askQさんの映画レビュー・感想・評価

askQ

askQ

基本ジャンル問わず。特にSF映画、なかでもA.I、タイムパラドックスものが好きです。B級コメディーも好物。

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.5

さりげない優しさが、あとからじんわりくる作品。すごーくよかったし、考えさせられた。誰かを受け入れることは、自分を受け入れることでもあるんだな。

命からがら、なんとか祖国シリアを抜け出したカーリドを待
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

4.2

かわいい恋愛映画なんやろなぐらいに考えてたら、デッカイ愛の物語だった。
子供たちがギュッと抱きしめたくなる可愛らしさ。ヴィクトールがマリーに向ける、意地っ張りでシャイな恋模様もよいし、マリーの大人びて
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.0

音楽やっててろくに働いてなかったり、無職の彼氏のために体を売ったり、何かに理由を付けて自分のこと見ないようにしてる登場人物たち誰にも共感できない…と思ったけど、中盤からジワジワ来るものがあった。

>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

エルトン・ジョンよ、よく引き受けた(笑)エルトンが出てくるシーンは、もう笑わずにはいられない!
前作しかり、スーツ姿での戦闘シーンはめちゃくちゃかっこいい。傘とかスーツケースとか、アイテムの使い方も相
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

2017年最後の1本。ふるえた!笑った!キュンとした!冒頭の独白からグイグイ引き込まれ、怒涛のラストまで、ヨシカといっしょに突っ走った。

古代生物に想いを馳せ、課長をフレディと命名し、タモリ倶楽部を
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.8

「人生はあっと言う間、だから今を楽しまないと!」と、死者たちが踊るシーンが特にシュールで楽しい!クリスマス〜年末に観るにはピッタリのドタバタ劇。
ウディ・アレン作品に出てくる女優さんはいつも可愛いけど
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

シャロンという人間の、幼年、少年、青年期を追ったアイデンティティの物語。この映画のポスターしかり(全然顔違う3人なのに!目が似てるのか?)、あとから反芻してジワジワと来る良作だった。
これは単に、マイ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

Google earthで家を突き止めるシーン、鳥肌が立った。朧げで断片的な記憶を頼りに捜索を諦めず、25年後についに家族と再会できたサルー。本当によかった。
サルーを支え続けた育ての両親もすばらしい
>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.8

想像以上におもしろかった。さすが山下敦弘監督!ゆる〜〜いオフビートな笑いがいい◎
松田龍平演じるダメダメなおじさんと、その甥っ子の掛け合いに何度もクスクス笑った。ハワイに行きたいために、お金を貯めずに
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.2

パンク全盛期のイギリスのキッズたちと、独特な文化をもつ異星人たちとの2日間。青春ラブストーリーを期待してたけど、もっと摩訶不思議で壮大な物語だった。
最後、少年たちが友人に恋愛指南するときのセリフがよ
>>続きを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.8

ハートフルコメディぐらいに思ってたら…めちゃいい話やん!ドがつく音痴のマダムフローレンス。実話だというからまた凄みがある。
くったくのない笑顔で堂々と歌い上げる様は、爽快ですらある。メリル・ストリープ
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.8

煩悩を投げ合う3人、その煩悩を供養する3人、本当に印象的なシーンだった。糸といっしょにその時の空気や想いも紡ぐ編み物が、なんだかすご〜く愛しい行為に感じられた。
ストーリーは去ることながら、とにかく俳
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

メアリーの不機嫌なしかめっ面、ニカッとした笑顔、涙をいっぱいに溜めた泣き顔、全部素晴らしかった。大人のような配慮や知能をもつ反面、しっかり子どもの無邪気さも持ち合わせていて、ほんとにこの少女の演技力こ>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

今年一待ってました!の作品。最っ高におもしろかった。
「そう来たか」っていう展開があったり、あのキャラも出てきたり、想像以上に盛りだくさんで、観終わったあとの満腹感がハンパなかった。。。
今回はロゴも
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.8

イスタンブールの街で可愛くたくましく生きる猫たちに魅了されまくり、終始ニヤニヤしっぱなしだった。
奔放だったり気高かったり優しかったり、猫たちそれぞれのキャラが濃くて楽しめたのはモチロン、猫を愛する人
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

全編油絵タッチのアニメーション。アートアニメーション好きとしては、冒頭のタイトルバックから鳥肌モノだった。なんとこの映画の制作に100人もの画家が関わったそう。圧巻。
ゴッホの死後1年後に、彼の死の真
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.8

ティム・バートン×エヴァ・グリーンてことで、前々から観たかった作品。エヴァのこの邪悪な美しさは一体何なんだろう?!(今回はやさしい設定だけど)
おじいちゃんの秘密を解き明かすためにとある島を訪れ、そこ
>>続きを読む

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

3.5

タワーマンションの人間縮図、こわい…。高層階と下層階のヒエラルキー、モラル崩壊などなど、狭い世界に閉じ込められると人間はこうも堕ちるものなのだろうかとゾッとした。

