むぶどんさんの映画レビュー・感想・評価

むぶどん

むぶどん

アクション、ミュージカルが特に好きです。

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

TVアニメ第1期・2期を3部作としてまとめる劇場版シリーズの2作目。結局TV版は全く観進められないままの鑑賞だったわけだけれど、話自体はそれなりに理解できたはず。とはいえ前作と同じくボリュームたっぷり>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

サーカスの創始者、P.T.バーナムを題材にしたミュージカル。
作品のキモであるミュージカルシーンは歌・音楽・ダンス・映像のすべてが楽しい最高のクオリティ。もはや気持ちがいい。賞を取った「This Is
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

様々な映画作品の音楽を作り上げてきた作曲家たちへのインタビューを、作品の一部の引用やレコーディング風景などを交えつつまとめたドキュメンタリー。あんな作品やこんな作品の音楽を担当した作曲家たちの悩みや仕>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.8

バーを本拠地として依頼を受ける「探偵」がある大きな事件に巻き込まれていく、『探偵はBARにいる』シリーズ第1作。普段はフランクな印象の大泉洋が微妙にスカした感じの探偵を演じているのが面白い。他登場人物>>続きを読む

エネミー・ライン(2001年製作の映画)

3.6

ボスニアの非武装地帯にて武器を構える過激派を予定ルートから外れて空撮した結果、撃墜された上に相棒を殺された軍人・バーネットの逃走劇。追われるシーンの演出の派手さや主人公が戦争の裏で起きた事実を知る展開>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

国王となる男がいた。アマレンドラ・バーフバリ───力・頭脳・覚悟・優しさ・民からの思慕をすべて持ち合わせた男だった。なぜ彼は死なねばならなかったのか。彼の死の真実を知った息子:マヘンドラ・バーフバリは>>続きを読む

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

言った人が「やめとけ」って言うんだから行かなきゃいいのにまたまた恐竜のナワバリに飛び込んでいくシリーズ第3弾。1作目の主人公、グラント博士が主役に返り咲いたのも本作。マルコム博士はイケメンだけど理屈っ>>続きを読む

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星(2011年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

丸の内ピカデリー・爆音映画祭にて、シャンバラに続いての鑑賞。いやぁこれ爆音と大スクリーンの環境で観てよかった。音とアクションのおかげで退屈にならなかった。本作は原作・09年版アニメがどちらも終了した後>>続きを読む

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作の連載が始まってすぐに放送され、アニメオリジナルで幕を閉じた2003年版・鋼の錬金術師。本作はその続編で完結編。丸の内ピカデリー・アニメーション爆音映画祭にて。
原作とは全く違う展開を辿り、ダーク
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

高級テーラーを装いながらも実際は独立諜報組織として活動するキングスマン。ハリー亡き後、ガラハッドのコードネームはエグジーに受け継がれていた。とある男に襲われつつも、彼は平穏な日々を過ごしていたが……。>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮(2018年製作の映画)

3.8

TVアニメ『進撃の巨人 Season2』全12話を再編集した総集編シリーズ第3弾。Season1の総集編2作と比べると観やすい構成やシーンの取捨選択の巧さが目立っていて、総集編としての出来はとても良か>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

よせばいいのに恐竜にちょっかい出してボコボコにされるシリーズ2作目。続編としては妥当な立ち位置だと思うけど、島でのくだりがちょっと退屈。恐竜に襲われるのがハンター達ばかりだから恐怖というより自業自得に>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.9

それはシヴァ神に救われし命。ある女性に恋をして悪の王国・マヒシュマティに単身乗り込んだ青年・シヴドゥは自分の正体やマヒシュマティ王国の衝撃の過去を、そして図らずも自らそれに身を投じてしまった事を知る─>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「天才詐欺師」と呼ばれた男・フランクが如何にしてその名を得るまでに、そして居場所を見つけるに至ったかを描く、実話を基にした映画。実話ベースで作品自体も長めだが、それが気にならないほどに引き込まれる。テ>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

"Argo fuck yourself"- イラン革命により追われる身となった6人を驚きの作戦で救い出す、実話を基にした作品。
とにかく緊迫&シリアスな場面が続くなか、「『アルゴ』という偽SF映画の製
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

表向きは高級仕立て屋でありながら実際は独立したスパイ組織である『Kingsman』。かつてそのエージェントであり作戦中に死去した父を持つ青年・エグジーと、彼を新任エージェントとしてスカウトしたハリーの>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.8

大学を追い出された教授3人がケッタイな幽霊たちを退治していくコメディ。キャラクターたちの個性が強く、展開もコミカル一直線(テンヤワンヤ騒動を巻き起こすゴーストのビジュアルなどはそこそこホラー味あり)で>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.8

IMF所属のスパイ:イーサン・ハントが任務の裏で起こる陰謀に巻き込まれていく、『ミッション・インポッシブル』シリーズの3作目。過去2作と比べると展開に緩みがなく、特に観やすい。お馴染みのとんでもスパイ>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

