メグさんの映画レビュー・感想・評価

メグ

メグ

映画(320)
ドラマ(0)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.2

噂にたがわぬ面白さ!

時間の逆行の見せ方、スケール、そこから派生するアクション、音。
そして「主役は誰だ」というメタ的な作り。
映画だからこそのエンタメてんこ盛りで大満足でした。

最初は時間の逆行
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.9

よかったです。いい意味で宣伝を裏切る内容で多分それは意図的で宣伝よく考えたなーと。

主題について書こうとすると全部ネタバレになるのがつらい笑。

こういうキャラクターの主人公って私は初めてで新鮮でし
>>続きを読む

たちあがる女(2018年製作の映画)

3.5

環境抗議活動をやりすぎてしまう主人公が、養子を迎えることになり…というあらすじ。

私には「一つの思想に固執するとやばい」というテーマにしか映らなかったのですが、監督インタビューを読むと主人公をよしと
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.8

好きになった同級生と親同士が再婚…という設定を聞き、そういう系のキラキラ映画ね、と思いきや、とても真っ当でいい意味で地に足のついた青春映画でした。
ちゃんと4人の成長物語にもなってる。

浜辺美波ちゃ
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.5

先行上映観てきました。
悪くは無いし、泣けたんだけど、色々ちょっと惜しい感じ。
朝ドラでやったら最高盛り上がりそうなすれ違い展開。

とにかく子役パートがとってもよくて、そちらをもうちょっと長く観てた
>>続きを読む

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

4.0

『新聞記者』も、その原案になった望月衣塑子さんの本も既読ですが、やはりドキュメンタリー映像が一番危機感が持てました。
思った以上に今の日本は危険な状態なのだと…。これほんと日本人は観て欲しい。

何が
>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.6

キラキラでもなく、こじらせでもなく、かといって特殊さ自体もテーマにしないで、関西弁のテンポの良さによるリアルな会話の青春群像劇にするバランスがとても共感しやすかった。

ただ、それゆえに、そのひっかけ
>>続きを読む

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

4.5

大林監督がこの世にこれだけは遺すという強い意志さえ感じる遺作にして意欲作。

映画の作りそのものは前衛的で置いてけぼりになりそうになりますが、映画の歴史と近代史を同時に追うことができ、後半のメッセージ
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.8

口コミの評判で観てみましたが、こんな形の青春映画が成立するんだ!という驚き。
それもそのはず、元は高校演劇の作品だそう。
タイトル通り「アルプススタンドのはしの方」のほぼワンシチュエーションで進む会話
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

ロケーション壮大!キャスト豪華!
まさにフジテレビのノッてるドラマ映画化という感じでワクワク。
お話も今までのパターンからある程度は読めたものの、それでも楽しめました。

繰り返しになっちゃいますが、
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.8

山崎賢人覚醒。
よかった。
下北演劇人だったし、完璧なダメンズだった。
物語はラスト含め色々思うことあるけど、この山崎賢人が観れただけで満足。
そして「ステップ」といい、「劇場」といい伊藤沙莉は間違い
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.8

最初は「シングルマザーは物語にならないのにシングルファーザーが物語になる理由」が気になってちょっと斜に構えてしまったけど、普通に泣いてた。
子役の子達者。
でもこれ、かなり恵まれてる環境の方なんだろう
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.0

こちらもテレビドラマの延長版…と思ってたら、思った以上にどんでん返しがきて、気持ちいいー!でもそういえばドラマ版もそうでした。

motherからの長澤まさみの振り幅!
最高。

そしてジェシーカッコ
>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.8

あくまでテレビドラマの映画版、という前提ですが、気楽に楽しめてよかった!

ラスボスに柳楽優弥が出てきたことで映画化感が出てたかと。
磯村くんとのケンカアクションシーンは別の映画みたいでした。

意外
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

4.0

たまたま昨日HELLOWORLDを観て、今日はこれだったのですが、どちらも難解かつ壮大なSFで後半置いてけぼりになる共通点がありつつ、HELLOWORLDは「外へ外へ広がる世界」に対して、こちらは「内>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.0

複雑なSF。
これは1回見ただけではわからない。
解説ページを読んで理解。
その複雑さにフォーカスするためか、ストーリーが完全にセカイ系(家族等周りの関係が希薄、2人の個人的理由で世界が変わる)となっ
>>続きを読む

のぼる小寺さん(2020年製作の映画)

3.0

自分が変われば、周りが変わる。
清々しい青春映画。
肝心のボルダリングと卓球の凄さ(努力の結果)がいまいち伝わってこなかったのがちょっと残念。

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

4.0

とりあえず個人的には最高の大倉忠義と最高の成田凌を観れて満足です!

特に大倉くん、ジャニーズ史上一番攻めてる挑戦ではないですかね?

