歯医者のお姉さんさんの映画レビュー・感想・評価

歯医者のお姉さん

歯医者のお姉さん

ザ・キラー(2023年製作の映画)

3.7

華麗なる…と思いきやミス多め、逆ギレ以外のなにものでもないんだけど正当化しちゃう主人公、見てると段々愛おしくなってきて、いつの間にかこちらも納得させられてしまっていた(笑) スタイリッシュな部分と抜け>>続きを読む

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

3.8

超えてしまった一線、鉈のシーンが見ていて一番辛いシーンだった。こんなこと経験して普通の子供に戻れる訳がないよな。性的暴行を抜きで考えたら司令官がリーダーとしてかなり有能で、その能力が戦争以外で生かされ>>続きを読む

ウエスト・エンド殺人事件(2022年製作の映画)

3.0

サムロックウェルとシアーシャローナンのタッグということで観たけど、うーんなるほど(笑) 最初はつまらなかったけどクライマックにかけてのゆるカオスは嫌いじゃなかった。サムロっちおじさんになったなあ

西部戦線異状なし(2022年製作の映画)

3.7

バズってたリメイク版を今更ながら観た。全然内容違くて本当にリメイク?同じ時代というだけで日本が勝手に邦題つけちゃっただけ?と途中まで思ったけど正真正銘のリメイク。他の反戦映画と比べるとシンプルで淡々と>>続きを読む

今日もまたクリスマス・イヴ(2020年製作の映画)

3.7

地球の裏側へ、半袖クリスマス!最初あんまり笑えなくて失敗したかなと思ったけど観進めるほどに素敵な作品だった。固定カメラや背景ぼかしすぎな編集からB級感ムンムンするの好きだな〜笑

タイラー・レイク 命の奪還2(2022年製作の映画)

3.0

やっぱりアクション!いろんな戦い方を見せてくれるし、なによりリアル!リアルゆえにエンタメ性は低いけど、武器とか好きな人は好きなやつ!ストーリーは同じパターンなんだけど前回よりは良いかな?まあ戦闘シーン>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.0

評判通りアクション凄い!アクション凄いけど、ストーリーは微妙!少年の質問にタイラーが答えていくシーン、カウンセリングかと思ったわ!

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.8

舘ひろしかっこよ〜!なんであんなに色気すごいの… 『この親不孝もんがあ』の台詞痺れた。綾野剛あんな泣き方できるのか、見直しちゃったよ。女の扱い慣れてなさすぎなシーン可愛かったな。血は繋がってなくても家>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

3.6

師匠かっこいい、笑われるな、笑わせろ、って最高にかっこいい。だからビートたけしタップダンスしてたのか、もっと早く知りたかったな。

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.7

愛されてるね〜ちょっと上手くいきすぎだし変な台詞もあるし後半は助長な場面もあったけど愛されてる事実に泣ける

母性(2022年製作の映画)

3.4

人間の脳って案外曖昧で、自分主観でしか捉えられない、けど、こんなに違うなんて怖すぎる!歴史は繰り返すっていうし、自分は気をつけないと、と反面教師。私の名前はさかやだったのだと、という台詞良かったな。見>>続きを読む

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

3.9

評価あまり芳しくないようだけれどすごく面白かったし永遠のテーマだと思う。無宗教の私からしたら正直滑稽にしか見えないけど、世界のほとんどの人には信仰があって、その中にこの作品の登場人物のように盲信してい>>続きを読む

赤と白とロイヤルブルー(2023年製作の映画)

3.7

ハッピーエンドしか観ない民にも◎ ティーンの妄想の映像化みたいな感じでぶっ飛びお気楽展開だけど、これはもうシチュエーション勝ち!"150m離れて、あとで僕の部屋で…"の台詞可愛かった〜!こういう作品で>>続きを読む

ナイブズ・アウト:グラス・オニオン(2022年製作の映画)

3.8

前作を超えるほどではなかったけれどこのシリーズ面白い!これからも制作して欲しい!名探偵ものは悲しく終わることが多いけど、このシリーズはラストの笑えるスカッと感がたまらないんだよなあ〜 欲張ると謎解きの>>続きを読む

スパイダーヘッド(2022年製作の映画)

2.9

最初はそんなに酷くないじゃん、と思っていたけどなるほどレビュー通りだった(笑) 特にクライマックスからラストにかけて、一番いいところなのに残念すぎる… 薬の位置届かない〜みたいなことやってたけど普通に>>続きを読む

マ・レイニーのブラックボトム(2020年製作の映画)

3.3

ミュージック映画かと思いきや一曲だけでした(笑) でも紡がれる台詞がまるで音楽みたい。一言一言がガツンとくる。最初はなんなんだと思うような事も、背景が明かされるにつれ、そうしなければいけなかった理由が>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.9

前半のほのぼのした雰囲気から一転…社会的メッセージの強い作品だけれど難しいようなことはなくストレートな内容で、かといって普遍的な訳ではなくキャラクターの立場や心理がとても繊細に表現されていて、"死ぬま>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.7

"ある家族を通して歴史を語るモノクロ映画"の先駆け的存在の本作。色がないのにとても鮮やか。お洒落でユーモアな駐車のシーンすごく好き!のどかで微笑ましい光景の中に紛れ込んだ暴力的なモチーフが印象的だった>>続きを読む

