HALさんの映画レビュー・感想・評価

HAL

HAL

  • 16Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.8

タイムリーな話ですが、2021年の東京オリンピックの開会式に関わっていた作曲家が、学生時代に同級生に対し非人道的な行いを、25年近く前の商業誌で悠々と語っていた事が発端で、開会式迎える前に辞任に追いや>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.2

アベンジャーズは殆ど観たことはないのですが、主要キャラの単独映画、そしてスパイ・アクション映画は好きなので拝見しました。
やはりアベンジャーズを通して観てる人をターゲットにしているためか話について行け
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.2

新生ハリウッド版ゴジラシリーズの3作目で、今作はキングコングが参戦。キング同士の決戦ということで、シリーズで一番の破壊っぷりを魅せてくれています。
前作より更に特撮やアニメ、かつての古典的なSF設定な
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.7

単なるLGBTの恋愛物と思って観ましたが、その単語だけでは決して括れないほど詩的で深く、そして崇高な愛そのものを描いた仕上がりでした。
終始、彼らに焦点を当て続け、その背景に都会や街並みを徹底的に省い
>>続きを読む

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

3.1

名だたる名優を起用したとてもリッチで贅沢なコメディ映画でした。
西部劇の元映画スター、ゲスなプロデューサー、ギャングの出資者、それぞれのおじいちゃん達が様々な思惑の中で、かつて失われた西部劇黄金期の情
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.8

前作が大変よく出来ており、その続編という事で観に行きました。
前作で散りばめられた謎をいくつか回収しつつ、アボット一家と他者との関わり、そして逃げるだけでなく立ち向かう覚悟のお話だったと思います。
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.5

101匹ワンちゃんでおなじみの悪役クルエラ・ド・ヴィルの若かりし頃の半生を自ら語る映画で、「ジョーカー」とは違い、ある程度は原作との整合性を意識しているかのような作りではありました。
エマ・ストーンは
>>続きを読む

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

3.6

前作が楽しく観れたので、今作も拝見しました。
元々、スターウォーズ新三部作にハックス将軍として出演していたドーナル・グリーソンが気に入っていて、コメディ物とは相性良さそうな気がして観た経緯でしたが、そ
>>続きを読む

モータルコンバット(2021年製作の映画)

2.6

オリジナルとされるゲームは未体験、25年ほど前の映画も未視聴という条件下で一映画として拝見しました。
この映画に興味を持ったのは真田広之がかなり活躍するという話を耳にしたのと、バレットトレインやジョン
>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.9

先天性の病気を抱えている女性が母親の介護のもと仲睦まじく暮らしていたが、ある事がきっかけでその関係が崩れ始めていくという、導入部に関しては先日観たクローブヒッチ・キラーに通じるものがありました。
序盤
>>続きを読む

クローブヒッチ・キラー(2018年製作の映画)

3.0

もしも、殺人事件の犯人が身内にいたとしたら?
というシチュエーションから展開されるスリリングな映画でした。
父親に従順で信仰深い、大人しめの主人公をチャーリープラマーが演じ、ゲティ家の身代金の孫役のイ
>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

3.2

北朝鮮の統制の厳しさはマスメディアなどで承知していましたが、それらを題材としたドラマ仕立てのアニメや映画は殆ど見受けられない気がします(韓国では色々あるかもしれませんが、日本では少ないと感じています)>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

ジョン・ウィックの制作陣が関わっているとの事である程度期待していましたが、想像以上で良かったです。
話の運びはジョン・ウィックに通じるものがあります。日常と家族を愛する彼がキレる動悸がまたもや些細な事
>>続きを読む

インヘリタンス(2020年製作の映画)

2.5

クローブヒッチ・キラーの予約をして、いざ映画館に行ったら実際に予約したのはこちらの映画でした。もう決済が済んでいるのと、リリーコリンズとサイモンペグは好きな俳優なので何かの縁かと思い鑑賞いたしました。>>続きを読む

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

3.5

世界一幸せな国と言われているブータン王国。都市部では近代化が進み、郊外や僻地は今もなお、伝統や昔ながらの生活を営んでいるという両極性の狭間を教員資格を有する青年が行き交い、何が幸せなのかを観客に訴え、>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

極限常態下でどんな事をしても生き延びるぞという意志と家族愛に焦点を当てたプチロードムービー。
都合の良い時に隕石がにわか雨のように降って、主人公の車が走っている道路が無傷なのは正直失笑ものです。あの家
>>続きを読む