映画泥棒V2さんの映画レビュー・感想・評価

映画泥棒V2

映画泥棒V2

映画(499)
ドラマ(4)
アニメ(0)

デュアル(2022年製作の映画)

3.5

オンライン試写会鑑賞。

恋人とも母親とも上手くいっていないサラが突如病に。
その為、クローンを作るのだが…。

狙っているか分からないが、意外とシュールな世界観。
あの微妙な訓練も(笑)。

SF感
>>続きを読む

スペンサー ダイアナの決意(2021年製作の映画)

3.2

試写会鑑賞。

クリスマスの三日間、女王にならず一人の女性になることを選択した物語。

序盤から、精神的に追い込まれているダイアナの姿が痛々しい。
外でも内でも監視され続け、限界の一歩手前。

演じた
>>続きを読む

雨を告げる漂流団地(2022年製作の映画)

2.8

Netflix鑑賞。

取り壊しが決まった団地(子供たち)はどこへいったのか。
サバイバル漂流もの。

想い出に引きこもってしまわず、前を向いていくことは大事だよな。

仲間同士で揉めるシーンの繰り返
>>続きを読む

渇きと偽り(2020年製作の映画)

4.3

オンライン試写会鑑賞。

干ばつが続く田舎街で起こった一家殺人事件。
過去に起こったエリーの死と関係があるのか。
2つの事件を推理する楽しみがある、極上のクライムサスペンスであった。

渇ききった土地
>>続きを読む

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.6

9年振りに復活したガリレオシリーズ映画第3弾。
どちらかと言えば、ガリレオらしさは少な目か。
科学的なアプローチが爽快なのだが。

湯川・内海・草薙のタッグでなくトリプルな関係性にホッとする。
特に草
>>続きを読む

ザ・ディープ・ハウス(2021年製作の映画)

3.5

試写会鑑賞。

「屋敷女」と全く違うホラーの二本立て上映という、プレミア試写会に参加!

YouTuber カップルがバズり目的で、湖の底に沈む廃墟ツアーを敢行する。

意外となかった水中(酸欠)×
>>続きを読む

秘密の森の、その向こう(2021年製作の映画)

4.3

オンライン試写会鑑賞。
8歳のネリーが自分と同い年の母親と森の中で出会う、タイムスリップ的なSF。
ただSF感はほぼなく、日常そのもの。

不思議でハートフルな73分だった。
童話のような世界観であり
>>続きを読む

よだかの片想い(2022年製作の映画)

3.9

試写会鑑賞。
顔にアザがあるアイコ。
映画監督の飛坂と出会い、2人は関係を深め、そして自身のアザにも向き合っていく。

全てをさらけ出す必要はない。
人間は裸で生きているんじゃないという言葉。
隠すこ
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

4.0

オンライン試写会鑑賞。

ブラック広告代理店で1週間が何度も繰り返される!?
サラリーマン×タイムリープもの。

『ハッピー・デス・デイ』ちらっと出てた!!
つい、このタイムリープのジャンルは好きなの
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.2

伊坂幸太郎原作。

コミカルで軽妙なタッチで描かれる、殺し屋たちのバトルロイヤル。
京都にたどり着くのは、一体誰なのか。

強烈な個性を持つ殺し屋にまだ死なないでくれと叫びたくなってしまう。

日本な
>>続きを読む

人質 韓国トップスター誘拐事件(2021年製作の映画)

3.6

オンライン試写会鑑賞。

ファン・ジョンミンがファン・ジョンミン役で熱演!

