motoiさんの映画レビュー・感想・評価

motoi

motoi

映画(297)
ドラマ(2)

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

3.2

前作を観ているとより楽しめる作品ですね。まあ、観てなくても成田凌さんがサイコパスで、千葉雄大さんがトラウマ抱えた刑事だとはすぐわかりますし、問題無い。
今回は、前作で殆んど無かった加賀谷と浦野のやり取
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

作品のテーマ、訴えたい事について何かしら理解しようと思ったんですが、私には解りません。不快感しかありません。
そういう意味で、物凄く出来の良い胸糞映画ですかね。

もう導入部の事件から不穏な気分を煽る
>>続きを読む

グリンゴ 最強の悪運男(2018年製作の映画)

3.0

うーん、なんでしょうか。決してつまらないわけでは無いんですが、取り立てて面白くも無い感じですか…

宣伝文句の「最強の悪運男」と言う程、悪い展開かいな?と思ってしまった。
確かに主人公にとっては悪い展
>>続きを読む

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(2019年製作の映画)

4.0

太宰治の未完の遺作だからとか、成島監督作品だからとかそんな拘りは一切無く、大泉洋さんと小池栄子さんの共演ならなんかいい物見せてくれるんじゃないの?なんて、その程度の軽い気持ちで観てきました。あまり期待>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

実話を元にしたストーリー、それだけに重みが有りますね。

リチャードの正義感が強く融通が効かなそうな性格が、色々なところで軋轢を生み、敵を作って来たんでしょうね。
学長のリークなんて、理不尽極まりない
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

今作品は探偵が主人公ではありません。館に出入りしていた看護師のマルタ、彼女が関わる事件の発生過程を序盤で見せ、そこに切り込んでくる探偵との攻防を軸に話が展開していきます。
いわば、観客にある種のネタバ
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

3.3

まさかのあっち系要素有りですか!
何の情報も無しに行ったのでびっくりですわ…予告編ではわからん。

綾野剛さんはそう考えると、凄く難しい役を上手く演じてましたね。大人しくてなんか引っ込み思案ぽい、あの
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.0

さて、「呪怨」の清水崇監督、期待のジャパニーズホラーです。でも私は監督の作品は代表作「呪怨」はおろか、一本も観たことないです。
昔観た「呪怨」のプロモーション映像?のインパクトにやられて、いまだに本編
>>続きを読む

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

3.3

私はヲタクにもミュージカルにも特に関心無いんですね。勿論原作も知りません。でもなんか楽しそうだったのと、高畑充希さん主演映画が観たい一心で行って参りました。
ただ世間では、週間国内ランキング1位取った
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.0

久しぶりにジャパニーズホラー観ました。
なかなか面白い。
中島哲也監督の作品は「告白」しか観ておりませんが、また松たか子さんなんですね、たまたまですね、はい。

恐怖を煽る演出や目を覆いたくなる描写等
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.3

冒頭のAI「のぞみ」が次第に生活の基盤として浸透していく様は、なるほどなと感心しましたね。よくできてるし違和感無しですね、これならあり得るかも。

ストーリーも科学者桐生の逃避行を軸に、AI暴走をくい
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

3.8

熱い、熱すぎる映画ですね。
この映画、馬鹿馬鹿しいと思って観ていたら置いていかれます。このノリに共感出来るかで評価が分かれると思います。
まあ、わざわざ映画館まで足を運ぶ人達なんで、多少なりとも関心持
>>続きを読む

記憶屋 あなたを忘れない(2020年製作の映画)

4.0

予告編を観て、さぞかし感動して泣けるんやろなーと思って鑑賞。記憶を巡る登場人物達の感動的なエピソードが、オムニバス的に描かれてるのかなと勝手に想像してました。しかもバックには中島みゆきさんの名曲「時代>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.7

戦争をテーマにしてる映画です。なんだか明るいノリで始まります。ナチスの記録映像をバックにビートルズですか…

この雰囲気は劇中でも同様で、大戦末期、敗戦濃厚になりつつあるドイツ国内での話なのに悲壮感は
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

4.0

花屋を舞台にそこを訪れる人々の恋愛模様を描いた作品、想いを伝えることがテーマになっています。

田中圭さんがおしゃれな花屋の店主を演じていて、好印象です。やさしい雰囲気とか役にぴったりですね。それに登
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.8

手紙を題材にした岩井俊二監督の作品です。「Love Letter」もかなり前に観たんですが詳細は忘れました、まあ良かったような気がします。
監督の作品「四月物語」もDVD持ってるくらい好きでしたね。ち
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

この映画の売りはなんといっても迫力のレースシーンでしょう。レース中は観ているこっちまで手に汗握るくらいヒヤヒヤです。勿論危険と隣り合わせなだけに、ぎりぎりの駆け引きの末、ライバルを負かした時の爽快感は>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.5

みんな大好き「⚪⚪ゲーム」物です。ライアーゲームや賭けグルイ、トモダチゲームなんてのもありましたが、特定のシチュエーションでの心理戦を描いた数々の作品の中でも人気のカイジ、いよいよ完結とのこと。とはい>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.5

