むぶどんさんの映画レビュー・感想・評価

むぶどん

むぶどん

アクション、ミュージカルが特に好きです。感想をため込んで一気に出す事があるのでうるさいです。

映画(112)
ドラマ(0)

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(2007年製作の映画)

3.8

イギリスのお騒がせおじさん・Mr.ビーンがくじで手に入れたカンヌまでの旅行券とビデオカメラを持って珍道中を繰り広げる、シリーズ劇場版2作目。タイトル通り、カンヌをはじめとした各地でビーンがひたすら迷惑>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

伏して拝むがいい、黄金の終焉を───。かつて母星を追われた人類がその奪還のためにゴジラに挑む、挑んだ、いや挑んでいたはずだったアニメゴジラシリーズ3作目にして最終章。「なるほどこう落ち着くのか」という>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.8

あのハタ迷惑なドぽんこつスパイがまたまたスクリーンに登場。最新デジタル技術に対してアナログスパイグッズ・アナログ頭脳、あるいはアナログを飛び越えて古典的な道具で挑むというテーマが存分に活かされており、>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

劇場で、音楽界の伝説を体験する。伝説のバンド・Queenのシンガー、フレディ・マーキュリーの半生を彼らの音楽とともにドラマチックに描いた作品。作品自体は難産だったようだけど、フレディやその周りの人々と>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.3

愛しの娘の行方を突き止めるため、父親はその画面以上に深く広がる情報の海へと飛び込んでいく……全編PC画面のみで展開する、アイデア満載のサスペンス。「パスワードをお忘れですか?」やお父さんのお試し生配信>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

10/26(金)、新宿ピカデリーのスクリーン1にて、「バーフバリ2部作完全版絶叫オールナイト」とかいう要素詰め込みすぎて理解しきれないそれのような名前のイベントに参加させていただき、その際に観ました(>>続きを読む

劇場版Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演(2018年製作の映画)

4.6

「紅蓮の弓矢」「自由の翼」「心臓を捧げよ!」など、アニメ『進撃の巨人』に多数の楽曲を提供してきたLinked Horizon。本作は、アニメで使用された主題歌5曲に加えて主にSeason1の内容を基に>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ(2003年製作の映画)

3.9

恐れ知らず危険知らず、そして何も知らず。英語版ポスターのキャッチコピー、すごく面白いなあ。諜報機関MI7所属のスパイ:ジョニー・イングリッシュの活や、く……いや。ひたすらミスを重ねるジョニーのサポート>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.2

『バーフバリ』の大成功あってこその日本公開だから、宣伝としては『バーフバリ』推しが当然なのだけれど。『バーフバリ』を観ずにこの作品を観ても、何一つ問題はありませんよ。
『バーフバリ 伝説誕生/王の凱旋
>>続きを読む

網走番外地(1965年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

そこは雪の降るふる北の監獄。母を思う男が繋がれるは、悪人集う網走番外地───。友人との鑑賞会で、『フランケンジョーズ』と2本立て。なんで?
ガバポイントが多々あれど、それすらも作品の味か。なので、静か
>>続きを読む

フランケンジョーズ(2016年製作の映画)

1.3

なんか……何を観たんだろうな……覚えがあるのは……スライドして口を中途半端に開けたまま人を食べるサメと……ジャンプ喰いしてご丁寧に足だけ残したサメと……なんか途中からサメがかわいく見えてきた事と……な>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

4.0

公開初日に。大人パートを挿し込んだ実写版とは違って、一貫して学生時代が描かれていた。たぶん原作に忠実だったんだと思う。場面ごとの空気感の調整だけでなく、全体的に丁寧でとても観やすかったです。随分久しぶ>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

公開直後に観ました。最近まとまっての投稿ばかりで、観た日とレビュー貼る日のズレがあるのはちょっともやもやしますね。多分続けるんだろうけど。
すごく幸せ。ゴージャスさたっぷりの大人数ダンスを観られるのが
>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

3.9

とあるひと夏を共に過ごし、やがて始まる新しい1年の時に偶然再会した2人。ツッぱる男と転校してきたお嬢様、そしてその周りのワルたちの日常と恋愛模様を描いた学園ミュージカル。高校生(にはとても見えないくら>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

3.5

護るボディガードと護られる世界的歌手の恋愛を描いた作品。あくまでも恋愛がテーマであり、ボディガードがなんたるかなどはそこまで重視していない印象。姉の嫉妬のくだりはぞくっとして良かったのだけど、そのほか>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

「撮影は続ける!カメラは止めないで!」ちょっとひねくれて、そんなに面白いんか、と疑ってかかってみた。しかしこれはまさに発想の勝利、後からこれほどに効いてくる面白さだとは!ポン!ポン!内容を知りすぎると>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

ワシントンポスト社の人々が、自分のすべてを危険に晒すことになるかもしれないと知りながらも政府に反抗し、ベトナム戦争の真実を伝えた実話を描いた作品。監督のスピルバーグが同時期に製作を進めていた『レディ・>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