かつての先輩に脅されある家に盗みに入った少年院出の青年・はじめ。そんな中現れたセールスマン、絵本作家である家主、新任の編集者の3人。泥棒だとバレないためには自分の存在を誤解させてやり過ごす他ない!と奮>>続きを読む

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.7

運転・カチコミ・ドンパチ・ダイビングなんでもござれな退役軍人の運び屋・フランク。彼は「1.契約厳守 2.名は伏せる 3.荷物は開けない」という3つのルールを徹底して仕事をこなしていた。しかし彼の噂を知>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自称"おそらく世界一の探偵"、エルキュール・ポアロ。彼がイギリスに向かうため乗ったオリエント急行で殺人事件が起こる。難航しながらも捜査を続けるなか、ポアロはこの事件の背景に悲劇があった事を知るが……。>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.6

ひとつだけ思い浮かべてほしい。若かりし頃のアーノルド・シュワルツェネッガー、あるいは彼の筋肉もりもりマッチョマンな肉体を。そしてベリーヘビーな拳と100%オフセールで手に入れた数々の銃器も。さらには娘>>続きを読む

Thunderbolt Fantasy 生死一劍(2017年製作の映画)

4.0

日本のクリエイターと台湾の人形劇・霹靂布袋戲のコラボによって生まれた『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』。本作は第1期の前日譚と、同じく第1期の後日譚、そして現在制作中の第2期への繋>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

3.8

射撃の名手、次元大介。超一流の殺し屋、ヤエル奥崎。優れているのはどちらか───。小池健氏が監督と作画監督を、TV第4シーズンのシリーズ構成担当の高橋悠也氏が脚本を務めた『LUPIN THE ⅢRD』シ>>続きを読む

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン(2011年製作の映画)

3.8

パイプオルガンで奏でられるあの曲、そしてあのタイトル。「The Phantom of the Opera/オペラ座の怪人」こちらは2011年の25周年記念公演を映像化したもの。少し前に観たきりにしてし>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

3.9

時はクリスマス・イブ。突如ハイレベルの武装を施したテロリストによって占拠されてしまったビル。人質として捕らわれた妻を救うため戦え、刑事に収まるには優秀すぎる男:ジョン・マクレーン!
ブルース・ウィリス
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.6

突如地球に出没しそれを支配したゴジラと、他種族の力を借りてもなおゴジラの圧倒的な破壊力に押され地球を奪われた人類。それから20年ほどが経過し、生き残った人々が資源不足や移住先に悩まされているなか、ハル>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

4.0

だいぶ前に友人に激推しされてはいたものの忙しさからうやむやになっていたコードギアス視聴。劇場版なら10数話ほどの内容を2時間とちょっとに圧縮して観られるそうだし、家と違い確実に観る環境に身を置ける、と>>続きを読む

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂(2010年製作の映画)

3.6

特別な砂を詰める事で時間を巻き戻せる短剣をめぐる、中東を舞台にした冒険映画。意外にもディズニー製作。
時間を巻き戻す短剣の表現の仕方やパルクール・アクションはとても面白かったが、大体がディズニー風味の
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.8

遺伝子の発見によって現代に蘇った恐竜を動物園のように展示するジュラシック・パーク。考古学者や創立者の孫などが招かれ、一足先にパークに足を踏み入れるのだが……。
予想より恐竜が暴れ出すまでが長いように感
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

4.0

前作を超えるアクション・スリル・ドラマ。シュワルツェネッガー演じる機械ながらも今作ではやたらパパみが強調されているT-800はもちろん、液体になって移動したり他人の姿を真似できる最新型液体金属系ターミ>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

広島。絵を描くのが好きなのんびり娘・すず。結婚し、戦争が始まり、やがて起こる空襲が彼女の穏やかな日々を脅かし……。太平洋戦争時の生活を、1人の少女を通して描いたアニメ作品。
クスッと笑えるギャグを多く
>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼(2015年製作の映画)

3.4

TVシリーズ第1期・第2クールの総集編。こちらも公開時に1度観ただけ。
前編からは1話減った12話分のまとめであるにも関わらず、時間軸通りに出来事を整理し前半に説明を集中させてしまい、さらに盛り上がる
>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

3.6

TVシリーズ第1期・第1クールの総集編。劇場公開時に鑑賞したっきりだけれどレビュー。
TVアニメ13話を2時間でまとめるという暴挙のため、原作かTVアニメを見ていないとついて行けない箇所複数アリ。その
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.7

観たのは5年くらい前だが、たぶんもう二度と観ることはないと思うのでレビュー。 このシリーズが大好きな友人の勧めで、グロ描写が苦手なのに……とイヤイヤ観た作品。当然めちゃくちゃグロく、まともに観られなか>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.7

既存の楽曲をアレンジし使用したジューク・ボックス・ミュージカル。大勢の人が歌い踊るミュージカルシーンはとても良いが、あまりに幸せ時空な登場人物達の発言・ストーリー展開に置いていかれてしまうことも。あの>>続きを読む

>|