私自身、寅さん映画は劇場で一度、テレビで何度か観た程度ですが、内容はほとんど覚えていません。でも回想シーンを観て「ああ、寅さんってこんなんだったな」とすぐに思い出せるほど、愛すべき安心安定のワンパター>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.8

活動弁士による説明、なかなか味があっていいですね。今でも活動弁士による上映会があるそうで、一度観に行きたいものです。

ということでこの作品ですが、そつなく作られてて満足度高いです。
主役の成田凌さん
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

新年一発目、先行上映で観てきました。

パルムドール受賞など何かと話題の作品ですね。底辺に暮らす家族が金持ちのいわゆる上流階級の家庭に入り込み、タイトルの通り寄生していく様を描いた問題作です。
先行上
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.5

うーん、今回めっちゃ期待して観に行ったんですが、ちょっとハードル上げ過ぎましたかねえ。

密室殺人で容疑者が複数とかミステリーの王道やし、浜辺美波さん演じる可愛い探偵も登場、それでいて笑いのテイストも
>>続きを読む

魔法少年☆ワイルドバージン(2018年製作の映画)

2.5

「童貞」、「ヒーロー」ってワードになんとなく興味を惹かれて観賞。ポスター見るからにB級映画臭ぷんぷんですね、はい。
ヒーロー物としては特撮のクオリティがちょっとどうかと思うけど、この手の映画は予算的に
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.8

評判が良い今作品、全編通して緊迫感疾走感あり、韓国で大ヒットしたのも頷けます。

壁登りなど手に汗握るシーンの連続でこっちまでヒヤヒヤします。もともと主人公、ヒロインともにフリークライミング?の経験あ
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.2

最高ですね、くそ面白い。90分あっという間。

シティハンターといえばもっこり、もっこりと言えばシティハンターということで、自分はオリジナルのアニメのもっこりシーンはいつも苦笑いで抵抗感あったんですよ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.0

次回作の公開が控えてるみたいで、予習を兼ねて観賞。

こんだけスマホが私生活に欠かせないとなると、当然悪用する奴も出てくるわけで…そこにサスペンス要素を加えた脚本は面白くて良くできてると思います。自分
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.3

映画の日、3本目。久しぶりに3本はしごです。最後は松本穂香さんお目当てで選択。若手有望株の彼女、主演作いつかは観たいと思ってたので…

で、今作ですが淡々と話が進みます。上京した彼女が少しずつ出来るこ
>>続きを読む

ブラック校則(2019年製作の映画)

3.0

映画の日2本目。若い女性達ばっかりの中、おっさんが果敢にも観てきました。

なるほど、ジャニオタじゃなくても見応えありますね。校則を掲げる教師側が敵という対立の構図がはっきりしているのと、それを取り巻
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.5

気になっていた作品、映画の日に合わせてやっと鑑賞してきました。
殺人犯の母親と残された子供たちの15年ぶりの再会、そこから始まる葛藤、成長を描いてます。

うーん、テーマがテーマだけに感情移入すること
>>続きを読む

決算!忠臣蔵(2019年製作の映画)

3.8

切り口が今までの忠臣蔵と違って面白い。何度も何度も映画やドラマ化してる定番の題材だけにこういうのはアリですね。忠臣蔵で笑えるとは…コメディとして満足度高いです。芸人も多数出演してるからかな、ツボを押さ>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.5

精神病病棟っていうんですか、最初から色々な患者の様子を見せられてちょっと面食らってしまった。もちろん役者さんが演じてるとはわかっていても、現実はもっと理解出来ない世界なんだろうなと。

ストーリーはチ
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

4.5

「君の名は」や「天気の子」など話題作すら最近アニメ作品は観てないんで昨今の業界の傾向はよくわからないですが、話題性作りに声優ではなく俳優を起用することはままあるんでしょう。またそれに関して賛否はあると>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.5

限界集落で起きる事件って、実際に何年か前にも謎な事件あったよなと思い出してちょっと衝撃。

閉塞感漂う中での人間関係の軋轢や家庭環境、人種差別から起こる悲劇を描いた作品。
果たして人々にとって楽園とは
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

別の世界線に飛んじゃった話。
ビートルズだけと思ったらあれこれと無い物が多くてワロタ(^_^;)
こういうどうでもいい設定にもこだわりがあるのはいいですね。
登場人物に悪人が居ないのも観ていて気分がい
>>続きを読む

スペシャルアクターズ(2019年製作の映画)

3.8

前作「イソップの思うツボ」より遥かに面白い。
最初はほんと頼りなさ過ぎな主人公に共感出来ずちょっとしんどいかなと思ったが、中盤からトラウマを克服する過程とストーリー展開が上手く噛み合ってきてラストは観
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.6

この秋一番の話題作である。
ダークナイトで描かれたシリアス路線のバットマンと同様、アメコミの人物像を掘り下げて真面目に描く映画は嫌いじゃないです。

いかにジョーカーが暗黒面に落ちたか、ホワキン・フェ
>>続きを読む

>|