motoietchikaさんの映画レビュー・感想・評価

motoietchika

motoietchika

ゴジラVSビオランテ(1989年製作の映画)

3.6

クソ弱そうなジョン・ウィックみたいなやつが出てくるたび笑ってしまう。

ヴィデオドローム(1982年製作の映画)

4.0

冒頭の、人間とビデオの中の人間で会話が“成立してしまう”瞬間がエモい。虚実が混ざっていくことの示唆が美しくて感動する。会話だけでなく、ビデオの中と“接触”したりとか。

60年代のビデオ・テレビ社会に
>>続きを読む

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

4.1

気持ちいい夏映画!
情報量が削ぎ落とされてるのに妙に引っかかる設定(親がフィリピン人の男の子なに?とか、スマイルの家なに?とか)あって不思議。あからさまなフィクションとリアリティのコントラストが高い作
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

地獄の滑稽インターネット。アイデンティティのねじれ、仮想でだけは美女と野獣。自分の傷を他人に投影するエゴ、救うことで救われるご都合主義。歌はそれほど物語を駆動せず、ちょっと竜と近づいたくらい。最後のラ>>続きを読む

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年製作の映画)

3.6

いらんことするDQNが受ける因果応報×2は笑う。
ゴジラに立ち向かうかわいそうな怪獣たち。実質倒したのがまさかの自衛隊ですごい。日本つえー映画だった

REDLINE(2010年製作の映画)

3.8

超作画のスペースダンディ宇宙レース版。浅野忠信がよかった。音楽がよかった。作画は当然良いんだけど、脚本も細やかで、かと思えば「♡𝓛𝓞𝓥𝓔♡」でバスーンって終わるのすごすぎた。アホみたいなリーゼントの伏>>続きを読む

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト(2021年製作の映画)

4.6

覚悟と決意の卒業式。観る側にも覚悟を強いてくるのが強い。
レヴューの終わった舞台少女たちのナイーブな「語り」に対して、舞台を作る/破壊する大場ななの突きつける剣鋒がキラめく。
TVシリーズでは前に進め
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

3.8

編集=何かを犠牲にして何かを選び取ることの映画。それを体現するかのように遊びを排した高純度演出濃縮フィルムに仕上がってるけどいくら考えてもアランくんのサブプロットが浮いてる。それよりもジーンくんのポン>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.1

すべてが最後の撃ち合いシーンに奉仕する。うつくしいね…

帝都物語(1988年製作の映画)

3.6

すごい気持ちいい省略があったりびっくりするほどかったるいシーンが続いたりして不思議。話はほぼFate/stay night

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.8

50年経っても闘争が終わってないのがすごい。思ってた以上に討論の空間は穏やかかつ刺激的。それと瀬戸内寂聴の性欲。三島由紀夫がかっこいいのはわかる。

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

とにかくこの結末が観られて嬉しい。もっと長く生きていたら「生きててよかった」みたいな感想になったかもしれない。

なんかもうぐちゃぐちゃで全然上手くないんだけど一生懸命さだけは伝わるし、いい瞬間だけを
>>続きを読む

幽幻道士(キョンシーズ)(1985年製作の映画)

3.8

めちゃめちゃ可愛いテンテン。コミカルなキョンシー、っていうのがもう最高。たまに垣間見えるグロテスクさが昔は怖かったなぁ

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

3.8

前に見たときより楽しめた。やっぱメインテーマよすぎるね。刀選ぶシーンでかかるのは『リリィ・シュシュのすべて』の「回復する傷」。

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.8

キム・ダミが可愛くも殺戮マシーンに覚醒!!
ほとんど『エルフェンリート』。

可愛くて踊れる、オーディション番組でも優勝しちゃう彼女がとぼけた笑顔で血塗れになってる姿だけで嬉しい。
ゼロ年代バトルアク
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.1

友人の「オタクが死ぬ前に見る夢みたい」って評ですげえ笑った。わかるなぁ

>|