映画泥棒V2さんの映画レビュー・感想・評価

映画泥棒V2

映画泥棒V2

映画(472)
ドラマ(4)
アニメ(0)

バイオレンスアクション(2022年製作の映画)

3.4

試写会鑑賞。

普段はゆるふわピンクボブ女子のケイだが、バイト先は殺し屋。
そんなキュートで狂気なヒロインを橋本環奈が好演!

360度グリーンバック撮影アクションって凄いな。
ほぼ無敵のみちたかくん
>>続きを読む

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー(2021年製作の映画)

4.2

オンライン試写会鑑賞。

記憶喪失から、自分をヒーローと勘違い!

色んな作品から、少しずつオマージュ&パロディに突き飛んだ作品。

バットマンから、アベンジャーズとそんな横断もあり?
まさかのコメデ
>>続きを読む

ゆるキャン△(2022年製作の映画)

4.0

社会人になったメンバーがキャンプ場を作る為に集結することに。

大人版を描くことに違和感あるかなと思ったが、雰囲気は変わらず。
(癒されアニメとしてアニメ版も鑑賞済みたが、映画版だけ観ても楽しめそう)
>>続きを読む

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

3.8

黒電話が死者を繋げる。

ホラー、サスペンス、ヒューマンと要素が上手く調和されていた。
その一方、ホラーだと思って鑑賞したので、若干面喰ってしまたのだが。
(ホラーアピールが強いが、そちら方面で期待し
>>続きを読む

アルピニスト(2021年製作の映画)

3.8

試写会鑑賞。

地位や名誉に目もくれず楽しそうに登る、マーク・アンドレ・ルクレール。
危険でピュアな孤高のクライマーに迫るドキュメンタリー。

『フリーソロ』のアレックス・オノルドにもクレイジーと呼ば
>>続きを読む

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

3.9

子どもを捨てた母と子供を売る男たち。
そんな彼らが養父母を探す旅に出る。
穏やかなロードムービーになっており、犯罪性が薄まっているような?

彼らの抱える事情に寄り添いながら、家族以上の深い絆を描く
>>続きを読む

キャメラを止めるな!(2022年製作の映画)

4.0

試写会鑑賞。

フランスリメイク版だが、日本版オリジナルへの愛が溢れていた。
ここまで近づけたリメイクものは珍しいのでは?

この作品がカンヌ映画祭のオープニングを飾った意味についても深く共感できた。
>>続きを読む

ボイリング・ポイント/沸騰(2021年製作の映画)

3.5

オンライン試写会鑑賞。

レストランの裏側を覗いている気分になる本作。

様々な要因が重なり、トラブルの連続でヒートアップしていく、シェフやスタッフ達。

高ストレスを感じる、リアルな職場を描いている
>>続きを読む

あなたの顔の前に(2020年製作の映画)

3.6

オンライン試写会鑑賞。

サンオクの目覚めから、翌朝までの1日を切り取った作品。

久しぶりに帰国した姉だったが、表情は晴れない。
一体彼女に何があったのか分からないまま、1日が始まっていく。

妹の
>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

4.1

試写会鑑賞。

ホラーとエログロは紙一重。
一周回って、思わず笑ってしまう事間違いなし。

突っ込まずにはいられない、パンイチや裸の男たち。

のどかな農場に、殺人鬼の老夫婦と男女6人。
彼らの運命は
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

4.0

オンライン試写会鑑賞。

新しいことに目移りしてしまう、人生が定まっていない。
30歳女性が恋愛を通じて、自分探しに翻弄されていく。

ストップした映像のシーンが美しい。

出会うタイミング、人生の脇
>>続きを読む

PLAN 75(2022年製作の映画)

3.9

オンライン試写会鑑賞。
観ていて、胸が締め付けられる気持ちになった。

「PLAN75」という奇抜な制度を淡々と受け入れていく人たち。
孤独と救いのない世界になった時、逃げ場のようにすがっていく制度か
>>続きを読む

ニューオーダー(2020年製作の映画)

