mochizさんの映画レビュー・感想・評価

mochiz

mochiz

映画(1327)
ドラマ(4)
  • List view
  • Grid view

愛の選択(1991年製作の映画)

2.0

むかーーしに原作を読んだので懐かしさで見てみたが、どうも結末が違うような…
なんかもっと泣かされたけどなぁ。

キャンベルスコットは素敵であるが。

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

2.4

過去パートの展開は無理がなく、説得力のある悲劇で、ローズも魅力的だし、マイケルと神父(牧師?)が見た目から正反対だったり、登場人物もキャストも良かった。
が、肝心の聖書の下りが結構おざなり。
オチも早
>>続きを読む

ある女流作家の罪と罰(2018年製作の映画)

2.5

生活していくのは骨が折れる…
「著名人の手紙」業界は真偽が混乱してそうだが、彼女自身は違法でも冒険してみて結果良かったようだ。
映画化されたし。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.2

トランプ政権批判なんだね。
あと、主人公がデンゼル・ワシントンの息子だとは知らなかった。

そんなに実話に沿ってないらしい。とかの詳しいことは全然知らないが、とても面白かった!
ロン(ワシントン)のワ
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

2.9

スコセッシはこういう人を暴くくせに、なんだかんだでやさしい。
ジュリールイスがキャラにぴったりの唇で怖い!

狼の死刑宣告(2007年製作の映画)

2.0

なんじゃそら。
いろいろ雑だが、バリカンの雑さだけは良かった。

アウトブレイク(1995年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ケーシー(スペイシー)が素敵。
助かってほしかったなぁ!
サザーランドのいい感じな「上の奴ら」感。

面白いが、ヘリチェイスが長い。
あと、猿が人懐こくて助かった感。

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.4

やっと見たが、ロックで面白かった。
ジョーペシが恐ろしすぎる。
ファニーだと?の下りは心臓がぎゅっとしたわ…

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ファンが多いよね…
当初寝てしまったので再チャレンジしたが
序盤を超えたら面白かった。

なんだか豪華キャストだし
フランクの正体は秀逸だが…
そこに戻るのが一番良いの?

アポロ 11 完全版(2019年製作の映画)

3.5

アポロ計画や有人宇宙飛行の映画は多く見ている方だが、やっぱり本物は凄い…!と思わされた。

まず、初手のロケットを運ぶ様子でびっくり。
船員が乗りこむ様子に緊張したあとに来る発射シーンは圧巻であった。
>>続きを読む

われらが背きし者(2015年製作の映画)

3.2

プロフェッサーは浮気者なのに信義に厚い。
もう一人の主人公ともいえるヘクター(ルイス)も熱い。
ル カレ渋いなー

ディマ(スカルスガルド)が魅力的で、教授が尽力してしまうことに説得力があった。
設定
>>続きを読む

君への誓い(2012年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

予告の雰囲気から記憶が戻るとおもいきや、そうはならなくて驚いた覚えが。
無理がなくて良かったと思う。

フラワーショウ!(2014年製作の映画)

1.8

野草が好きなので楽しみに見たが…
なんというか驚きのとりとめなさとツギハギ感。
主人公のふぁっそんとあいまって困惑…
なんとなくまとまってるのがもはや凄いのかもしれない。

メアリーレイノルズの名を借
>>続きを読む

ドリームハウス(2011年製作の映画)

2.0

悪い方に都合がよすぎる

クレイグとワイズきっかけムービーってことで、ラブラブではある。

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.2

予想外のファスベンダーの使い方w
お面にいい身体が生えてるのがシュールであった。
端々で細かくウィットしながら、とても上手くまとまっていて、意図がぼやけなかったし、面白かった。

マギーギレンホールも
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

2.0

英語の邦題をつけるのはなんとかならんのか…

少女に出会うまでは、思わせぶりで退屈に感じた。
そこからぐっと大事になって、静かに盛り上がる。
小児性愛(最低)、DV、PTSDのごった煮だが、ホアキンの
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

2.0

うーん…
ふーん、そうなんだ、という感じだ。
ミミちゃんは可愛かった。

500日のサマーやギフテッドのほうが面白い。

ブルックリン(2015年製作の映画)

2.7

そっかー!
幸せになってほしいなぁー

新天地が海外(UEですらなく)っていうのが、やっぱり日本とは違うな…
簿記がBookkeepingの訳語だなんてしらなかった!

The Little Stranger(原題)(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ホラーなのか
サスペンスなのか
この不穏感はどっちなんだろう…とジリジリしたが
この物語の本質は、憧れ妬み執着といった妄念のようだ。
とても面白かった。
ラストは見たまま、と考えていいのかどうかはわか
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

2.0

ライトセーバーってボタンで誰でも出せるんだ、ということを知る巻。
ハンソロの「I know」もこの巻。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

1.9

「ジェダイの復讐」だったころ、確かに子供にまで話題だった記憶。
「ジェダイの帰還」になって、帰還したアナキンのフォースゴーストをヤングアナキンに変えちゃったら、ベイダー役の人が気の毒やん!と思った。
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

2.0

当時、R2D2から投影されるレイア姫にうっとりするルークの気持ちがわからなかった思い出。
でもライトセーバーにはやっぱり心を掴まれた。
あと、このエピソードは単体でちゃんとオチてるしね。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

2.3

オビワンって強かったんだーと、初めて思う巻である。
ダース・ベイダーに萌える気持ちは抑えようがない。

ヨーダはこっから急速に老いるのであった。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

2.2

相変わらず薄すぎてさっぱりわからないが、ヨーダの躍動に感動してしまう巻。
あと、ボバ・フェットのルーツと顔、ダースシディアスのいかにもな容姿の原因を知ることができる。

メイスウィンドゥが一番強いんじ
>>続きを読む

フライト(2012年製作の映画)

1.9

フライトではなく依存症の話
そういう意味ではサプライズ

フェンス(2016年製作の映画)

2.0

家族のたっぷり物語。
どう思って見るのが正解なのかわからなかった。

イコライザー2(2018年製作の映画)

2.0

楽しい小ネタがいっぱいだったが、
ラスボス戦がハラハラ0
人払いの必要があるとはいえ嵐が見にくいし。
少年の問題は、あの程度のおどしでは余計腹いせとかされそうだし。

1は超えなかった。

悪の法則(2013年製作の映画)

2.9

まー、喋る。
ダイヤの話と、マルキナがフェラーリといたす話しが特に好きだ。
あと、恐ろしくて笑ってしまうほど、ぽんぽん○ビがとぶ。

ハンターの才覚なんかないんだから真面目に生きよう!
と思わされるほ
>>続きを読む

シークレット・ミッション(2013年製作の映画)

2.5

振れがでかすぎるw
これはもう2本分やわ。
体感時間4時間くらいだった。

コメディ、アクション、両パートともちゃんと面白かったです。
主人公のこ、凄いね。

ラッキー(2017年製作の映画)

2.6

加齢が健康を追い越しそうな年頃、90歳。

哲学めいた台詞まわしがスタントンの味わい深さを邪魔しないバランスなのが良かった。
日本人として少女のエピソードは響いた。
その微笑は、怖いときになぜか笑って
>>続きを読む

>|