もりもりさんの映画レビュー・感想・評価

もりもり

もりもり

男の優しさは全部下心なんですって(2019年製作の映画)

1.0

時間潰しに鑑賞。

設定、展開が雑すぎる。
特筆すべき点はなかった。

ヒロインの素材は良いが、、

上映後、監督の舞台挨拶があったが劇場スタッフの笑い声が大きく不快。

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.0

3時間というのもあり、恐る恐る観たが良かった。
三浦透子が凄すぎて他の作品も観たい。
特に声のトーンがいい。

韓国の俳優も印象的だった。
音楽も要所のみで効果的。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.8

どんな話なんだろう?と気にはなっていたが、結局よく分からなかったw

最後強引にいい話しにもっていくところや超シンプルな磁石のつまみがツボw

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

3.5

見終わった後、清々しいぐらいに何も残らない。
そして怪獣のチープさが凄まじい。
暇つぶしに観るのに良いかも。

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.5

フェスで福井市に行った際になんとなく観たが、登場人物が豪華で映画史の勉強にもなり楽しめた。

SAYONARA AMERICA(2021年製作の映画)

3.5

自身のアメリカ音楽との出会いや愛情を聴取に語る真摯な姿が印象的。

若いアメリカ人がライブ後に、
自分の人生で1番アメリカを感じたと。
ノーマンロックウェルの絵を見ているようだと話していたのが核心をつ
>>続きを読む

エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ(2021年製作の映画)

4.0

あまり期待せずに見たが、良かった。
クラプトン のスタッフへのメロウな対応。
ギターテックのサウンドチェックを見守る柔和な表情。
休憩の切り上げ方など面白いポイントがいくつもあり飽きなかった。

イギ
>>続きを読む

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

5.0

見ていて苦しくなったが、これは見ておいてよかった。
人間愛、環境問題、ジャーナリズムについて深く考えさせられる。

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”(2019年製作の映画)

3.8

なんとなく見たが楽しめた。
音楽も良かった。

幼い頃に洋服の生地を裁断する祖母の様子を観察し生地のはしきれでバービーの服を自作したと。
心温まる素敵なエピソードだ。

チャンシルさんには福が多いね(2019年製作の映画)

1.1

つまらなそうと思ったが本当につまらなかった。センスのない邦題も気に入らない。

もやしのひげを取っているシーンのみなぜか良かった。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

2.8

長い。
期待していたが、微妙だった。
ビリーアイリッシュの歌はアデルのモノマネのようで萎。
ラミマレックは全くもって役不足。

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

4.5

予想以上に面白かった。
2時間に全ての要素が入っている。
仲間、家族、アクション、サスペンス
脚本とテンポの良さがすごい。

エンターテイメントとして完璧。

人と仕事(2021年製作の映画)

3.3

時間潰しに鑑賞。
有村架純が何言ってるか分からず、序盤から心が折れそうになる。
あの襟が大きいのは私服?衣裳?
そっちの方に気を取られてしまう。


凡庸な作品だなと諦めていたが、途中ホームレスの方へ
>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

2.8


報道のあり方や社会格差に関しての問題提起。前半睡魔の波。

主人公の優しい顔は良かった。


予め長いなと感じつつ見たが、やはり長かった。テンポの良さとユーモアの視点も欲しかった。


早く到着し椅
>>続きを読む

The Public Image Is Rotten ザ・パブリック・イメージ・イズ・ロットン(2017年製作の映画)

4.0

歴代のメンバーと比べるとジョンライドンのみがまとも。レコーディング初日にパブでエンジニア?プロデューサー?に馬鹿にされたと感じ、殴ってやったと言うウォブルが特に面白いw

現マネージャーや長年のパート
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

1.5

あざとく狙い過ぎていて萎。
古川琴音の声は素晴らしいのだが、隣のおっさんが古川琴音にうきうきしているのがかなりキツかった。。

リッちゃん、健ちゃんの夏。(2019年製作の映画)

