柚餅一ゆべ一さんの映画レビュー・感想・評価

柚餅一ゆべ一

柚餅一ゆべ一

  • List view
  • Grid view

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

1979年の朴正煕暗殺事件を基にした作品。

イ・ビョンホン主演、役作りに徹底した彼の好演は必見。
この事件が起こるまでの流れ、この事件の張本人とされるキム部長の心情描写が細かく描かれている。

実話
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アメリカのニュース専門放送局「FOXニュース」の創設者がセクハラで告発された実話を題材とした作品。

義母が興味持ってくれたのでレンタル。
数年前の出来事、トランプ前大統領と同じくらいの時代にアメリカ
>>続きを読む

スペシャルアクターズ(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「カメラを止めるな!」ブームを巻き起こした上田慎一郎監督による劇場長編2作目となる作品。

前作が話題性を集めただけに、期待されて仕方ない本作となりましたが。
今回もまた上田監督らしい工夫が感じられる
>>続きを読む

テロ、ライブ(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

元国民的アナウンサーの元に届いた脅迫電話。
政治的な駆け引きにまで発展するサスペンス作品。

今回もまた感情移入のできない主人公視点で描かれる内容なので気持ちが乗らない。
でもストーリーはとりあえずよ
>>続きを読む

華麗なるリベンジ(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ファン・ジョンミンとカン・ドンウォンのタッグで描かれるサスペンス映画。

クライム要素もコメディ要素も程よく堪能。
胸糞展開は点々とあるが、それを遥かに上回る爽快感が魔法のような相乗効果を演出してくれ
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

問題行動の多いシャイア・ラブーフと、実際にダウン症の俳優ザック・ゴッツァーゲンがタッグを組んだ友情系ロードムービー。

ダウン症の俳優が主演という前置きから楽しみではあった作品。
物語の構成と、役者で
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

バカリズムってやっぱりすげえってなった。

バカリズム本人がOLの目線で日常のあるあるを彼らしい着眼点で捻り出してきた、近年では珍しい芸人主演映画の大当たり作品。
笑いのネタも勿論好きだが、脚本も役者
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.5

ロバート・ダウニー・Jr主演のドクター・ドリトル。

エディ・マーフィ版ドクター・ドリトルを鑑賞は多分しているけど内容は覚えていない。
けど本来の原作はイギリス出身の作家ということがしっかり納得できる
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

田舎で起きた事件を起源とした人間ドラマ。

実際に起こった事件、この手の事件はいくらでもありそうだけど、そこならヒントを得て作り出されたこの作品にどんなメッセージ性があったのか。

大衆が求める目線で
>>続きを読む

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

3.8

SHIROBAKOシリーズの劇場版。

アニメという媒体が出来上がり放送されるまでを事細かに描いた、アニメ業界群像劇「SHIROBAKO」のその後の物語。
本作で取り上げるのは劇場用アニメーション、泣
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

新感覚のSF青春ラブストーリー。

というテーマを押し出していたのなら、多分観なかったと思う。
友人から勧められたから鑑賞してはみたが、脳内の数ある長編アニメーションの仲間入りは難しいだろうな。

C
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.3

咲坂伊緒による同名原作コミックを映画化した作品。

原作コミックを過去に一気読み済み。
少女漫画を網羅していないので、この手の多少複雑な恋愛模様を描いた構図は当時斬新に感じた。
アニメ化は期待していた
>>続きを読む

セントラルパーク殺人事件(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

観て後悔したやつ。

鑑賞時、Filmarksで検索しても当時はまだ無かったから放置してた。
何となく検索したら出てきた、どんな糞映画でもリストアップしてくれるのがこのアプリの素晴らしいところだと心底
>>続きを読む

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

90年台のアルジェリアを舞台に、ファッションデザイナーを夢見る女子学生の奮闘を描いた作品。

実体験を基に、多分盛った演出もあるでしょうが明確な記録は完全に把握出来ず。
ただクライマックスがリアルだと
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

韓国のソウルを舞台にした、連続猟奇殺人事件を取り扱った作品。

韓国映画にも慣れてきて、キャストも見知った顔触れで繰り広げるシリアルキラーもの。
スコアだけで借りてみたが、なんとも怒りの矛先に戸惑う内
>>続きを読む

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

実話を基に描かれる、自閉症の子供達のために尽力を尽くす人達にスポットを当てた人間ドラマ。
原題は「規格外」。

人間ドラマとはいったが、内容は面白味よりリアリティを追求したドキュメンタリーに思えなくも
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アメリカのユタ州ソルトレイクシティの公共図書館がホームレスの避難時になっている、というエッセイからヒントを得て製作された社会派サスペンスドラマ。

