もうさんの映画レビュー・感想・評価

もう

もう

好みは人それぞれ。ジャンルは幅広く。綺麗でセクシーな女優が出てて良質な映画が観たいな…
あと、映画を語れるお仲間さんが出来ると映画をより一層楽しめます。
どうぞ仲良くしてください。
よろしくお願いします(^^)

映画(42)
ドラマ(0)

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

評判は知っていましたが、まさかの展開で面白かったです。

コテコテの黒人差別映画を予想していましたが、違いました。

白人至上主義者が黒人を排除する意味でのゲットアウトかと思っていたのに、全然違うじゃ
>>続きを読む

或る終焉(2015年製作の映画)

3.8

終末期ケアのため訪問看護をする看護師のお話。

看護師デヴィッドは献身的に看護をして患者との信頼関係を築きます。

デヴィッドの使命は患者さんの要望を叶えることだけ。
それが時には行き過ぎるように周り
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

戦争映画は一度見だとよくわからないのでいつも二度見しています。

今回、二度見を完了したので感想を書きます。

フランスのダンケルク海岸で、ドイツ軍に包囲されたイギリス軍とフランス軍の兵士を撤退救出す
>>続きを読む

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

4.0

『ドライヴ』でレフン監督いいなぁと思って鑑賞。

さすがにこちらは評価が下がっていますが、わたしは好きです。

陰湿な雰囲気がいいし、タイを舞台にこんな映画が作れるなんて素敵過ぎます。

そりゃあ一般
>>続きを読む

地獄愛(2014年製作の映画)

3.0

『ハネムーンキラーズ』『ロンリーハート』、そして『地獄愛』。

邦題がなんかベタすぎてどうかな?と思いましたが、3作の中で一番好きです。

女性の、しかも中年の嫉妬は怖いです。

嫉妬する相手は、最後
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

マザー!観たさに何年か振りにTUTAYAレンタル会員になりました。

この何年か映画はWOWOWやCS、どうしても観たかったらamazonでポチッとして凌いでいました。

でも、フィルマでレビュー拝見
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

美しく強い女性といえばシャーリーズ・セロンが一番だと思います。

綺麗でセクシーなんだけど、背が高く大柄なので圧倒されますよね、男性は。

なので普通の女性の役は少なくて、戦う強い女性の役が多いのです
>>続きを読む

グリフターズ/詐欺師たち(1990年製作の映画)

3.0

今ではすっかりお母さん女優になってしまったアネット・ベニングですが、本作では若くて綺麗な悪女を演じています。

ステキなショートヘアで当時は憧れました。

スタイルも抜群で、今見ても彼女の美脚に勝るも
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

紳士スパイの過激なアクション映画。
面白かったです。

映画好きなのに恥ずかしながら007を観たことがないので、パロディとかはピンときませんでした。

ただ、007には疎くてもオースティンパワーズは大
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.0

ライアン・ゴズリングが男気ある無口な主人公を演じてます。

無欲な男が子持ちの女性を愛します。

愛する女性がシングルマザーだったら何も問題がなかったのですが、トラブルを抱えた旦那がいます。

好きに
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.5

歌唱力抜群なキャスト陣のミュージカル映画で見応えありました。

ストーリーは至ってシンプルなサクセスストーリー。

どの曲も素晴らしいのですが、わたしはビヨンセが歌うListenが好きです。

今まで
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.8

性別を超えた愛の物語なのですが、結婚してから女性になりたいと夫に告白されるなんて…

友人ならいいですよ。
相談にも乗りますしエールも送ります。

でも夫となるとそう簡単に理解など出来ないと思います。
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.0

こちらの評価を拝見して興味を持ち、DVDレンタルしようかと思ってたらCSで放送があったので鑑賞しました。

たしかに、森田剛はがんばりました。
ジャニーズなのにあんなシーンまで!

とても暗くてクレイ
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.0

ネイビーシールズの伝説のスナイパーの苦悩を描く物語。

戦争映画好きなのでイーストウッドの映画はあまり好きではないのですが鑑賞しました。

いつもは軽い印象のブラッドリー・クーパーがシリアスに演技して
>>続きを読む

薄化粧(1985年製作の映画)

4.0

わたしにとっての日本の代表的な俳優は、高倉健でもなく、渡辺謙でもなく、緒形拳であります。

本当にひどい主人公。
金、女を欲情し、邪魔になった者は殺す。
自分を馬鹿にした者は殺す。

「民主主義やで!
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.0

見た目はとても美しいが根っこから痛んでいくアメリカンビューティーというバラ。

メインの家族は大きな美しい家を持ち、車もあって、経済的に余裕のある理想的な暮らしをしています。

しかし、この家族には愛
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.8

好奇心が強くて、何でも知りたがりなのでスマホで検索するのが大好きです。

はい、この映画を観て怖くなりました。

自分の情報を自ら提供しているのね。

いややな、ヘンなレッテル貼られるのは…

そんな
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.5

旦那しか男を知らない平凡な主婦テルマと、恋人からなかなかプロポーズされない独身のウエイトレスのルイーズ。

まったく真逆の親友同士の2人はバカンスに出掛けます。

日常の抑圧から解放されてつい羽目をは
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

4.0

タイトルを見たらサイコサスペンスで間違いないだろうと思うのですが、実は現代社会に身を置く者の心の闇をブラックユーモアで描いた作品だと捉えています。

まあ、主演のクリスチャン・ベイルの怪演が堪能できる
>>続きを読む

クライング・ゲーム(1992年製作の映画)

