チェケさんの映画レビュー・感想・評価

チェケ

チェケ

映画(602)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

続社長繁盛記(1968年製作の映画)

3.0

前編でも書いたけどのり平が抜けたのが痛い。谷啓ではスケベ宴会部長は演じられへん。

社長繁盛記(1968年製作の映画)

3.0

のり平とフランキーが降板した穴が大きすぎるなあ。谷啓も小沢昭一も一流のコメディアンやけどこのシリーズには合ってない。特に小沢はのり平と比べていかがわしすぎ。ピンクコメディっぽくなってしまってる。シリー>>続きを読む

浦島太郎(1918年製作の映画)

3.5

ほのぼのとしていて見ていて楽しい。こういう古いフィルムが散逸しないように管理したり捜索する仕事はロマンがあって面白そう。「人情紙風船」とかマルクス兄弟の「ココナッツ」とか「なまくら刀」のカットされてた>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

2.5

BSでやってた「男はつらいよ フーテンの寅」と間違えて録画した。折角なので一応見たが、寅さんが出てこないので退屈だった。新垣結衣の顔を知らなかったので今回初めて把握した。吉田鋼太郎と中村アンの立場が逆>>続きを読む

塙凹内名刀之巻(なまくら刀)(1917年製作の映画)

3.5

前に見たのは2008年に発掘されたダイジェスト版やったからフルバージョンは初めて見た。何年かに一回くらいのペースで新しい場面が見つかってるしまた長くなるかもしれんけど。100年前とは思えんなめらかな動>>続きを読む

オクトパス(2000年製作の映画)

1.0

アンタッチャブルとかポセイドン・アドベンチャーとかアルマゲドンとかどっかで見たようなシーンの寄せ集めやな。銃を撃てない主人公がダイ・ハード的にそれを克服するんかと思いきや最後の最後まで撃てないままで敵>>続きを読む

続社長千一夜(1967年製作の映画)

3.0

前編がソフト化されているのに後編だけ未ソフト化という謎。まあソフト化するほど面白い作品ではないけど。のり平、フランキーが今作をもってシリーズ降板というのが寂しい。

社長千一夜(1967年製作の映画)

3.0

マンネリ打破のために投入されたであろう黒澤年男、残念ながら彼が絡むギャグシーンがことごとくつまらない。森繁、のり平らオッサンのやりとりが魅力のこのシリーズに若手を投入したのが間違い。大年増の芸者の迫力>>続きを読む

近松物語(1954年製作の映画)

4.0

茂兵衛とおさんは破滅の中にも救いがあるし大経師以春と助右衛門は自業自得やから良いとして、お玉と茂兵衛父が気の毒すぎやろ。小沢栄太郎が長谷川一夫より年下というのがどうにも信じられん。

ザスーラ(2005年製作の映画)

4.0

公開から10年以上ずっと「ザ・スーラ」やと思ってた。この前カンテレ深夜枠で初めて見て「ザスーラ」やと知った。この頃のクリスティン・スチュアートはとても良い。吹き替ええげつないくらいひどかったけど。あれ>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.5

前に見たのがアコムがまだレンタルビデオ事業やってる頃やから相当昔やのにまだ鮮明にほとんどの場面覚えとったのは如何に幼心にこの映画がインパクト焼き付けたかということやな。大阪には冷凍餃子で「ほぼ物体X」>>続きを読む

続社長行状記(1966年製作の映画)

3.0

後編はストーリーにあまり起伏がないから前編の方が面白い。

黄金のランデブー(1977年製作の映画)

3.5

役者豪華やしそれなりに面白いけど全体的に説明不足すぎやろ。なんで一介の航海士があんな強いねん。ほんであの陸奥宗光みたいなジジイは結局何者やねん。プレストンをめっちゃ犯人扱いしたことへの謝罪もなしかい。

社長行状記(1966年製作の映画)

3.5

社長シリーズの中でもストーリーが面白い部類。

にっぽん泥棒物語(1965年製作の映画)

4.0

中盤までは笑わせてくれる。ラストの演説はホロリ。伊藤雄之助顔怖い。さすが山本薩夫。

続社長忍法帖(1965年製作の映画)

4.0

いつもと同じメンツでいつもと同じことやってるだけやけど今回は終盤の展開がいつもより人情味たっぷりで好き。いつも役立たずののり平がシリーズ屈指の大活躍を見せるのもいい。森繁がブチギレて小林桂樹を庇うシー>>続きを読む

鬼ママを殺せ(1987年製作の映画)

3.5

鬼ママはグーニーズの海賊ババアの人か。クソババアすぎるやろ。アカデミー助演女優賞ノミネートは当然。むしろ受賞出来てないのがおかしいやろ。これ受賞してたら89年の助演男優賞が「アンタッチャブル」のショー>>続きを読む

スモール・ソルジャーズ(1998年製作の映画)

4.0

小学生の頃死ぬほどこれの録画見たな。バービー人形が気持ち悪すぎる。

アナコンダvs. 殺人クロコダイル(2015年製作の映画)

