もりのさかなさんの映画レビュー・感想・評価

もりのさかな

もりのさかな

☆の付け方は適当です。とあるレビューは箇条書き、とあるレビューは丁寧語……。
最後に書いてある回数は記録用。

映画(32)
ドラマ(0)
  • 32Marks
  • 20Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

百日紅 Miss HOKUSAI(2014年製作の映画)

4.0

人に勧められて鑑賞。
江戸を生きる人々の営みや浮世絵という芸術活動がいきいきと描かれている映画なんだと思った。
陰間茶屋の彼のキャラがとても好きだったので、そこのお栄とのやりとりは大好き。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.7

思わずうわっと言ってしまう展開なので、2回観たくなる映画。

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.2

これぞメリーバッドエンド。
ファンタジー、魔法などのきらきらとわくわくを詰め込ませておきながら、現実は凄まじい。対比がはっきりしててすき。

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

4.0

アニメちゃんと観てないので多少わからない所はあったけど、とても楽しかった。
一回みただけじゃ分からないな、と思うところがあったので何回もみたくなる。

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.4

一回で理解できないところが多かったけど、「べったべった、だんだん」は泣いた。
もう一度みたい。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.0

バンに乗り込むシーンが印象的な可愛い映画。おじいちゃんの言葉が沁みる。

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.0

観た後によかったなと思える作品。
最近見ないタイプのファンタジーも素敵。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

青春。冒険するワクワクが観てる方にも伝わる。リバーフェニックスがかっこいい。
コメディな雑さもすき。少年の想像力と思わせる感じ。

七つの会議(2018年製作の映画)

4.1

すごく熱い映画。池井戸潤の小説は読んだことないけど、映像化された作品はいくつか観てるのでらしいなとは思った。
野村萬斎演じるハッカクのキャラがとてもすき。

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.9

舞台や衣装の作りが細かくて、とてもかわいい。音楽も素敵。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.8

かわいい!
舞台・衣装・音楽のこだわりがすごいのはさすがだと思う。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.9

9.11について、それほど強い思いがあるわけでなくそういうことがあったという認識のため、これは観る人が観れば深く刺さる映画なのかなと思った。親子愛を感じた。オスカーのする話が個人的に好きだった。
英語
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.3

エディ・レッドメインの演技がすごい。
リリーのすべてに続けて観た映画だったので、愛の形についていろいろ考えることができた。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.9

うーん、ラストの画がとても綺麗だった。
エディ・レッドメインの美しさにびっくり。リリーを支えるゲルダの愛が素敵。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.3

映画がもっと好きになる映画。
名作と言われる訳が分かりました。

何者(2016年製作の映画)

3.9

いい意味ですごい気持ち悪い。こういうのあるなと、とても共感できる。すごい。
観た後に人のレビューを読んで、その気持ち悪さに対するキャラ設定の深さに驚いた。後味は全然よくないけど、演劇のもろもろが出てき
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

きれいめホラー。予告無しでみたので特に先入観はなかったと思う。
釘にはハラハラさせられた。しかし、音は以外とたててるのでどこがキーになるのか分からない。皆が設定が甘いというのも頷ける。

ルーム(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

一応ネタバレつけますが、ルームから出た後の世界がルームにみえた。画がきれい。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.5

新HEROっていうキャッチコピーを自分なりに理解して楽しみました。だってキャスティング……。
原作読んでみたいなと思う。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

キャラクターがかっこよかったり、かわいかったり……。
円盤がほしい。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

ハリーポッターシリーズのドキドキとワクワクの再来。シリーズでいえば賢者の石と同じくらいの感動が詰まってる。
ジェイコブのバックで流れる抜けた感じの音楽が一番好き。
多分3回観た。

セッション(2014年製作の映画)

4.4

アカデミー賞の名は伊達じゃないな〜って思った。観た直後にうおー!何かしたいぞ!って思った映画。
今はサントラを欲している。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

いろいろ出てきて面白かった。わかんない所あったのすごく悔しい。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

人に勧められて観ました。
観てよかった映画。最初からラストまですき。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.3

観たのは昔だけど、2人の関係性がすごく好きで、観てよかったなと思った映画。もう一度みたい。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

ヴェノムが可愛い。
エンドロールかっこいい。すき。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

見終わったあと、ずるい!って叫んでしまったけど大好きです。ラストが気に食わない人もいるのかもしれないけど、私は好きです。ミュージカルなので歌って踊りたくなる映画。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

泣いた映画。詳しくない私でも分かる名曲の数々が進むにつれて深く染み込んでくる。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

映画館なのに小劇場で演劇みてるみたいで、ついつい館内で笑ってしまいました。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

前作とは違って、スリル満点で始終ドキドキしたなぁと思う。物語が始まったばかりなので、今作で出てきた数多くの謎が解かれ、ハリーポッターシリーズへと繋がることを期待してます。
多分3回観た。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.0

キャッチコピーにつられて観に行ったけど、期待しすぎたせいか展開が予測できてしまってとても残念でした。
それを除けば、いい映画だったのかなと思います。