3.8

をオンライン試写会鑑賞。

結婚式が惨劇の事態に。まさに天国から地獄。

貧富の格差という身近な問題だからこそ、遠い未来ではなく、近い現実なのかもしれない。

コロナで激変した世界だからこそ、この映画
>>続きを読む

私だけ聴こえる(2022年製作の映画)

4.1

オンライン試写会鑑賞。

コーダを別の種族と言うように、聴者でもろう者でもない所にいる存在なのだなぁ。
『コーダあいのうた』を観ていたので、今回のドキュメンタリー作品にも同様の悩みがあることへの理解が
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.9

スピーディーかつ凝縮された2時間であった。

「シン・ゴジラ」が日本VSゴジラと言う図式でレアリティを追求した作品だとすれば、本作は日本&ヒーローVS禍威獣&外星人という、空想特撮を描いた作品。
似て
>>続きを読む

ハケンアニメ!(2022年製作の映画)

4.2

試写会鑑賞。

劇中に登場するアニメ2作品がとにかく凄い。
完成度が高く面白そうなので、放送してくれないかな?

アニメに関わる全ての熱量が高く、働いている人全てに観て欲しい作品。人を動かすには何が大
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

4.1

自分は幸せか否か?
幸福論を説くかのような映画だった。

夢=マルチバースというのも不思議な感覚。
幸せな夢や悪夢。
ストレンジとワンダを対比させているようだ。

ダークホールドのドリーム・ウォークを
>>続きを読む

ホリック xxxHOLiC(2022年製作の映画)

3.4

対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれるお店。
その女主人、壱原侑子を演じた柴咲コウの衣装(毎回違う?)が妖艶かつ雅だ。

蜷川作品ならではの色彩豊かな映像が美しい。
それぞれ演じたキャラクターの配役
>>続きを読む

マイスモールランド(2022年製作の映画)

3.8

オンライン試写会鑑賞。

在留資格がなくなり、いつもの日常が失われていく
県外に出てはいけない、働いてはいけない。

難民認定のハードルの厳しさを感じた。
知識として知らない事ばかりだったので、難民に
>>続きを読む

オードリー・ヘプバーン(2020年製作の映画)

3.9

試写会鑑賞。

父親に愛をもらえなかった。
だからこそ、無制限に愛を与えるオードリー。

そんな彼女のルーツに迫りながら、バレリーナ、女優、母、ユニセフ国際親善大使と様々な顔を見せてくれる。

銀幕世
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

4.3

試写会鑑賞。

冒頭の雨のブランコのシーンの綺麗さで、これはそういう事ではないのだと思った。
世間の目から見れば、犯罪行為だとしても。
その時の更紗には、寄り添ってくれる文が必要だったのだ。

印象的
>>続きを読む

恋は光(2022年製作の映画)

4.3

試写会鑑賞。

男1人に女3人のハーレム恋愛活劇というよりは、恋愛を哲学する文科系映画。

小林啓一監督の言うように、ドラクエⅤが頭に浮かぶ。
ビアンカ、フローラ、デボラ的ポジションだなぁと。

>>続きを読む

インフル病みのペトロフ家(2021年製作の映画)

3.5

オンライン試写会鑑賞。

インフルにかかったペトロフの夢と妄想が入り混じった世界。
国も人も病んでいるのを描きたかったのか?

