柚子さんの映画レビュー・感想・評価

柚子

柚子

2017.7〜
あまりにも世間知らずなので、映画で見聞を広めていこうと思い立ち、鑑賞しています。

最近レビューをためてしまいがち。
20代/女性

映画(163)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

ようやく観ました。

序盤、とてつもないB級ゾンビ映画が始まり、あれよあれよという間にエンドロールになったので
えっ、これで終わり!?
いやあれだけ評判なのだからそんなわけはない…
と一抹の不安を抱え
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.5

前作と違うのは、黒幕や彼らのトリックがある程度分かっている状態でのスタートという点と、巧みなトリックを駆使した完全犯罪から勧善懲悪の映画に変わっていた点。

新キャラも登場しつつフォー・ホースメンの華
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.7

冒頭のトランプを使ったマジックのシーンから引き込まれ、数々のトリックに魅了された。

しかし、個人的には結局そういうオチなの?と少々落胆してしまい、低めの評価を付けようかと思ったところ、これぞミスディ
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.8

優秀が故に周囲から疎まれ、田舎の村に左遷されてしまった警官のニコラス。
一見のどかで平和な村だが、軽犯罪が横行し、挙げ句の果てには連続して起こる不可解な事件全てが「事故」として処理されていた。
穏やか
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.9

さすがにここまでのレベルではないけど、エイミーみたいな人いるよね…。
いついかなる状況においても、絶対に自分が悪者・劣勢にならないような立ち回り方が上手く、頭の回転が異様に速い人。
でも、一見完璧なエ
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.7

子供が犠牲になる痛ましい事件の報道が後を絶たない中での視聴で、色々と思うところがあった。
子供の身に何か起こると、必ずと言っていいほど親は何してたんだ、学校・教員に責任がある、と非難轟々になる。
でも
>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

3.9

二人の関係性は例えようもなく、男同士の友情とかライバル、仲間、どの言葉も陳腐に思えてしまうほど熱くてかっこよかった。

F1のように見ているこっちがヒヤヒヤするスポーツは得意ではなく、二人が実在の選手
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

動画配信されたら観ればいいや〜という世界中の映画好きの方々から叱られそうな怠惰な私が、なんとしてでも劇場で観なきゃ!という使命感に駆られた。
そして映画館で観て良かった!と心から思えた。

フレディ・
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.5

クリスマスっぽさを感じたく、クリスマスに無理やり鑑賞(笑)

クリスマスを目前に失恋した2人の女性が、お互いの家を交換し、全く違う住環境・これまでは出会うこともなかったような人たちの中で心を癒し、笑顔
>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

3.9

聴覚障害を持った両親のもとに生まれ、家族の中で唯一耳の聞こえるポーラは、 類稀なる歌の才能を見込まれ、音楽学校の受験を試みる。
情熱的なポーラの歌声には、限りない可能性が感じられた。

しかし、耳の聞
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.9

脚本・実力派俳優たちのコメディな演技が面白い!
あちこちに張り巡らされた、伏線とも思わないような何気ない出来事や発言が回収されていくのも見応えがあった。
また、広末涼子の透明感のある美しさも際立ってい
>>続きを読む

裸足の季節(2015年製作の映画)

3.7

男尊女卑の古い慣習に縛られ、自由を全て奪われてしまった5人の少女。
怒りを通り越し呆れてしまうような誤った言い伝えや非道な伝統に、イスラム文化の男性優位的な社会構造ってひどいな…と思ったけど、日本も程
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

3.9

ただおじさんたちが共同生活しているだけの映像なのに、どうしてこんなにずっと観ていられるんだろう?

出てくる料理の数々が本当に美味しそう。

大きな起伏もこれといってなく、ただ南極での生活が続くだけ。
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.0

よくある恋愛映画かと思いきや、観ていてどんどん楽しくなっていった。
とても面白かった!