1.0

味の無くなったガムのよう。
農作業のシーン、タオルも長靴も綺麗過ぎる。

空白(2021年製作の映画)

4.5

なんとく見たが完成度が高く驚いた。
キャスティングは完璧で役者の演技は素晴らしい。

終わり方も、控えめな音楽も、エンドロールにくだらないタイアップ曲がないのも良い。

そして、全編通してテンポが良か
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

1.0

音楽が凡庸で何度かギブアップの波が、、
エンドロールのタイアップ曲を聴き早めにギブアップしておけば良かったと後悔。

デッドマン(1995年製作の映画)

3.0

ニールヤングのギター
ピックがガッガッと当る音を久しぶりに聴いた。

良い音響で体験できただけで見た甲斐があったか。
途中睡魔との戦い。

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

3.5

この頃からジャームッシュの型がある。
随所にオマージュと作品作りへの執念のようなものが垣間見える。

いつもエンディングとエンディングロールの全てが絶妙でツボを心得ている感じ。



途中下品な笑い声
>>続きを読む

ゴースト・ドッグ(1999年製作の映画)

4.5

あまり何も考えずに見たが、凄い作品。
エンディングも綺麗だし、エンドロールの字体や音楽もかっこいい。

随所にユーモアとギミックが散りばめられていて飽きさせない。
吸い込まれた。

うみべの女の子(2021年製作の映画)

2.8

原作を読んで映画を見た。
風をあつめてをいいスピーカーで大きい音で聴いたのは初めて。
こんなドラムだったのか。やはりすごい曲。映画には合っていない。

全て綺麗に整いすぎており、予定調和を感じ個性は感
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.0

イギーポップのゾンビは笑えるが、UFOは稲村ジェーンを感じてしまったw

脚本が甘く感じ、今後に不安が残る。

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

4.0

スクリーミンジェイホーキンス、ジョーストラマーがいい味出している。
1989年の作品だとは、、

永瀬正敏、工藤夕貴は若さが瑞々しく素敵だが
〜だぜ、〜なのよー
という言い回しに時代を感じる。

登場
>>続きを読む

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

4.5

あまり期待せずに主役3人の名前だけで見たが最高。
2時間以内によくこれだけコテコテに盛り込み良い話に持っていくなと感嘆。
この強引さ素晴らしい。
何も文句ないです笑

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.2

91年制作、日本公開92年
冒頭のギターにグランジ、オルタナの空気を感じる。若者が10年前を嫌い、25年前に憧れる法則にてらすと絶妙に今っぽさを感じる。
30年前だけど

春江水暖~しゅんこうすいだん(2019年製作の映画)

4.0

美しい中国の自然や街並みを見れるだけで幸せ。音楽が良くて気になりパンフレットを購入。内容は大して入ってこなかったが、心地良いアンビエントミュージックのような作品。

ディエゴ・マラドーナ 二つの顔(2019年製作の映画)

3.3

ナポリ以降、アメリカワールドカップや引退後等の映像は出てこず微妙。
同僚だった選手や監督のインタビューをもっと見たかった。

サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス(1974年製作の映画)

3.5

途中超音波にやられ爆睡
ジョジョ第3部のジョセフとダービーのポーカー勝負ってこれにインスパイアされてる!?

ノンストップ(2019年製作の映画)

3.5

時間潰しにちょうどいい。
リポビタンD飲みたくなる

音響ハウス Melody-Go-Round(2019年製作の映画)

3.5

この映画の為のオリジナル曲がラストで壮大に流れるがそれまでのいい話が全て前振りに感じられ残念。
最後に教授がいい話しているのにそこにも曲がかぶり、ここはやめてと思った。

アイヌモシリ(2020年製作の映画)

4.0

主演の男の子初め出演者の顔が素晴らしい。嘘くさい演技は見当たらない。そこにすっと溶け込むリリーフランキーは流石。
終わり方も非常に美しいし北海道の緑や雪景色も綺麗。最後の字幕は字が小さ過ぎて全く読めな
>>続きを読む

>|