歯医者のお姉さんさんの映画レビュー・感想・評価

歯医者のお姉さん

歯医者のお姉さん

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.5

ミサイル百発百中くらってて笑った。パロディ映画なので笑えるかな〜くらいのスタンスで観たんだけど案外ちゃんとしてて嬉しい驚き。しかもサムロックウェル出てて飛び上がった、良い役(笑)。上映の102分間以上>>続きを読む

飛行士の妻(1980年製作の映画)

3.7

愛は泥沼。こそばゆい探偵ごっこからの…オチ完璧。九割方中身のない会話してるだけなんだけどなんでこんなに飽きずに見ちゃうんだろう、不思議(笑)

ランドシャーク / 丘ジョーズの逆襲(2017年製作の映画)

1.0

『海を泳ぐのは飽き飽きだ!エラ呼吸に別れを告げたフカヒレ野郎が大暴れするモンスターパニック』

【ここが見どころ!】
フランケンジョーズなどで知られる(いや知らんけど)マーク・ポロニア監督による作品。
>>続きを読む

木と市長と文化会館/または七つの偶然(1992年製作の映画)

3.3

エリックロメールの女子会の中身みたいな作風が好きなんだけど、本作は政治色強め。ただそこのところは浮かれて歌うパパで幾分か解消された。老若男女みんな自分の意見を持ちかつそれを臆せずぶつけ合っていて、日本>>続きを読む

パリのランデブー(1994年製作の映画)

3.9

運命の悪戯。戻って来ないなら私が相席させて頂いても宜しいでしょうか?な一話。ヒヤヒヤ&ニヤニヤ、鉢合わせた時の男の顔が傑作だった。/ 男の浮気って本能的でアホっぽいから最終的に笑えるけど、女の浮気っ>>続きを読む

霊魂の不滅(1920年製作の映画)

3.0

コートを引きちぎったシーンはヒヤッとした。あそこがハイライトかなあ、"どんな悪人も神は救ってくださる"みたいな聖書的なストーリーで、予想を超えてくるような出来事がないからちょっと退屈だった…死の使者が>>続きを読む

嵐の孤児(1921年製作の映画)

3.8

何が嵐なんだろ〜と思って観ていたらいろいろとめっちゃ嵐だった…いろんな嵐があるけど特にお祭り騒ぎのシーンは嵐すぎて笑いそうになった。おしりぺんぺん。どうせラストミニッツレスキューなんだろうと分かってい>>続きを読む

禅 グローグーとマックロクロスケ(2022年製作の映画)

-

一時期流行った誕生日とかにパソコンで送るアニメーションメッセージみたい。ラストの丸のところで"お誕生日おめでとう!"って出てきそう。

イントレランス(1916年製作の映画)

3.4

100年以上前の映画とは思えないくらい入り組んだストーリーに完成された映像。CG無くても工夫一つでここまで表現できてしまうなんて。絞首台のシーンは緊張し過ぎて私まで死にそうだった。欠落なんてなにひとつ>>続きを読む

東への道(1920年製作の映画)

3.8

グリフィスお得意のラストミニッツレスキュー、現代ではまずお目にかかれない代物。実際に吹雪が起きるのを待ち、流氷の上へ横たわり手と髪は水の中へ。氷点下という過酷な条件の中このシーンの撮影だけで三週間にも>>続きを読む

セミマゲドン(2018年製作の映画)

1.0

突然変異で巨大化し樹液ではなく人間の脊髄を餌とするセミが大量発生した。もしも、セミが交尾し地中へ潜ってしまえば、17年後の人類の破滅は免れない。これを回避する方法はただひとつ、いやふたつ?みっつかもし>>続きを読む

エイリアンVSジョーズ(2020年製作の映画)

1.0

【やっぱり詩の朗読会行ってるんかーい】一本前に観た韓国ノワールよりよっぽどグロいんですけど…使い回s…じゃなくてSDGs取り組み作品で環境にも優しいよ(嘘)

ただ悪より救いたまえ(2019年製作の映画)

3.7

歴代の韓国ノワールのような衝撃こそないものの、サクッと観れるので韓国ノワール入門に最適

〈グロ度〉
見えない仕様でグロ耐性無い人でも余裕

〈胸糞度〉
フィルムノワール観たいなって時には物足りない
>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