原作未読なので、原作からそうなのかもしれないですが、同性愛におけ
>>続きを読む

セノーテ(2019年製作の映画)

3.0

社会問題提起的ドキュメンタリーとは対称的な、流れる映像にただただ没入する映像体験ドキュメンタリー。

たまたま去年「the世界遺産」でセノーテを扱っていた回も観ていたのですが、同じ場所でもこんなにも違
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.5

ダメな夫と超ガミガミ妻。
もうこういう夫婦ってリアルにアチコチにいるよなぁと思うし、そこのリアルさは半端ないです。
まぁ、何せ監督とその奥さんがモデルなのでね笑

濱田岳はこういう役ほんとハマるなー!
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.6

親のネグレクト等の問題で子供が学校に行けず、それどころか犯罪にまで手を染めさせられること、しかもそれが実際の事件を扱っているということで、『誰も知らない』に似てると思いますが、こちらはヘタに母親とだけ>>続きを読む

ロボット2.0(2018年製作の映画)

3.3

ここ最近は良質なインド映画を観てたので、このぶっ飛び具合は久々でした。
友達や家族とツッコミながら観るのがオススメ笑。
ちょっと「チャーリーとチョコレート工場」思い出した。

起承転結転結という構成で
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

4.0

私は好き。
そもそも曜日によって人格が違うという設定も、そこから人格が消えることで起こるアレコレも、全部オリジナル脚本って凄くないですか?
しかも思ったよりご都合主義にならず伏線が張られてて、腑に落ち
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.6

この作品のキーである失明した理由と警察を辞める理由が繋がっている導入部分は無駄がなくてスっと作品に入れました。

クライマックス手前までは楽しめたのですが、クライマックスの舞台へいく展開、キャラクター
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

3.7

好きでした!
3人のキャラがちゃんと生い立ちから今が繋がるものに作り込まれていたから入り込みやすかったし、単純な成敗物になったら違う気がするなーと思ってたら、ちゃんとそこもすくいとったラストシーンにな
>>続きを読む

燕 Yan(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

カメラマンである今村さんの初監督作品だそうで、画面が本当に綺麗でした。
しかも「光を綺麗に撮っている」というより、「光によってできる影を綺麗に撮っている」印象が強くて、それがまた琴線に触れました。
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

2.0

公私共に女性を「都合よく」扱ってただけのお話で、男性からするとこの時代は良かったなぁになるのかもしれない。

ただ柄本佑はよかった。
そんなクズ男をいい感じに演じててさすが。
あ、オープニングもセンス
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

3.9

自粛明け初の映画館鑑賞はこれ。
うん、映画館で観て正解!
「音楽」の原体験でもあり、同時にアニメーションの原体験でもありました。
音が出ることを楽しむ、
絵を動くことを楽しむ。

本当は芸術に「まず勉
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.1

後に光州事件と言われる1980年の韓国の民主蜂起と過剰な軍による鎮圧を取材したドイツ人記者を乗せたタクシー運転手の実話。

どうやら実際の人物は高級タクシーの正義感溢れる方だったようですが、敢えてお金
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

3.6

殺伐としたニュースが続くこの時期に観るにはちょうどよかったな。
気負いなく観られて心が平和になるキラキラ映画石井裕也監督バージョン。

タイトルに入る流れが好き。
まさに町田くんの世界を見せて入る「町
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

3.5

映画って「誰かのために」なればいいと思うんですよね。
この映画はたまたま私のための映画ではなかったけど、絶対誰かのための映画ではあるんだろうな、と思えるものでした。

そして、それとは関係なく音楽はよ
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

目に見える登場人物は1人、ひたすら緊急通報司令室で電話しているという、究極のワンシチュエーション。
2018年の映画ですが、コロナ自粛期間でもこれなら撮影可能だなと目からウロコでした。

前半は通報の
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.5

期待しすぎたかな。
描いてる世界観は好きでした。
ロケ地もよくて思わずググッてしまったくらい。

ただ、主人公の志乃ちゃんが最初と最後だけ意思表示強くて、そこの振り幅についていけなかった。原作もそうな
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

こんな時だからハッピーな映画をと思って観て大正解。
Twitterで批評家相手にケンカをしたことがキッカケで職を失った主人公が、シェフとしても、父親としても大事な何かを手に入れるお話。
ラストは、「そ
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.1

ようやく観れた!
家族で唯一英語が話せない主婦がNYに来ることで変わっていく"NYが舞台のインド映画"。

英語が喋れない日本人はもれなく感情移入できてしまうのでは、というくらい冒頭での劣等感や異国で
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

2020年オリンピック目前にネオ東京壊滅という設定が予言のような形になり、一つまた伝説をのっけてしまった80年代アニメ映画。

AKIRAというタイトルですが、実質金田と鉄雄の物語。
世界を破滅させる
>>続きを読む

>|