誘拐犯との攻防が手に汗握る。
俳優だからこそ、演技だったり、経験を武器にするところもいい。

企画モノと侮ることなかれ。
>>続きを読む

あの娘は知らない(2022年製作の映画)

2.9

オンライン試写会鑑賞。

夏の終わり、小さな海辺の町。
今の時期にぴったりで、映像美に酔いしれる作品。

奈々と俊太郎、共に喪失感を抱えた2人だからこそ、分かち合えたんだろうな。その一方で、「誰とも分
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.0

傲慢な人間、見世物の恐怖という田舎町で起こるSF(ホラー色弱め)。

チンパンジー事件のように、急に立場が逆転する恐怖ってあるよなぁ。社会風刺もところどころに出ている。

例の物体がエヴァの使徒をモチ
>>続きを読む

3つの鍵(2021年製作の映画)

3.8

オンライン試写会鑑賞。

車がマンションに突っ込むという衝撃のスタート。
この事故をきっかけに隣人3家族の人生が歪んでいく。

不幸の連鎖や人の嫌な部分がどろどろしており、最初は観ているのが辛かった。
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.5

世界に放たれた恐竜たちとの共存は果たして出来るのだろうか?

なんとパークの懐かしい主人公たちも登場し、2つの物語が同時並行で進みクロスする展開だ。

街中でのバイクと恐竜とのチェイサーシーンは、某ス
>>続きを読む

グリーンバレット(2022年製作の映画)

3.4

オンライン試写会鑑賞。

殺し屋国岡に密着するモキュメンタリー映画。
その国岡が6人の女子を殺し屋に育てるべく合宿を行う。

殺し屋国岡×今時女子というミスマッチなアンサンブル。
まさかダメ出しする展
>>続きを読む

コンビニエンス・ストーリー(2022年製作の映画)

3.5

コメディ的な方向性かと思ったら、開けてビックリ。
不思議で奇妙でちょっとしたホラーな話。

コンビニの冷蔵ケースに人がいる怖さは計り知れない。

癖のあるキャラだらけだが、前田敦子演じる妖艶な妻がはま
>>続きを読む

今夜、世界からこの恋が消えても(2022年製作の映画)

4.1

一日あったことを忘れてしまう、前向性健忘の真織と彼女を献身的に支える透。
そんな彼にも秘密があるのだが。

その2人を見守る泉(古川琴音)が素晴らしかった。
影の主役と言ってもいい。彼女の行動にジーン
>>続きを読む

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

4.3

試写会鑑賞。

白飯がこんなに旨そうに感じる映画は他にはない🍚
収穫されたきゅうりにトマト、そしてイカの塩辛🦑
丁寧な暮らしは、食事に宿るのだなぁ。

構えることなく、自然と笑い、時に涙を浮かべる。
>>続きを読む

彼女のいない部屋(2021年製作の映画)

3.3

オンライン試写会鑑賞。

家出した女の物語のようだという一文。
ポラロイド写真の神経衰弱、車で静かに走り出すクラリス、ピアノが奏でるクラシック曲。

一体彼女に何が起こったのか?

断片的なピースが繋
>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

4.0

タイの村で起こるシャーマンモキュメンタリーであり、郷土信仰スリラー。

体調不良に襲われたミンは一族の後継者に選ばれたのか?
それとも…。

この手の作品としては、上映時間長めだが、体感はあっという間
>>続きを読む

スワンソング(2021年製作の映画)

4.3

試写会鑑賞。

ミスター・パットが自分の過去と向き合い、煮え切らない思いに決着をつけていく、お散歩的ロードムービー。

過去から逃げてしまいそうになるのが人間、なかなかリタに会わないもんなぁ~。

>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイ・ワイフ(2021年製作の映画)

2.9

オンライン試写会鑑賞。

レア・セドゥ演じるリジーの目線が小悪魔的に美しい本作。

カフェで出会い即結婚した妻に翻弄される船長ヤコブが何とも痛ましい。
不在時に何をしているのか?友人との関係は?
疑い
>>続きを読む

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

4.0

試写会鑑賞。

音楽の島エレジアで起こった、ウタの悲劇と喜劇に心を揺さぶられた。
待ちに待った赤髪海賊団の戦闘もグッときます。

今作は、音楽映画と言っても差し支えない。
adoの感情豊かな歌声が今作
>>続きを読む

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

3.7

オンライン試写会鑑賞。

終活ロードムービー、元カノ巡礼旅。
なぜ元カノ?という展開だが、さらに後半は衝撃的な告白により、物語はガラッと変わる。
カセットテープのA面とB面のように。

亡くなった親父
>>続きを読む

キングダム2 遥かなる大地へ(2022年製作の映画)

