もときちさんの映画レビュー・感想・評価

もときち

もときち

映画(100)
ドラマ(0)
  • 100Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

楽園(2019年製作の映画)

3.3

面白くなりそうな展開なんだけど消化不良気味のまま終わりました、、、
閉鎖された村社会の駄目なところをすべて詰め込んだような中々の胸糞映画でした!

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.5

前作のシャイニングを見てないんでサイコスリラーかと思っていたら超能力者バトルでワクワクしました!
前作とリンクしているシーンも多いので予習・復習をお奨めします!

15ミニッツ・ウォー(2019年製作の映画)

3.7

事実よりめちゃくちゃ盛ってる話やろうけど緊迫感もあって狙撃手好きにはなかなか堪らないミリタリー映画でした!

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

3.3

自分が思ってた内容とは160度違う、世にも奇妙な物語みたいな青春映画でした!

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.4

原作は直木賞と本屋大賞のW受賞なんだってね、静けさの中にアツさのある美しい青春映画でした!

最初の晩餐(2019年製作の映画)

3.7

実力派揃いだけあって見応えのある行間の読める大人向けの作品でした。
結局、永瀬正敏が全部持って行くやん!

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.6

エロ×コメディー×ツンデレ要素増量、原作愛が溢れていてちょうど良いくだらなさが最高でした!
原作漫画・アニメファンも納得の出来じゃないでしょうか!?
EDにGet Wildが流れたら万事OKです!

影踏み(2019年製作の映画)

2.9

確かにこれは実写映画化するにはきびしい設定とストーリーでした、、、

七つの会議(2018年製作の映画)

3.7

池井戸潤作品らしく面白くて最初から最後まで楽しく見れました。
すべての働く人に捧ぐ( ̄^ ̄)ゞ

タイタニック(1997年製作の映画)

4.6

公開当時、現在では考えられませんが立ち見が出るほどの盛況っぷりでした、、
映画史に残るラブロマンスの金字塔!
当時は泣いたなぁ〜、今見たら泣けんのかな〜

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.2

事実に基づいた話は大好物なんですがここまで緊迫感のある映画はそう無いかも....
見終わった後にすぐ感想が出てこないくらい凄かった!
たぶん映画館で見たら失神してましたw

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.5

ホラー映画は専門外なんですがオカルト要素強めだったので無事に観了。
やはり人間の業が1番恐ろしいですな!

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.5

コメディー要素強めで最早ホラー映画ではなかったけど前作最大の謎が解けた点は良かった。
1作目と完全リンクしていて2作で1本のような映画でした!
もう続編はさすがにないよね!?

パラドクス(2014年製作の映画)

4.0

ジャケットがあまり良くないけどタイムリープものとしては相当面白い。
隠れたスリラーの名作!

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.6

ジャケットのイメージとは違い、ポップでキャッチーな良質スリラーでした!

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

もうこれは設定の勝利みたいなとこあるよね!? やっぱり良い時も悪い時も支えてくれた相手を選ばなあかん!
俺好みのAll You Need Is Loveな映画でした!

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.5

思ってたより猟奇的でグロかった、、、
ツッコミどころは多々ありますがこの際目を瞑ります!

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.6

コレは実写化成功例でしょ!?
ずっとニヤつきながら観てました、、、
埼玉最高ぅ!

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.2

太宰治の超入門篇。ピカレスクロマンというよりは太宰治meets 売れっ子ホストでした!

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.1

あるシーンで映画館が騒ついたと言われている今作、ドラクエの大ファンという事もあってここまで度肝抜かれた展開の映画はある意味初めてかも.....

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.1

土屋太鳳meets 24時間TVな感動作!
こういうのはドキュメンタリーで見たいよねっていう捻くれた自分がいました.....

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.5

まさか2020年にシュワちゃん演じるT-800とティアドロップ型サングラス姿のサラ・コナー姐さんを拝めるとは思ってませんでした、ありがとう!

半世界(2018年製作の映画)

3.6

なるほど〜、タイトルの意味はそういう事か!?吾郎ちゃん!!
人生の折り返し地点に差し掛かったアラフォー男性ならより刺さるであろう中々の感動作でした!

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.4

まさにホラー×スタンドバイミー。
ボクはこういう少年時代と現在の大人パートが交錯するお話は大好物です!
さすがに上映時間3時間は
ちょっと長かったけどねw

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.3

2011年の映画なんですがこの2020年に鑑賞すると感染拡大して行く模様が非常にリアリティーがあります。
ラストシーンの繋げ方は良かった!

凪待ち(2019年製作の映画)

3.2

香取慎吾がクズ役という新境地に挑んだこちらの映画。サスペンス映画だと思って観ると肩透かしにあうかも!?
期待している好きな監督さんなだけに若干消化不良気味、、、

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.2

ジャケットからは想像出来ない胸糞なシーンもありますが内容としては松岡修造likeな物凄い熱量のある人間賛歌映画でした。
個人的には2019年公開された邦画で1番良かった!

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.8

キャストの知名度もおふざけ度合いもパワーアップ!ゾンビ映画としてもB級映画としても最高にCOOLな
シリーズだと思う。
いつの間にかマディソンの事が好きになってました!

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.7

おバカエンターテイメント溢れたゾンビ×コメディー映画の第1作目。
頭空っぽにして気軽に見れます!

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.4

ラストの戦艦大和のシーンは敬礼しながら見てました( ̄^ ̄)ゞ

ソウ(2004年製作の映画)

4.2

シチュエーション・スリラーの最高峰。
種明かしのシーンは鳥肌モノ!
原点にして頂点!

セブン(1995年製作の映画)

4.5

映画史上に残るラストシーンの後味の悪さ。
サスペンス映画の傑作!

何者(2016年製作の映画)

4.2

序盤は現代の大学生あるあるみたいな感じやったけど刺さる人には突き刺さると思う。終盤30分の畳み掛けにはしびれた!
就活生はもちろん、20代・30代必見です!

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.5

青春時代を追体験するかの様な映画。
個人的にはBEST3には入る青春邦画!

>|