2.0

デルタクラブのクソ女のキャラクターの秀逸さと何の必要性もない義手ジジイの奇跡の生還に免じて2点。深夜の地上波で見たけど、最後に出た「来週は『SEXテープ』をお送りします」のテロップが一番面白かった。

灰とダイヤモンド(1957年製作の映画)

4.0

踊る連中の醜悪さが秀逸。シチューカ側の描写をもっと増やしてほしかった。

太陽の塔(2018年製作の映画)

1.0

これはひどい。岡本太郎を知る人々の証言から太郎の人間像を明らかにしていくドキュメンタリーかと思っていたら、証言者の大半が生前の太郎と何のかかわりもなく、勝手な持論や憶測を語っているだけだった。酷いもの>>続きを読む

社長忍法帖(1965年製作の映画)

3.0

のり平の宴会芸シーンがないのが残念。あれがこのシリーズの存在価値の大半を占めとるのに。ラストシーンの小熊がめっちゃかわいい。

森繁のデマカセ紳士(1955年製作の映画)

4.0

割と面白いのに一人もレビューしてない。江畑絢子ってどっかで聞いたことあると思ったら丹波哲郎の愛人か。歌に声色にインチキ外国語にと森繁の芸達者ぶりが際立ってる。一の谷博士以外での江川宇礼雄はじめて見た気>>続きを読む

映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年(2015年製作の映画)

3.0

不定期連載になってからのちびまる子のつまらなさは尋常じゃない。末期に描かれたこれもおもんない。「大野君と杉山君」とか「わたしの好きな歌」のころのキレキレのギャグと感動の塩梅は失われた。OPにヒロシの親>>続きを読む

ホラー・エクスプレス/ゾンビ特急地獄行(1972年製作の映画)

4.0

唐突に乱入してきて主人公たちも突き止められなかった真犯人を唐突に見つけて唐突に死んで唐突にゾンビ化するテリー・サバラスが面白すぎる。脳みそをツンツンして「赤ちゃんのお尻みたいにツルツル」とか評するくだ>>続きを読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

3.0

なんか主人公兄弟が上手く言葉に言い表せないがどことなく不快だった。

続社長外遊記(1963年製作の映画)

3.5

前編見たのがあまりにも前すぎてもうストーリー忘れとった。森繁の土下座懇願のところの長回しがさすがの名演技で本作で一番面白い。一時間に一周回転するハワイのレストラン、中のシーンで異常に速く回転してて笑っ>>続きを読む

コクーン2 遥かなる地球(1988年製作の映画)

4.0

前作より面白い。2作目なのでかったるい設定説明なしに話が進んでくれるのがありがたかった。老人連中も前作では腹立つほど身勝手やったけど今回は他人のことを考えられるちゃんとした人間になってた。ベテラン俳優>>続きを読む

ハレンチ学園(1970年製作の映画)

5.0

永井豪のサイン会で永井豪本人から「あなたはパラソルの格好が似合いそうですね」と言われたので久々に観た。永井豪自身は出来が不満だったらしいがめちゃくちゃ面白いと思う。おひょいのヒゲゴジラははまりすぎ。変>>続きを読む

江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969年製作の映画)

4.0

この映画自体は好きだけど、最後の「おかーさーん」とかであえて声出して笑うことで「この映画の面白さが分かるオレ」をアピールする斜に構えた「映画秘宝」的な連中は大嫌い。せっかく暗黒舞踏の土方巽を起用してる>>続きを読む

プテラノドン(2005年製作の映画)

2.0

何年か前の深夜に地上波でやってた。純粋につまらんかった。巣に攫われてずっとついばまれてる兄ちゃんが全然死なへんのだけはちょっと面白かった記憶がある。

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

ホットショットを先に観るという痛恨のミスをした記憶がある。キスシーンやたらと生々しいな。

黄門と弥次喜多 からす組異変(1951年製作の映画)

3.5

誰もレビューしとらんやないか。出演者クレジットで「キドシン」「エンタツ」と略称で表記されてたのが新鮮だった。水戸黄門の身元を証明するのが映画配給元というメタギャグが面白かった。折角ロッパを起用したのに>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

4.5

最終的にトニーとめっちゃ和解してるのがいい。依頼主殺した後に依頼続行するのがよく分からん。もうちょっと息子との交流を描いてもよかったんちゃうか。

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

5.0

久々に全編見てその後ネットニュース開いたらアレサ・フランクリンの訃報が。歌唱者はダン・エイクロイド以外みんな故人になってしまったか。それにしてもスクリーンにキャブ・キャロウェイを引っ張りだしたのは不滅>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

5.0

ストーリーしょうもないしご都合主義やしどいつもこいつもどう見ても高校生じゃないしダンス別にそこまで上手くないけど楽しい映画なので万事OK。美容学校落第の歌のくだりは突然モンティ・パイソン風味。

>|