はみ出し者たちの出会いから、運命のその日まで。2015年に起こった"タリス銃乱射事件"にて犯人を制圧し、結果として1人も死者を出させなかった3人の英雄たちについて描いた作品。当事者である3人(スペンサ>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

シンジケートの残党が、イーサンと世界に牙を剥く。イーサン・ハントという男を描き切った『ミッション:インポッシブル』シリーズ6作目。スタントでトムが負傷し、いったん撮影が中断された……なんてこともあった>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.9

謎の組織・シンジケートを追え。『ミッション:インポッシブル』シリーズ5作目。
前作『ゴースト・プロトコル』はバリエーション豊富なスパイ道具などの巧みな展開が特徴だったけれど、今作は次々と展開が進んだり
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.9

午前10時の映画祭にて。とにかく楽しい!家庭内の不和を扱っているのにキャラ付けが濃厚なので全く暗くなくむしろ愉快愉快、アニメーションと実写が合わさったミュージカルシーンは眼福耳福(なんて言葉はないかも>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

フランス・シェルブールに住む2人の男女の恋と別れの7年を描いたミュージカル。服や家の内装が美しく歌も綺麗だし、挨拶やらちょっとした台詞まで歌うのは硬派ミュージカルのようで面白いんだけれど、歌だけでなく>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

数々の困難な状況のなか、イーサンと新たな仲間がチームで核ミサイルの無力化に挑む『ミッション:インポッシブル』シリーズ4作目。ところで今作のトム長髪ですよね(と思っていたら2の時のトムも長髪だった)。い>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

パークが崩壊する。そして『パーク』は、人の愚かさによってその規模を『ワールド』へと拡大していく───。『ジュラシック・ワールド』シリーズ2作目、あるいは『ジュラシック』シリーズ5作目。ここへ来てようや>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ルパン三世屈指のハードボイルドさが特徴なスピンオフ、『LUPIN THE ⅢRD』シリーズ・今回は五ェ門の出番。彼はいかにして最強の剣客へと至ったのか、驕りと覚醒の過去が明かされる。
脚本にアニメーシ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

上映時(3D)と先日……先日?の金ローにて計2回。新作に備えたかったので、こういう時に金ローはありがたい(玉木宏ボイスのクリス・プラットから目を背けながら)
当時は『ワールド』がジュラシックシリーズ初
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

上映時に1度、そしてブルーレイでもう1度。幼い頃に何作か観た覚えはあるけれど、何の作品だったかはっきり思い出せないので実質これが初ゴジラ。庵野作品も初めて。当時はみんなが絶賛するので便乗精神で観に行っ>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.6

「テンションが上がる」「観ていて楽しい」という評判を聞いて、本当になんとなく、前情報も前記のもの以外一切ないままなんとなく観てみた作品。まさかの初日。前半はともかく後半は今まで観たことのないタイプの作>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

家族が観ていたのを横目にチラチラ見つつ。展開の予測ができるタイトルではないので、雰囲気からなんとなく根暗男子と余命少ない女子の恋愛ストーリーかと思っていた。しかし実際はもっともどかしい関係で、それでも>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

4.2

ゴリラ・グロッドの発明により日本の戦国時代へ飛ばされたバットマン。そこではヴィランズが武将と化し天下を狙っていた。さらに宿敵・ジョーカーも第六天魔王として勢力を伸ばしており……!バットマンの知識がほと>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

皆が求めた、完全なる王の物語のもう一つの形……大迫力の戦闘と壮大なストーリーはそのままに、さらに深みを持たせてくれる追加シーンの数々がスクリーンで待つ。王を讃えよ。笑い、泣き、怒り、そして重ねて王を讃>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ひと月以上前に観たのですが、書くのに時間がかかったので。TVアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』全50話を劇場3部作でまとめた総集編、ついに最終章。TV版R217話から25話、さらに続編に繋がる新>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ゴジラから地球を取り戻すために、数多の犠牲を払いながらも人々は戦い勝利を収めた。しかしそれは小型の亜種───あの時破壊を尽くしたあのゴジラは名状しがたいほどの大きさをもって人間らを圧倒、彼らはなす術も>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

世界中で大人気のゲーム・仮想現実"オアシス"。創始者ジェームズ・ハリデーは死に際に、オアシス内にイースターエッグを隠したと発表。それを見つけた者が手にするのはオアシスの所有・管理権と多額の賞金……プレ>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

先祖からの伝統で音楽が禁止されている家族の一員でありながら音楽を好む少年・ミゲル。ふとした出来心が原因で、死者の国に迷い込んでしまう。家族愛を描いたピクサーのアニメーション作品。字幕版で観ました。
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.5

『リメンバー・ミー』と同時上映で、『アナと雪の女王』本編後の小話。……と言ってもけっこう長く、なんとTVアニメ1話ぶんの22分(元々はTVスペシャル用に作られていたとか)。相変わらずアニメーションは綺>>続きを読む

>|