4.2

信の初陣、羌瘣との出会いと見応え充分な本作。
1に引き続き、面白かった。

数多の犠牲を伴いながら、前を向き、敵陣へと進んでいく。

最初の信と後半の信では、まるで別人のように成長している。
王騎の声
>>続きを読む

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

4.3

最速試写会鑑賞。

マリコの遺骨と共に旅するロードムービー。

イメージとは正反対のシイノを演じた永野芽郁の演技にまずは驚いた(主演女優賞とりそう)。奈緒のマリコも良かったし、出ている演者さんが最高。
>>続きを読む

バイオレンスアクション(2022年製作の映画)

3.4

試写会鑑賞。

普段はゆるふわピンクボブ女子のケイだが、バイト先は殺し屋。
そんなキュートで狂気なヒロインを橋本環奈が好演!

360度グリーンバック撮影アクションって凄いな。
ほぼ無敵のみちたかくん
>>続きを読む

バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー(2021年製作の映画)

4.2

オンライン試写会鑑賞。

記憶喪失から、自分をヒーローと勘違い!

色んな作品から、少しずつオマージュ&パロディに突き飛んだ作品。

バットマンから、アベンジャーズとそんな横断もあり?
まさかのコメデ
>>続きを読む

ゆるキャン△(2022年製作の映画)

4.0

社会人になったメンバーがキャンプ場を作る為に集結することに。

大人版を描くことに違和感あるかなと思ったが、雰囲気は変わらず。
(癒されアニメとしてアニメ版も鑑賞済みたが、映画版だけ観ても楽しめそう)
>>続きを読む

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

3.8

黒電話が死者を繋げる。

ホラー、サスペンス、ヒューマンと要素が上手く調和されていた。
その一方、ホラーだと思って鑑賞したので、若干面喰ってしまたのだが。
(ホラーアピールが強いが、そちら方面で期待し
>>続きを読む

アルピニスト(2021年製作の映画)

3.8

試写会鑑賞。

地位や名誉に目もくれず楽しそうに登る、マーク・アンドレ・ルクレール。
危険でピュアな孤高のクライマーに迫るドキュメンタリー。

『フリーソロ』のアレックス・オノルドにもクレイジーと呼ば
>>続きを読む

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

3.9

子どもを捨てた母と子供を売る男たち。
そんな彼らが養父母を探す旅に出る。
穏やかなロードムービーになっており、犯罪性が薄まっているような?

彼らの抱える事情に寄り添いながら、家族以上の深い絆を描く
>>続きを読む

キャメラを止めるな!(2022年製作の映画)

4.0

試写会鑑賞。

フランスリメイク版だが、日本版オリジナルへの愛が溢れていた。
ここまで近づけたリメイクものは珍しいのでは?

この作品がカンヌ映画祭のオープニングを飾った意味についても深く共感できた。
>>続きを読む

ボイリング・ポイント/沸騰(2021年製作の映画)

3.5

オンライン試写会鑑賞。

レストランの裏側を覗いている気分になる本作。

様々な要因が重なり、トラブルの連続でヒートアップしていく、シェフやスタッフ達。

高ストレスを感じる、リアルな職場を描いている
>>続きを読む

あなたの顔の前に(2020年製作の映画)

3.6

オンライン試写会鑑賞。

サンオクの目覚めから、翌朝までの1日を切り取った作品。

久しぶりに帰国した姉だったが、表情は晴れない。
一体彼女に何があったのか分からないまま、1日が始まっていく。

妹の
>>続きを読む

>|