もっちりんさんの映画レビュー・感想・評価

もっちりん

もっちりん

洋画も見ますが邦画中心にレビューしてます。

《好き》
・ベタで分かりやすい感動
・切ない!うわぁぁー!
・どんでん返し、全てがつながるラスト
・キレキレ格闘アクション
・ソリッドシチュエーション、デスゲーム

《苦手》
・貧乏、クズ、底辺、不幸自慢
・オフビート、だからなに系
・テンポ悪い、ラストしまらない
・分かりにくい、風呂敷畳まない
・ホラー怖いよ

ダブルミンツ(2017年製作の映画)

2.0

前情報無しで観たため、最初の15分ぐらいで復讐劇的なものかと思っていてんですが…ふむ、こういう映画だったんですね。

うーん。キャラクターの心情が理解できなくて…なんで二人がそういう関係になったのかよ
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

2.0

最果タヒの詩集を映画にした作品。
こういう映画は好みと合わないと再認識させられました。

とにかくヒロインの思考が面倒過ぎて全く共感できませんでした。また東京を特別視し過ぎている感があまりにも肌に合わ
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

4.0

とあるテラスでの会話劇。ワンシチュエーション作品です。

山内ケンジ監督作品ということで期待度大で鑑賞しましたが、全く裏切られることなく楽しませてもらいました。いやーまたこれすごい映画観たな〜ほんと。
>>続きを読む

遠くでずっとそばにいる(2013年製作の映画)

2.0

事故で10年間の記憶を失い、中身だけ高校生に戻ってしまう「朔美」。失われた記憶を辿り、少しずつ明らかになっていく大人の自分と対峙していく…というストーリー。

最初10分で感じた通りに最後まで進んでし
>>続きを読む

タロット探偵ボブ西田(2016年製作の映画)

3.5

長野を舞台にしたご当地探偵映画。
なかなか面白かった!

私立探偵モノの独特な雰囲気も然ることながら、きちんとした起承転結、王道のストーリー展開がピタリとハマりました。チョイチョイ出てくるタロットがい
>>続きを読む

ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助(2017年製作の映画)

3.0

ゆるい探偵映画。

雰囲気は嫌いじゃないんだけど、あまり脚本が好みではなかった。事件そのものが普通というか、解決もしてるんだかしてないんだか。結局何だったのか…観終わったあとに何も残っていない…。
>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

3.5

中学校で起きたある事件を調査するため、体育の時間を利用して生徒の許可なく持ち物検査を行う教師たち。そしてクラスの実態、更には教師たちの実情が徐々に明らかになる…という感じのストーリー。

少しホラーっ
>>続きを読む

望郷(2017年製作の映画)

3.5

湊かなえ原作の作品。

とある島を舞台にした2組の親と子を描いた作品で、それぞれ「夢の国」と「光の航路」という2部構成になっています。
ストーリーはありがちな感じもしますが、役者の演技力が素晴らしく、
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

鞄をひったくろうとした際に女性を刺してしまった主人公。そんな彼が逃亡先で怪我をした老婆と出会い…という感じで始まるストーリー。「これからが、これまでを変えていく。」というキャッチ通りの人間再生の物語で>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.5

「幼なじみだった3人には、誰にも言えない過去があった」ということで始まる物語。そんな三人が大人になり、刑事、被害者、容疑者として再び交錯します。

ちょいちょい出てくるクズにイラッとさせられましたが、
>>続きを読む

PとJK(2017年製作の映画)

2.0

警察官と女子高生が結婚し、始めはラブラブだけども次第にすれ違いが…二人の愛の行方は!みたいな映画です。

これ書いちゃ元も子もないのかもしれませんが…設定が非現実すぎて、全然感情移入できませんでした。
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

4.0

重松清原作ということで鑑賞。
これはいい映画でした!

丁度良いコメディ具合に少しだけホロリとくる要素をバランス良く含んだ作品。ちょいちょいハズい台詞もありますが、まさにほっこり。エンディングも最高!
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

3.0

伊藤計劃原作の近未来SFアニメ。

各地で激化していく紛争。そこには一人の人物の影が…という感じのストーリー。内容自体は簡潔なのですが、台詞回しが少し小難しい感じ。説明も少ないので置いていかれると速攻
>>続きを読む

変態だ(2015年製作の映画)

2.0

大学でのロック活動を機にミュージシャンとなり、普通の結婚生活を送るも…その実、変態でした!という話。

うーん。
展開としてはアリなんだと思いますが…そういう方向ですか、という感じ。そういう感じならも
>>続きを読む

ネ申アイドル総選挙バトル(2011年製作の映画)

2.0

アイドルグループ「放課後プリティ生徒会」の7人のうち、1人だけトップアイドルを選別するための生き残りをかけたデスゲームを行う…という感じの作品。

デスゲームというよりも恥虐系の作品でした。

酷いな
>>続きを読む

臍帯(2012年製作の映画)

3.0

とある家族を観察し続ける女性。彼女の目的は…という感じで始まる作品。ヒューマンドラマてす。

そこまで悪くない気がしますが…台詞が少なく、台詞自体も風や雨の音のように環境音に近いものがありますね。動き
>>続きを読む

それでも花は咲いていく(2011年製作の映画)

4.0

人には言えない心の悩みを抱えるセクシャル・マイノリティーを描いた作品。3話のオムニバスになっています。

女性陣はドン引きするであろう作品。
男性陣もこれに共感してしまうとアウトな気がしますが…でもこ
>>続きを読む

学忍(2010年製作の映画)