前半の現代パートと後半の過去パートで全く毛色の違う作品になっているのが凄
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

4.1

オンライン試写会鑑賞。

人の懐に入り込むのが上手く、殺人犯と言われても誰も信じる人はいない。そんなシリアルキラーを演じた、阿部サダヲがぞっとする程怖かった。

日常を大事にし、丁寧に暮らしながら、拷
>>続きを読む

ツユクサ(2022年製作の映画)

3.8

オンライン試写会鑑賞。

運転している車に隕石がぶつかった芙美。

それを大ごとに描くのではなく、ちょっとした出来事として描いている。
すご~く穏やかな日常の一部なのだ。
親友やその子供との日常も、と
>>続きを読む

マイ・ニューヨーク・ダイアリー(2020年製作の映画)

4.0

試写会鑑賞。

マーガレット・クアリー演じるジョアンナの煙草をくゆらせる姿、特に窓際に腰掛ける姿がカッコいい!

仕事も恋もどこか流されるままに過ごしてしまう人達に響く作品。
自分の足で踏み出して、決
>>続きを読む

アンラッキー・セックス またはイカれたポルノ(2021年製作の映画)

4.0

オンライン試写会鑑賞。

冒頭から、卑猥なショット。だが映画そのものは、知的な作品。

一見関係のないパート2は、ジョークにとんだ言葉遊びの世界が広がる。
3つのパート構成やあのエンドと異彩を放つ映画
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

4.1

あれ?ニュートではなく、ダンブルドアが主人公なのでは?と思ってしまった本作。
サブタイトルが大きかったのは、そういうことかと納得。

ダンブルドアとグリンデルバルドとの誓い、クリーデンスは誰の子なのか
>>続きを読む

ハッチング―孵化―(2022年製作の映画)

4.2

オンライン試写会鑑賞。

冒頭から不気味な展開を予感させる、北欧ホラー。

幸せの中に潜む、抑圧した負の感情。
誰しも持っている感情だから、普遍的な恐怖を感じてしまう。

そして卵から生まれたものとは
>>続きを読む

映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ(2022年製作の映画)

3.5

TVアニメ版を全話鑑賞済み。

取材班が登場物たちに聞き取り調査をする形で物語は進んでいく。

総集編+新規カットを少し入れている構成。
かなり端折っているので、映画だけだと良さが伝わらないかな。
(
>>続きを読む

スピリットウォーカー(2020年製作の映画)

4.0

12時間ごとに違う人間に入れ替わっていく。
失った記憶と真相を解明していく、韓国発SFミステリー。

このアイディアだけでも相当面白い。

そこに一人で複数役を演じているユン・ゲサンの凄さ、体が入れ替
>>続きを読む

親愛なる同志たちへ(2020年製作の映画)

3.9

オンライン試写会鑑賞。

銃撃によって出来たアスファルトの血のり。
汚れが落とせないなら、上からアスファルトを引き直せと言う。
モノクロ映像だと、血の色が無色だからこそ、頭の中で想像してしまう。

>>続きを読む

キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性(2012年製作の映画)

3.8

オンライン試写会鑑賞。

キャスティングという重要な仕事が低く見られていた時代(アカデミー賞に今もその席はないので、現在も続いているというのが正しいのかも)。

そんな苦境の中、マリオン・ドハティが新
>>続きを読む

やがて海へと届く(2022年製作の映画)

3.5

試写会鑑賞。

身近な人を失う悲しみ。
結局、人の心は誰でも見ることが出来ないのだなぁ。

岸井ゆきのと浜辺美波という意外な組み合わせだったが、2人の友情を育む過程が微笑ましい!
どうやったらすぐ人と
>>続きを読む

ヴォイジャー(2021年製作の映画)

3.6

オンライン試写会鑑賞。

抑圧する薬を飲まなかったら、人はどうなるのか?

宇宙船内という閉ざされた空間に30人の子供を投げ込んだ実験映画のよう。
快楽を求め人の本性が露になったり、暴力に支配されたり
>>続きを読む

ニトラム/NITRAM(2021年製作の映画)

4.2

オンライン試写会鑑賞。

ポート・アーサー事件が起こるまでを描いた本作。

ニトラムと両親との関係、一風変わったヘレンとの出会い。何か一つでも良い状況に好転すれば、この悲劇は起きなかったのではないか。
>>続きを読む

>|