4.2

オープニングにパーシー・スレッジの『男が女を愛する時』が流れます。

ああ、男が女を愛する物語なんだな、と思って観たら騙されました。
なんとも皮肉な曲を流すものです。

これもニール・ジョーダンのセン
>>続きを読む

ワイルド・アット・ハート(1990年製作の映画)

4.5

ロマンティックなロードムービーです。
20年以上前に初めて観たデヴィッド・リンチの映画で、一目惚れでした。
出てくる人はみんな個性的でニコラス・ケイジのベストムービーだと今でも思ってます。
ヘビ皮のジ
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.8

レオン以降あまりパッとした役に恵まれなかった感のあるナタリー・ポートマン。
そのナタリーがついに代表作と言えるほどの名演技をみせオスカー受賞となった本作。

バレリーナという精神的にも肉体的にもストイ
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.3

トム・クルーズとニコール・キッドマンが夫婦時代の作品。
役柄も夫婦役です。しかも倦怠期の夫婦という設定。
キッドマンは常に大あくびをしています。
ある日夫は妻から妄想の話を聞かされます。
夫とは別の男
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

タランティーノがカンヌ審査委員長の時のグランプリ作品ですが、当時は韓国映画というだけで観る気が起こりませんでした。
そして、10年以上経ってCSでやってて観たのですが衝撃的でした。
なにこれ、日本映画
>>続きを読む

ブラックホーク・ダウン(2001年製作の映画)

3.8

残念ながら映画館では観れなかったのですが、DVDが出てから何度も繰り返し観ました。
自分でも何回観んねんって言うくらい(・_・;

何年も続くソマリアの内戦に介入したアメリカ兵の苦難を描いています。
>>続きを読む

蜘蛛女(1993年製作の映画)

4.0

ゲイリー・オールドマンとうとうアカデミー賞受賞しましたね。
でも、わたしの中ではこの映画のゲイリーにオスカーを差し上げたい。
優柔不断で女好きの情けない役柄は最高です。
レオンのキレた演技よりこちらの
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.2

当時、テアトル梅田の最前列の端っこの席で鑑賞しました。
そこしか空いてなかったからです。
それはそれは大人気な映画でした。
サントラも手に入れ毎日トレスポに浸りました。
ユアン・マクレガーが生涯一カッ
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.5

ちょうどプロ野球開幕戦の前日に観ました。
弱小チームアスレチックスがGMビリーによるデータ野球を導入して20連勝という偉業を達成した実話です。
こんなの我が阪神タイガースがやってしまったら気絶もんです
>>続きを読む

赤い航路(1992年製作の映画)

4.0

二転三転する男女の力関係。
中年のアメリカ人作家が若いフランス人の妻との出会いから現在までを赤裸々に語っていきます。
そのゲスい物語を聞くお堅いイギリス人男性。
あまりの酷さに時々怒り出すイギリス人男
>>続きを読む

セクレタリアト/奇跡のサラブレッド(2010年製作の映画)

3.5

趣味が映画鑑賞と競馬なので最適な映画。
セクレタリアトの血は偉大です。
ただ、ディズニー映画だけあって、ちょっと家族愛みたいなのがクドく感じました。

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(2013年製作の映画)

3.0

先ほど、FOX Movieでやってたので鑑賞しました。

オーストラリアホラー怖かったです。
グロ描写もえげつなくて力が入りましたがブラックユーモアもあり。

似ている映画の悪魔のいけにえ、マーダーラ
>>続きを読む

甘い毒(1994年製作の映画)

4.0

ファムファタール系の大好きな映画です。
彼女の声が素敵すぎます。
わたしの中では蜘蛛女、ファムファタール、甘い毒が3大ファムファタール映画であります。

レディ・キラーズ(2004年製作の映画)

3.5

コーエン兄弟の気楽に観れる犯罪コメディ映画。
トム・ハンクスの胡散臭い詐欺師や間抜けな泥棒たちも個性的でいいけれど、騙そうとした相手が悪かった。
おばあさん強かった。
そして、猫のピクルス最強!
切断
>>続きを読む

オール・ザット・ジャズ(1979年製作の映画)

4.0

ボブ・フォッシーの自伝的作品でロイ・シャイダーがジョーギデオン=フォッシーを演じます。
彼を蝕む病に死ぬかも知れないという恐怖や忙しい日々のレッスンをショウタイムで見せてくれます。
そんな彼を心から愛
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.0

20年以上前に初めて観たタランティーノ監督の映画。
当時は衝撃的で何度も繰り返し観ました。
ユマ・サーマンのヘアメイク、ファッションに憧れました。
伝説のシャネルのネイルもゲットしたなぁ。
音楽も、ど
>>続きを読む

ファニーゲーム(1997年製作の映画)

3.0

本当に胸糞の悪い映画。
お金を出して観に行く気が知れない。
しかし、DVDでは何度も観みした。
そしてハネケ監督が気になり何本か作品を観ました。
怖いもの見たさでしょうか?
救いようのない展開、人間の
>>続きを読む

>|