タワーの無機質さと人間の生々しさの
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.6

E.Tのあの曲が流れた時、反射的にブワっと涙が…!映画音楽って、記憶にしっかり刻み込まれてるんやな。
高いキーの弦を執拗に掻き鳴らす不快な音がなければ、サイコのシャワーシーンの恐怖は半減どころか微塵も
>>続きを読む

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

4.0

尊厳死を求めた女性とその家族の、実話に基づく物語。死を考えることは、生きる意味を考えることでもあると改めて感じた。
身体の自由が効かず、生活する上での不便が増えたことで、「気力があるうちに逝きたい」と
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

5.0

多分もう5〜6回は観てるけど、今度は爆音映画祭で。今までで一番楽しめたかも!
いやもう最高、この作品。初見の時はド派手でイカれたストーリーに目が行きがちだったけど、とにかく細部までこだわり抜かれた美術
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

怖い。だけど笑える。なんじゃコリャ!な作品。
秘密が明かされた時よりも、「なんか変…」の不穏感がだんだんと積み重なってく様子が不気味すぎた。
冒頭、住宅街を歩く1人の男性が、カーステレオから底抜けに明
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

人間とレプリカントの違いは?何を持って「人間」と定義するのか?……など、めちゃくちゃ哲学的な内容で、観終わったあといろいろ考え込んでしまった。多分もっかい観るなこれは。
人間は「記憶のかたまり」だと思
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.2

不朽の名作を忠実になぞらえつつ、そこにゾンビを織り交ぜる斬新さ!
女性のたしなみが「教養と武術」っていうのがなんかいい。姉妹がドレス姿で闘うシーンがかっこよかった。
リリー・ジェームズは「ベイビードラ
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.8

機内で観たけど、やっぱり普遍的に好きな作品。「ドタバタ」って言葉がピッタリのグーニーズの面々(筋肉バカのお兄ちゃんがジョシュ・ブローリンだったことに気付いてビックリ!)、自意識過剰なマドンナ女子、どこ>>続きを読む

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

3.6

音楽と映像がものすっごい好み。タイトルバックに流れるCAN「Vitamin C」の使い方が最高にかっこいい。CANは以前から好きなバンドで、「デヴィッド・リンチ映画のオープニングとかで使ったら絶対合い>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.8

新作観る前のおさらいで、ネットで公開されてる2049前日譚と合わせて再見。
ストーリーがどうというよりも、未来世界のビジュアルの斬新さが大好き。
大画面の「わかもと」のCM、チャイナタウン感ムンムン(
>>続きを読む

孤独のススメ(2013年製作の映画)

4.0

予想を上回るおもしろさ。オランダ映画、なかなかやるな!
妻に先立たれ、息子は家を出て、たった1人で規則正しい生活を送るフレッド。ひょんなことから謎の男テオと出会い、奇妙な2人の同居生活がスタートする。
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

4.3

実話だけにズシーーンとまっすぐに心に響いた。ニュージャージーで初めて同性パートナーへの年金受給が認められ、その後全米での同性婚が法律で認められるきっかけとなったカップルのお話。
たとえ1人の声だったと
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.5

今年何作目かの待ってました作品。猿の惑星三部作の完結編であり、第1作目につながる大事な大事なお話。どうして人間社会が猿たちの世界と化したのか、すごくわかりやすく理解できた。
1作目に出てくるコーネリア
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

5.0

1960年台初め、ソ連との宇宙開発競争に燃え、人種差別が当たり前のように根付いていたアメリカ。
この時代に、女性でしかも黒人の人々が生きていくのは想像を絶する苦労があっただろう。そんな中で、逆境に負け
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.8

近々ラップランド地方に行くので、その前にぜひ観ておきたいと思った作品。
サーミの人々のことも知らなかったし、こんなにもひどい差別を受けていた歴史があることも初めて知った。
青い民族衣装はすごくかわいい
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

オープニングと(特に)エンディング、最高に笑った!こういう映画、好きやなぁ。
監督がMV出身ってこともあって、映像がオシャレでかわいいし、主演2人による謎の音楽もいい(なんでジュラシックパークやねん)
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.2

チェーンソー持って全裸で走り回るクリスチャン・ベイル!凄い画!!
男同士の見栄張り合戦には笑った。紙質がどうだの、フォントタイプや型押しがどうだの、友人の名刺センスにプルプル震えるシーンは、「コメディ
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.0

実存とは何か?を、全く縁もゆかりもない第三者の“理由なき尾行”によって知ろうとするお話。自分も哲学科だったので、なかなか興味深いテーマやなと思った。これの題材になった、ソフィ・カルの「本当の話」も気に>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.2

待ってました!!約9年ぶり、エミール・クストリッツァ監督・主演作。
アヒル、ブタ、羊、ロバなど、お馴染みの動物たちがワラワラと村中を移動したり、巨大なオンボロ時計と毎日格闘する母子がいたり、パブで銃を
>>続きを読む

>|