つまりは実話ではないフィクション。
その事実を観終わ
>>続きを読む

CUBE ZERO(2004年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

一応本物の「キューブ」のストーリーに合わせて作られた感はある前日譚作品。
キューブシリーズの三作目らしい。

鑑賞の経緯は邦画でキューブのリメイクやるって聞いた義理の母が興味持って借りてみたら、間違え
>>続きを読む

ウェルカム・ドールハウス(1995年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

学校にも家にも居場所のない、ブスというだけで辛い生活を余儀無くされているにも関わらず、強く逞しく生きる女の子の物語。

胸糞要素が多いのは間違いないんだけど、一番の当事者がメンタル強すぎるもんだから何
>>続きを読む

この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

通常版にエピソードを追加した長尺版。

相変わらず良い、名作に変わりはない。
が…こういう後足しみたいな手法が好きでは無い。
通常版を観ていない人にはとりあえず本作をオススメしたいが…。

一度この素
>>続きを読む

暗くなるまで待って(1967年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

盲目の女性が事件に巻き込まれていく、オードリー・ヘプバーン主演のサスペンス映画。

盲目という素材があるだけで、サスペンス作品が一際輝く印象があります。
勿論脚本が上手くなければいけないのが大前提です
>>続きを読む

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

大物女性アーティストのアシスタントだが、プロデューサーになりたい夢を抱く女性にスポットを当てた人間ドラマ。

比較的観やすい内容でありながら、着眼点も少し独特で陳腐さを感じさせない。
女性のキャリアに
>>続きを読む

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

「きっと、うまくいく」みたいなテイストを匂わせてくるけど、果たして内容は?

似ている要素は確かに多い。
舞台や時系列を遡る手法、インド映画はこのパターンがそもそも多いのだけど。
だからこそ比較してし
>>続きを読む

エンゼル・ハート(1987年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

人間には、知ってはならないことがある。

興味を惹かれるキャッチコピーと相俟って、導入から長らくのミステリーを堪能できる一作。
クライマックスが売りといったところか、確かに珍しくもない締め方に違いはな
>>続きを読む

ポリスアカデミー(1984年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

警察学校を舞台とするコメディ映画シリーズ。
1984年に第1作目を公開し、10年かけて7作品を世に生み出している。

分かりやすく馬鹿馬鹿しい笑いがとにかく多く、気軽に観ていられるのは長所か。
ただ大
>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

韓国発、サスペンスアクション。

大きな組織的な力で罪をなすり付けられ、無実を晴らすために奮闘する系。
大まかにまとめると「プリズン・ブレイク」みたいな内容に感じた。

かと言って陳腐さもなく、惜しみ
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

-

ジム・ジャームッシュ監督によるオムニバス作品。
アメリカのテネシー州メンフィスを舞台としている。

同監督による「ナイト・オン・ザ・プラネット」は非常に楽しめたが、今回はハマらず。
日本人が監督の世界
>>続きを読む

コンジアム(2018年製作の映画)

3.4

韓国に実在する心霊スポット「コンジアム精神病院跡」を舞台としたホラー映画。

POVホラー。
という素材からハードル低く見積もって挑んでみた結果、そんなに悪くはなかったのかな。
この手の何か起こるまで
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

スタンリー・キューブリック監督による名作。
最近続編が出たので久しぶりに鑑賞して予習してみた。

まず本作を初めて観たのは学生時代、授業中に教師の粋な計らい?で観せられた。
当時は全く興味もなく、教師
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

クリストファー・ノーラン監督の最新作、既に鑑賞済みではあったが。

どれくらい前だか忘れたが、観たことは観た。
直ぐにレビューするに至らなかったには色々とありすぎて。

内容を理解できたのか、これは一
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

酷評の嵐、自分も同じ解釈しか出来ないだろうなと絶対観ないと思っていた。

家族が観たい観たいと言うので仕方なく。
一緒に観る気もさらさら無く、それなのに観てもいないのに冷評は不当だみたいな流れに負けて
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

どこか抜けてる麻薬捜査班が奮闘するコメディアクション。

期待を裏切らない丁寧なコメディベースが良い。
テンポが良く分かりやすく笑いのオンパレード、ずっと楽しませてもらいました。

ストーリー展開は笑
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジュマンジを引き継ぐに値するか。

個人的には、ジュマンジである必要性はあまり感じられなかった。
序盤からの突っ込み要素は山のようで、ここまで無理矢理繰り広げるのなら別タイトルもアリだったのでは。
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

続編?に該当するのか怪しい「ウェルカム・トゥ・ジャングル」を観る前にこちらを久しぶりに観た。

妻が観たことがないと言ってたので休日に一緒に鑑賞。
私が初めて観たのは多分新作だった頃、本当に懐かしい。
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

表向きは理想的な家族を演じる北のスパイ一家の物語。

個人的には新しい出会いとなった韓国作品のジャンル。
北朝鮮の工作員を題材とした作品が斬新だからなのだろうけど。

リアルなのかコメディなのか。
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

お宝コメディ映画。

ぱっと見面白そうなテーマだしキャストも悪くない。
それなのにイマイチ乗り切れない内容だったなあという印象。

ライト感覚なら楽しめるのかもしれない。
忠実さとか難しいことを考えす
>>続きを読む

>|