いちかわさんの映画レビュー・感想・評価

いちかわ

いちかわ

映画(203)
ドラマ(2)
アニメ(0)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

-

もうさ、冒頭であんなバチバチSFな雰囲気の中で70年代のロックをカセットで聴きながら惑星の上でステップ踏み始めた時点で最高だよ

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年製作の映画)

-

ふふふーーんいいな〜この感じディズニーいきたくなる
サリーの健気な性格がたまらなく可愛いです

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

-

これがファイトクラブか!!めちゃくちゃ面白かった!映像もカッコよかったし…かなり好きだ!

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

-

動かなくなったバスをみんなで押すとバスが走り出して、走り出したバスに追いつくために走って乗り込む。家族が上手く乗り込めるように手を伸ばす

あのこは貴族(2021年製作の映画)

-

なんかもう次元違い過ぎて他人事に思えてしまったよ!!
こういう貴族のみなさまってマックのクーポンとか使わないんだろうな

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(2003年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

クリスマスってやっぱりいいな〜!
ニューヨークをエンジン付きのソリが駆け抜けるの最高だったし、最後の街中で歌うシーンなんか分からんけど涙腺にきた
エルフなバディがニューヨークに来たところからずっと最高
>>続きを読む

レイジング・ブル(1980年製作の映画)

-

いい弟だな…試合終わった後の楽屋での男泣きグッときた
デニーロの役作りすごすぎない?

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

-

ケニーの玉が腫れたナニを3回も見るとは思ってもいなかったぜ!!

ロリータ(1962年製作の映画)

-

年相応にな!!好きになる相手をな!!選ばないとな!!最後のシーン苦しかった!

ウォー・ドッグス(2016年製作の映画)

-

ジョナヒル見たさに鑑賞。人生で一回はこんな風に荒稼ぎしてみたい。拉致られて逮捕されたくはないけど

シザーハンズ(1990年製作の映画)

-

エドワードの何もかもが好みすぎてたまらないです。ティムバートンの映画に出てくるゴシックなジョニーデップが本当に最高です。ありがとうございます

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

-

観る準備しない方で観た方が楽しめる映画
ジュンがホテルでカメラ持ちながら言ってたセリフが好きだ
とある1日のとある2時17分
スティーヴブシェミ

タクシードライバー(1976年製作の映画)

-

全体の色味好きだったな〜
今日は雨が降っているからクズどもが洗い流されているかもしれない

レナードの朝(1990年製作の映画)

-

人生を全うしようとする心とその意志と共に歩めない肉体。医療ってこれだから難しい
ロバートデニーロが目覚めてロビンウィリアムズと夜中会話するシーンでは思わず涙
医者と患者ではなく人間と人間だった

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

-

狂ってるし理不尽だけど、このまま死んでいくならパプキンからしたら良い人生なんだろうな

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

-

「ガキの頃からギャングになりたかった。大統領よりもギャングが憧れだった」——。
もう一回観ちゃうだろうなー

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

-

21に続いて言わずもがな最高でした
このシリーズ永遠にやってくれ

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

-

もうバカ映画しか観れねえ頭になっちまった
ありがとう

セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ(2000年製作の映画)

-

ドチャクソはちゃめちゃ万歳
現実世界にセシル・Bのような監督が現れてこんな風に映画撮ってくれたら私はそいつを愛してしまう

クライ・ベイビー(1990年製作の映画)

-

全部おしゃれで可愛い
この映画のテンションで生きたい〜〜

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

最高だったなああ
ジョーダンピールのホラーめちゃ良いな…
前半の言語化し難い不気味さが怖さを増してくる…
私も遺伝子守らなきゃ

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

-

みんな誰かのために自分の「クレイジーな部分」闘ってる
ティファニーみたいな女の子が悲しそうな顔すると泣きそうになる
お父さん、最後のひと押しナイスすぎる
もれなく全員幸せになってくれ

デスペラード(1995年製作の映画)

-

タランティーノが出てる!
いやお前ら2人はギターケースそのままいくんかい!!

ジャーマン+雨(2006年製作の映画)

-

「お金一銭も無くなっても人間って死なないもんだな」
会話の中の沈黙やハンディカメラになるところが好き

アングスト/不安(1983年製作の映画)

-

思ってたより?????
マゾヒストの女結構悪いと思うな

Jam Films (ジャム フィルムズ)(2002年製作の映画)

-

CGのオープニングが良い!!
平成初期を感じるような作品たち
足舐めるやつ完全に監督の性癖だろ
綾瀬はるかのブルマありがたいし若き頃の広末涼子がただただ可愛い

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

-

ドップラー効果の話のしめかた洒落てない?
75分という時間でゆっくりと彼の気持ちを汲み取っていくような感じだった

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

-

なんか初めて観る感じの映画っていうか映像っていうか…!
最初は映像に目が慣れなくて疲れそうになったけど、インタビューのシーンが結構ダークな感じでそっから感情移入して最後は画面から目が離せなかった
TV
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

-

役所広司の田舎のおっちゃん役本当に良い
頑固そうに見えて、意外と順従なのが可愛らしかった
沖田監督がつくる人間関係のあったかさが好きだ〜

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

ずっと自分を探してた
ハッピーエンドかバッドエンドか、そういうことじゃない作品

>|