ゾン100 ゾンビになるまでにしたい100のこと(2023年製作の映画)

2.9

ゾンビにサメにとZ級ファンホイホイみたいな広告に釣られて鑑賞。"社畜がゾンビに遭遇する"とか"ゾンビに食われる前にやりたい事リスト"という設定は面白いなと思ったけど設定止まりでひねりがないし、さすがに>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿2(2022年製作の映画)

3.9

相変わらずお兄ちゃんがイケメンで困る…ヘレナボヘムカーターは歳取らない魔法でもかかってんのか?ってくらい変わらない!前作あまり覚えてないけど前作より面白い気がする。二人の距離感がもどかしくて早く結ばれ>>続きを読む

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

2.8

ギャグは期待してなかったから笑えなくても気にしないけど、もっとイケメンモリモリの派手派手かと思ってそれを楽しみに観たから、ちょっと残念だったな〜ブラピずっといてほしかったしテイタムはバカ貫いてくれた方>>続きを読む

モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン(1979年製作の映画)

3.8

アーサー王伝説の方は大崩壊していたけど、こっちはちゃんと成立してる!(笑) 知性が芽生えた!それに笑えるシーンが多くて、派生党の名前がほぼ同じだったりとか、添削してくれるシーンとか、意外と恩恵にあやか>>続きを読む

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル(1975年製作の映画)

2.5

笑いのツボが合わない(笑) 観始めちゃったから最後まで観たけどしらけちゃって辛い時間となってしまった。ツバメが回収されたのは好き。勇者ヨシヒコは絶対この作品から着想を得てるよね、ストーリーもだけど絵面>>続きを読む

シーズ・ガッタ・ハヴ・イット(1985年製作の映画)

3.8

男は名前を付けて保存、女は上書き保存。こんな超女性目線の作品をよく撮れたなあと感心。男って見当違いのことをわかった口で語って自意識過剰なとこあるけどそこが可愛いとこでもあるよなあと。一番目の彼が好きだ>>続きを読む

バルド、偽りの記録と一握りの真実(2022年製作の映画)

3.3

物語でもない、自伝でも、ノンフィクションでも、ドキュメンタリーでもない、映画のあり方をまたしても超えてきた。妄想なのか現実なのか境目が分からない作品は数多いけれど、この作品はより一層曖昧になっていて面>>続きを読む

ポーラー 狙われた暗殺者(2019年製作の映画)

3.8

マッツ史上一番エッチなのでは…冒頭で早速マッツ様のおちりが見られますがそれは序章に過ぎなかった喜悦…なんて如何わしいのでしょう…アーメン……

ペーッタ(2019年製作の映画)

3.4

もうなんか最後可哀想になっちゃった… インド映画の奇想天外なところが快感で好きなのですが今回はどちらかというとノーマル寄りだったからちょっと残念。ネトフリの字幕が変で時々キャラクターがオネエになる。

13th 憲法修正第13条(2016年製作の映画)

3.3

"アメリカの収監者数が多い理由として黒人が利用されているという点にある"という考察になるほどなあと思った。自由の国と謳いつつも【抜け道】がある、それが憲法修正第13条。時にアメリカの労働力、時に選挙を>>続きを読む

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

3.5

元料理人の平凡な男が北朝鮮に潜入した10年間の記録。改めて北朝鮮の恐ろしさが分かったけれど、それよりもウルリク消されないかとか、日常に戻れずに刺激を求めてしまうんじゃないかとか心配の方が勝る。素人なの>>続きを読む

アイルトンセナ 〜音速の彼方へ(2010年製作の映画)

3.2

F1については全く知識はないが、死ぬまでに観たい映画1001本リストにあったことと評価も高かったので鑑賞してみました。結果、まあそうなるだろうけど、こういう人がいたんだなあ程度の感想になってしまった。>>続きを読む

ウィンター・オン・ファイヤー ウクライナ、自由への闘い(2015年製作の映画)

3.5

始まりはもっと前だった。"NATO加盟に反対するロシアがウクライナ侵略を始めた" 後からの事ばかりで、その以前にこういった歴史があったことを初めて知り、より理解が深まったとともに、ますます両国の確執の>>続きを読む

アラバマ州対ブリタニー・スミス -正当防衛法とは何か?-(2022年製作の映画)

3.4

エンタメ性皆無のガチドキュメンタリー。気持ち悪いくらい人権問題にシビアな時代が到来してるのにそれでもまだなおこういう場所があるのかと驚愕。またかよとか言ってる場合じゃなかった。頑張って迎え入れる準備を>>続きを読む

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

3.5

どこで和解した?!ってなったし、突然のキャラ変に戸惑ったし、突拍子ない展開が多くてなんだかよく理解できなかった!(笑) あんまり理由を問うてはいけないのかもな。でもつまらなかったわけではなくて、今まで>>続きを読む

ノイズ(2022年製作の映画)

3.4

閉鎖的な島の異物排除モノかとカルト映画を期待してたら、そんなちっちゃい動機かよ… 最初は楽しく観ていて、何でこれ評価低いの?くらいだったんだけど、まさかのクライマックスでガッカリ展開、しかもガッカリか>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.7

きっとものすごい絶望が待っているに違いない…と思っていたらそうでもなかった、面白かったけど期待しすぎたかな

>|