のるのるさんの映画レビュー・感想・評価

のるのる

のるのる

映画(26)
ドラマ(0)

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

貧しい家の男の子が家族の反対もありながらバレエダンサーとなるまでの物語。男の子の純粋な『好き』という気持ちが徐々に周りの人を動かしてゆく見ていて気持ちのいい映画。笑いあり涙あり、そして最後の最後のシー>>続きを読む

愛人 ラマン(1992年製作の映画)

3.7

仏領インドシナで繰り広げられる少女と裕福な青年の恋。恋といっていいのか?難しい判断だけれども。少女が車のウインドウ越しにするキスがとてもエロチックで美しい。物語終盤で流れるショパンの印象が深くて聞く度>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.5

カーチェイスかと思えばそうではない心理戦。ちょっとした事をきっかけに怒った相手がどのように仕返ししてくるか?またそれからどのように逃れようとするか。見ていてハラハラさせられます。古い映画ですが良くでき>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

4.0

脳の記憶を移植させた人間を題材にした映画。人間性を考えさせられる内容となっていると感じた。見ていてい少しせつなくなる場面も。アクション、サスペンス要素、その他バランスよく出来ている。アマプラなら無料だ>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

テンポが良く今までにないタイプの映画の進行の仕方。よく調べる事、疑問を持つ事。見始めから終わりまで気が抜けない映画は久しぶりです。

鬼龍院花子の生涯(1982年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ヤクザの家に養女としてもらわれた役で夏目雅子が出演。本当に美しい。鬼政や他男達との対比が美しさを際立たせている。ヤクザの栄枯盛衰が上手く描かれている。血が繋がらずとも本当の親子の姿が見られる。

グラン・ブルー/オリジナル・バージョン(1988年製作の映画)

4.0

ジャックを海に帰す切なさを見た時号泣しました。淡々と海と人間が描かれているけれどそれが美しくて好きな映画。

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.5

とても悲しくてとても切なくて救いが無い映画。でも愛も描かれている。救われて欲しかったなと思います。

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

4.0

四日間の情事を一生忘れない女性の話。共感する男性は少なそう。メリルストリープ が演じる素朴だけれど美しい女性が好き。

失楽園(1997年製作の映画)

3.0

言わずと知れた不倫の映画。内容は深くは無いしただただ逢瀬を重ねる事が描かれている。けれど最後一緒に死のうとする気持ちは理解できてしまう不思議。

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

決して叶う事のないひとときの恋を美しいローマの街を舞台に描いた名作。オードリーが美しい。

蛇にピアス(2008年製作の映画)

4.0

痛みが生きている実感。とてもわかる。グロいとかエロいとか言われるのはわかるけれど、自分は全然そうは思わなかった。そういうシーンも美しい。

シャイニング(1980年製作の映画)

4.5

怖くて不気味。人が正気を失っていく様子が本当に怖い。よく出来ているホラーだと思います。ジャックニコルソンハマり役。

トパーズ(1991年製作の映画)

4.0

流石村上龍だなと思う作品。異様な世界が美しく表現されている。

永遠の0(2013年製作の映画)

3.8

岡田君がいい俳優になったなと思いました。戦争映画は嫌う人が多いけれど、戦争によって色々な人生があったのだという事がわかります。涙なく見られません。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男(2011年製作の映画)

3.3

戦時下の記録映画みたいな感じです。どうやって犠牲を少なくするかという苦悩は描かれていると思う。

連合艦隊司令長官 山本五十六(1968年製作の映画)

3.5

描き方の是非は別として役所広司は上手いと思った。戦争下でもいい上官はいたのかもしれないなと思える描き方。

男たちの大和/YAMATO(2005年製作の映画)

3.5

内容が正しいか正しく無いかは別として泣ける映画。戦争映画は描き方によってどちらかよりになるものだと思って見たらいいと思う。戦争によって多くの犠牲と多くの苦労をした人達が居る事は分かると思う。

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

5.0

ルパン三世の傑作、何十回見たかわからない。全てのキャラがカッコいいクラリスが可愛い。こんなに愛に溢れたアニメは他に無いと思う。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.5

最初から最後までテンポがよく目を離せない作品。失踪事件の結末に驚愕した記憶が。愛らしきものも描かれているけれどかなり切ない。

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

4.0

レクター博士が食事を提供するということはそういうこと。羊たちの沈黙が好きなら見るべき作品。

ハンニバル(2001年製作の映画)

4.5

レクター博士の手にかけられる捜査官の死に方とラストの機内食が頭から離れない。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

蝶(蛾の模倣と思われる)の姿の殺人現場が美しい。

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

少女と殺し屋の純愛を描いた作品。テンポもよく何度見ても飽きない作品。見た後に切なくなるけれども。

白い家の少女(1976年製作の映画)

3.0

VHFで見た作品。淡々と進む物語のラストに悲しさに似た衝撃を感じました。