それぞれ問題を抱えた恋愛が、それぞれ充分1つの映画になりそうなのに、運命のいたずらとでも言うべきか困った具合に
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

主演の男の子の顔が美しすぎて見惚れた。

登場人物全員良い人ばかりなのも好印象。

プロヴァンスの休日(2014年製作の映画)

3.7

ゆったり、のんびり、良き映画。

不器用で偏屈なおじいちゃん役のジャン・レノがぴったり。

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

3.5

リンちゃんがべらぼうに可愛い…!
嬉しい、楽しい、好き、というプラスの感情を全身全霊で表現する子って魅力的〜

ネットから始まる恋愛だっていいじゃない。
ついでに国も違ったっていいじゃない。
この上な
>>続きを読む

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

3.8

貴族の一人息子のヤーコブは、大豪邸に暮らし何人もの使用人を抱え経済的に裕福な暮らしを送っている。
しかし、最愛の母が亡くなったことで生きる意味を見失った彼は、自ら命を絶つことを決意。
ひょんなことから
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.5

コメディ映画の主役でジム・キャリーの右に出る者はいないですね。
笑いながらも学び取ることが多くあって本当に良い映画。

消極的でものぐさなカールが怪しげなセミナーに参加し、誓約通り全てに対して「イエス
>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

4.0

男臭くてカッコよかった〜!
世界一かっこいい兄弟喧嘩なのでは?

見れば見るほど兄弟のどちらも、また父親にも感情移入してしまって、どちらかが負けてしまうのは辛い…と思いながら観ていた。

恋愛模様だと
>>続きを読む

星の旅人たち(2010年製作の映画)

3.9

息子の果たせなかった聖地巡礼を、父が息子の足跡を追うように挑戦する。

巡礼する人々の動機はそれぞれで、なかなかにクセのある出会いだけど旅の醍醐味が詰まっていて楽しめる。

アルゴ(2012年製作の映画)

4.1

架空の映画制作をでっち上げて国外脱出を試みるという嘘みたいな本当の話。

終始緊張感が絶えなくて、動悸が止まらなかった。
心臓に悪かったけど、勉強にもなり楽しめた。

映画制作スタッフたちを大使館職員
>>続きを読む

愛しき人生のつくりかた(2015年製作の映画)

3.8

おじいちゃん・おばあちゃん子な(だった)人には目頭が熱くなる映画。

生きていれば誰しもが訪れる死、それに自分が少しずつ近付いていることが分かった時、はたまた家族がその状態の時、さてどうしよう?

>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

4.0

良くある幸せ探し系の映画だけど、テンポも良くて楽しく鑑賞できる。
幸せ探し、自分探しのために旅へ出かけても旅先で見つけられるとは限らないけれど、色々な物を見て触れてインプットし、自分らしくアウトプット
>>続きを読む

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

3.8

冒頭に、フルートベール駅で22歳の黒人男性オスカーが警官に撃たれた実際の映像が流れる。
「あー、そんな事件があったんだ」程度の感想しか残らず、数日経てば忘れてしまうかもしれない。
しかし被害男性が殺害
>>続きを読む

若葉のころ(2015年製作の映画)

3.4

30年の時を越えた2つの恋物語。
淡い色彩の映像といるだけで絵になる若く綺麗な少女・少年たちが美しくて、目がくらむ。
学生時代の恋愛ってどうしてあんなに輝いて見えるの…
二度と取り戻せないからなのかな
>>続きを読む

最高の花婿(2014年製作の映画)

4.0

人種、宗教、歴史、文化というセンシティブなテーマでありながらもこんなにもユーモラスに描けていることにあっぱれ。

敬虔なカトリック教徒のフランス人夫妻が愛情を込めて育てた四姉妹の娘たちが結婚相手に選ん
>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて(2013年製作の映画)

4.0

冒頭の自爆テロのシーンに衝撃を受け、そのまま映画の世界にのめり込まれていった。
あの自爆テロの取材シーンによって、観ている人に対して様々な意見・感想を抱かせるような構成に思えた。
テロをテロリスト側か
>>続きを読む

デザート・フラワー(2009年製作の映画)

4.0

アフリカの遊牧民出身の女性が世界的トップモデルになるシンデレラストーリーだと思って観ていたから、突然のワリスの告白に大きな衝撃を受けた。

ワリスの生まれたソマリアでは今尚女性に対する差別や偏見が酷く
>>続きを読む

Dearダニー 君へのうた(2015年製作の映画)

3.5

HEY ベイビードール♫

ジョン・レノンの名曲の数々と共に展開するストーリー。
そしてダニーからそこはかとなく感じる高田純次みがすごかった。

ロック歌手として成功し、勢いは衰えたものの何不自由ない
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

言わずもがなの大ヒット作で、ずっと気にはなっていたけどミュージカル映画に抵抗があってなかなか観れていなかった。

今となっては先入観を持っていたことを後悔するくらい!
なんて綺麗な映画なんでしょう。
>>続きを読む