1.5

忍者の高校に謎の少女が転校してくる…という感じで始まるストーリー。忍者アクション映画です。

深夜ドラマ…というか文化祭のノリですね。
友達が作った映画、という感じでした。

基本的に脚本が破綻してい
>>続きを読む

正しく忘れる(2011年製作の映画)

2.0

春子は今にも死にそうな父の夢を見た。父は五年前に死んでいるのに…という感じで始まるストーリー。

序盤は良かった。映画のテーマも分かります。
でも、ちょっと喋りすぎなんじゃないでしょうか。

中二病と
>>続きを読む

樹海鬼ごっこ(2012年製作の映画)

2.0

フォロワーさんのレビューで知った作品。
捕まれば死、逃げ切れば賞金という、タイトル通り樹海で鬼ごっこするデスゲーム系の映画です。

とりあえず、映画開始5分で「樹海鬼ごっこ」とは何なのかの説明文が流れ
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.5

後半がレンタル開始されたので速攻レンタル。

前半に比べて色んな話が盛り込まれているせいか、一つ一つのエピソードの展開が少し速いように感じました。原作を読んでいないので分かりませんが、もしかするとボリ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

勝ちに拘る弁護士と証言がはっきりしない殺人の容疑者の法廷サスペンス。

あまり相性が良くない是枝監督の作品。カタルシスが得られないのはいつも通りでしたが、サスペンス仕立てのためか映画自体は最後まで退屈
>>続きを読む

ホテルコパン(2014年製作の映画)

3.0

「全員、ワケあり。」というキャッチの通り、何か問題を抱えた人々が集まった"ホテルコパン"を舞台とした群像劇です。

コメディとまではいかなくとも温かい感じなんだろうと勝手に想像していたせいか、やたらと
>>続きを読む

カノン(2016年製作の映画)

3.0

祖母の遺言で死んだと聞かされていた母が生きていることを知る三姉妹。母がいる養護施設を訪ねるも、そこにはアルコール依存による認知症を患った母の姿が…という感じで始まるストーリー。

子供の前から消え、ア
>>続きを読む

真田十勇士(2016年製作の映画)

3.0

予告編をしょっちゅう見ていたものの好みと合わなそうで敬遠していた映画。機会があって鑑賞。

そこまで期待していなかったせいか、思っていたより楽しめました。半分コメディかと思っていましたが、猿飛佐助がお
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

Filmarks試写会での鑑賞。

「共感度ゼロの最低な女と男が辿りつく"究極の愛"とは―」

自分は映画の登場人物に共感したり感情移入したり疑似体験することで映画を楽しむタイプのようで、共感できる部
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.0

失礼な話、綾瀬はるかが主演の映画は何故か微妙なコメディ映画というイメージがあってなかなか食指が動かないのですが、食わず嫌いはいけないなということで鑑賞。

本能寺炎上のシーンや音楽などは映画ならではと
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.5

原作未読での鑑賞。

後半を観ないときちんと評価出来ない気もしますが、「早く後半が観たい!」と思っているので現段階でキチンと楽しめているんだなと。

ただ、個人的な感想ですが、「聖の青春」のほうが将棋
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

22年目の時効後に姿を現した「殺人犯」。彼は何故姿を現したのか…という感じで始まるストーリー。

評価が高いので期待しすぎてしまったかもしれません。この作品とは別にちょうどミステリー小説を読んでいたせ
>>続きを読む

ひかりをあててしぼる(2015年製作の映画)

3.0

2006年に起きた「新宿・渋谷エリート殺人事件」をモチーフにした作品。

当時はセンセーショナルな事件としてワイドショーでよく見かけましたが…実際はどうだったんでしょうね。映画は少し誇張しているなとい
>>続きを読む

幸福のアリバイ Picture(2016年製作の映画)

3.0

地元のレンタルではコメディに分類されていましたが、どちらかというとヒューマンドラマっぽい感じ。5話のオムニバスになっています。

1話目と3話目は楽しめましたが、やはりコメディというよりも温かみのある
>>続きを読む

疾風ロンド(2016年製作の映画)

3.0

違法生物兵器が盗まれ脅迫されるも、その犯人は交通事故で死亡。残された僅かなヒントから日本最大級のスキー場でその生物兵器を捜索する…というストーリー。

ジャケット写真から分かるように主人公に疾走感はあ
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.5

タイトル通りのストーリーの映画です。
スポ根モノですね。

実話ベースの作品ですが全体的に軽めな印象。「フラガール」(こちらも実話)よりもコメディ色が強く、歯を食いしばってる感がありませんでした。
>>続きを読む

劇場版 艦これ(2016年製作の映画)

3.0

すいません。TV版あったんすね。
視聴してませんでした。
そんなもんで全然ついていけませんでした。
アニメーション自体は良かったんですけどね。

まぁストーリー云々よりもキャラクターそのものと戦闘シー
>>続きを読む

物置のピアノ(2012年製作の映画)

3.0

福島の桃農家で暮らす内気な少女の成長を描いた作品。
芳根京子の初主演映画です。

軸となる部分が大きく2つあり、1つは震災後の福島に残る被害。もう1つは弟を失った家族、特に姉妹の確執と絆。真っ向から風
>>続きを読む

僕らのごはんは明日で待ってる(2017年製作の映画)

3.0

原作未読での鑑賞。

ネガティブ男子とポジティブ女子のラブストーリーです。

始めはキャラクターにあまり共感できず「うーん」と。切なさが足りなかったのか…。勝手にご飯がいっぱい出てくる作品かと思ってい
>>続きを読む

>|