この当時(わたしが中学生の時)困り眉が流行ってたなあ
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.0

あんまり面白くなかった。
本郷奏多と浜野謙太の演技は良かった

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.5

竹本というキャラクターは、ウシジマくんの中では異色。丑島と何もかも真逆な2人が友達だったのは面白い。
鰐戸三兄弟はイケメン俳優たちを配役したせいで、あまり迫力がなかった笑

身体を売ったらサヨウナラ(2017年製作の映画)

-

主人公が高飛車すぎて、行動ひとつひとつに気持ち悪さがあり不快感が強かった。
はっきり言って意味のわからない映画。難しいとかじゃなくて、素人目から見てもあまりにも表現が稚拙。
途中のAV業界で働く人々の
>>続きを読む

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密(2018年製作の映画)

2.5

シェイプオブウォーター+シザーハンズ的な
主人公はナルニア国物語でお兄ちゃんやった人だ〜

すんごい安っぽかったけど、人魚は可愛かった笑

蟹工船(2009年製作の映画)

-

松田龍平と高良健吾目当てで観た。
原作を読んだことあるから、どうしても比べてしまう。
こちらは労働者の苦しみがさっぱり伝わってこなくて、つまらなさに途中で断念。

震える舌(1980年製作の映画)

3.0

両親が情けなさすぎてイライラしてしまう。一番苦しんでるのはお前らじゃなくて、お前らの大切な娘だろ?😫
それに比べて医療現場の人々の強さ。あと、おばあちゃんに母の愛を感じた。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

1.0

高校生くらいの時は好きだったけど…
改めて観るとびっくりするくらいめっちゃ薄っぺらい…
終始女性にだけ都合のいい展開なのがどうもね。

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

-

全編に渡って流れている、三味線や和の音色が良かった。

定と吉蔵の情交を見つめる女中の目に現れてるけど、男女の性愛というのは、傍から見ればとてつもなく愚かしい。

性依存的な二人の愛は長く続くものでは
>>続きを読む

太陽と月に背いて(1995年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

面白い映画ではないけど、ランボーとヴェルレーヌの関係を描いた映画というだけで価値があるし、ランボーを若く美しいディカプリオが演じているんだから満足感が高かった。
粗野で暴力的で汚くて、それでいて純粋な
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

-

小さい頃からトイ・ストーリーシリーズが大好きだった。だから評価したくない。
ボーのキャラ設定に違和感しか無かった。薄っぺらなフェミニズムだけ身に纏った中身のないキャラになってしまった。
ここ最近見た中
>>続きを読む

プラトニック・セックス(2001年製作の映画)

2.8

これ、もはや飯島愛さんとは関係ない話になってないか??
オダギリジョーがあまりにもイケメン過ぎた、だからこそあのラストは何だよあれ…

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

海が美しい

マウイが何故戻ってくれたのかだけ謎だったけど🤔

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと期待値高すぎたけどまずまず面白く観れた。
登場人物がみんな自己中心的。それでも、なんだかんだあの彼氏はよく頑張って支えてくれてたと思うんだよ…それをあんな仕打ちってあまりにもかわいそう…

イントゥ・ザ・ウッズ(2014年製作の映画)

2.5

まー、怖いもの満たさで観ましたが、たしかに後半は何が言いたいんだかさっぱりわからない😂
豪華出演陣の演技には満足なので、まあいっかって感じ。

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

途中までは怖かったけど、あのラストは納得いかない…。
あれだけ理不尽なことをされまくったんだから思いっきりブチギレてほしかった。笑 妄想だとしてもね。

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

2.4

地方の何もない、つまらない町に生まれて退屈しきってる少女たちには共感したが、普通にこの映画自体もつまらない。

影裏(2020年製作の映画)

3.3

綾野剛と岩手の四季をこの上なく美しく撮ったことに対する点数ということで。

なんでまるでミステリーみたいな宣伝の仕方したんだ?? そこが本当に疑問。
シンプルにヒューマンドラマ、或いはある種のラブスト
>>続きを読む

テラビシアにかける橋(2007年製作の映画)

4.0

アナソフィア・ロブが可愛い、天使。
女の子でも恋に落ちちゃう。

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

-

ディズニー好きだけど、アナ雪はほんとにペラいとしか思えない…ペラッペラで何も中身ない…本当に何がいいのか分からない(ごめんなさい💧)

擁護できる点がちょっとでもあるとすれば、キャラクターデザインの美
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ゴッサム・シティというクソな街の下層に生きるには、誰しもが多少なりとも、世間で言う「悪」に染まらなければならない。最も「悪」に程遠いような気弱な男は、周囲のそれをまるごと吸収して、カリスマとなった。>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.4

好き、むっちゃ好き
雨の日の東京の公園の風景は個人的な思い出も相まってさいこー

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.6

男性というのは初恋をここまでセンチメンタルに引きずってしまうものなのだろうか?
明里の側から見えていた景色は彼のものとはずいぶん違ったと思う。綺麗なものであることに変わりはないけどね。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.2

素直に面白いですね笑
お父さん役のクリストファー・ウォーケンが色っぽかった。

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.8

なるほど…。よく作られてる。下手なホラーよりずっと不気味。
インターネット黎明期にこういう作品が作られたとは。
自分の生まれ年の作品とは思えない。

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.9

過去鑑賞

可愛いけど内容濃い。
毒親(血縁関係はないけど)からの解放と自立ですね。
フリンはテンプレ化された王子様タイプじゃなくて、人間くさくて好きです。

東京暮色(1957年製作の映画)

3.6

たまたまNHK BSでやってたので視聴。

うんまあ、暗い笑 でも嫌いじゃない。
これがわたし初の小津安二郎作品になりました。次はもっと明るい作品を観てみます笑
有馬稲子さん美人。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0

日本の文化遺産レベルと言っていいくらいの大傑作でした!!細部まで恐ろしいほど作り込まれて、無駄がない。
余韻が凄い。
完全に沼にはまったので、原作も買います🔥

ターザン(1999年製作の映画)

4.3

過去鑑賞

親子関係について描いた作品が好きなんですよね
セル画とCGが混ざったこの時代の作画が心地良いし、フィルコリンズの曲も好きです

リトル・マーメイド(1989年製作の映画)

3.7

最近癒やされたすぎてひたすらディズニー再鑑賞の巻

可愛い&可愛い&可愛い
儚い、まさに海の泡のようにふわふわと浮かぶ切なさが残る悲恋の原作から、父と娘の成長物語にアレンジしたディズニーに敬意。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.5

過去鑑賞

子どもの頃はあまりにも優等生すぎる気がしてナウシカに感情移入できなかったけど、少しは歳を重ねて彼女の強さも弱さもわかるようになった。
だからこそ胸を張って言える、わたしはナウシカみたいな女
>>続きを読む

>|