3.9

アニメーションで良かった、アニメーションでもこんなにきついのに、実写なら最後まで観れなかった。

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.7

犬可愛ええ…そして犬を愛でるジャックニコルソンも可愛ええ…小説では女の扱いバッチリなのに現実ではダメダメで、そうじゃないだろ!とツッコみながら楽しく鑑賞しました。

ザッハトルテ(2022年製作の映画)

3.8

【♡運命の悪戯に酔いしれて♡】ドイツのラブコメ!ビフォアサンライズがザッハトルテを探してますっていうアナウンスとか、人生の70:1とか、丁度いい甘さのロマンチックで溢れてて、枯れ始めていた乙女心がくす>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

3.7

思わずジョニーD!って叫んでカンカンしてしまった(近所迷惑)。『だが俺は笑って逝ける、お前が真実をくれたから。例え命は奪えたとしてもこれは誰にも奪えない。』

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

話題作なので一応観てみたんだけど、やっぱりウルトラマン知らないからエモ獲得ならず(そりゃそうだ)。ウルトラマン最終回だけ見たみたいな取り残され方した。部下がいちいち英単語挟んできてルー大柴かって思った>>続きを読む

カサノバ(2005年製作の映画)

3.7

【世紀のナンパ師、真実の恋に落ちる】ヒースレジャー目当てで中身は期待していなかったのだけれど笑えるしなかなか面白かった。中世ヨーロッパが舞台となると厳かで、非恋か泥沼かっていうのが多いと思うんだけど、>>続きを読む

魔法にかけられて2(2022年製作の映画)

3.4

あー、こういう感じか…現代に紛れ込んだおとぎの国の住人が殺伐としたNYで歌って踊るっていうイレギュラーさが良かったのに、おとぎの国でおとぎの住人じゃあな…つまらなくはなかったけど、魔法にかけられての良>>続きを読む

バーバリアン(2022年製作の映画)

3.2

車で楽しそうに熱唱してる時から只者じゃないなと思っていたけど、"地下室は家を売る時面積として記載できるか?"って検索しててめっちゃ笑った。一般人なら恐れ慄くだろう異様な部屋を、マジかよ…すげえな…とか>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

3.5

ストーリーはなんてことないんだけど小松菜奈の演技力に圧倒されて泣いた。台所のハグは青春だった。げんさんかっこよくて惚れた。泣きながらヤケ食いする小松菜奈可愛くて永遠に見れる。ララランドのパクりみたいな>>続きを読む

The Long Goodbye(原題)(2020年製作の映画)

3.7

"もし俺に元いたところに帰って欲しいなら、兄弟、俺に地図をくれよ" あっという間だった、あっという間に全部無くなってしまった。

僕の巡査(2022年製作の映画)

3.3

ハリースタイルズに釣られて観ましたがハリースタイルズがエロいぞ…最高にエロいぞ…ファンの皆様は是非観て… 好きな人を好きと言えない世界で生きることの苦しさは理解できるし同情するけど、だからといって騙さ>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映画『ふたりのイーダ』意識? 新海誠ファンの皆様ごめんなさい、評価高い理由が分からない。日本の言い伝えを絡めた発想は面白いんだけど発想止まりでなにせ展開がご都合的であらあらという感じ。更に同じ事3回く>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

3.8

【マブリー度94%】
マブリーかっこいいよ〜〜〜!!!やっぱりマブリーといえばコレ!マブリー見たいなってなったらコレ!マブリーの笑顔が大好きすぎるけど向けられたら最期なのは確か!笑

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.5

【マブリー度76%】
かっこいいマブリーだけじゃなくて可愛いマブリーも見れてハッピーハッピー!もっと暴れてくれても構わなかったんだけど今回は警察役なのでこのくらいかな。まだ独身だって答えるとこ可愛かっ
>>続きを読む

355(2022年製作の映画)

3.2

バッキーだからきっと死なんでしょ悪になって帰ってくるよねって話してたら本当にそうなった… ストーリーは控えめに言っても酷い!(笑) 女性軽視をテーマにしたかったみたいだけど男はみんな悪みたいになってて>>続きを読む

散り行く花(1919年製作の映画)

3.1

國民の創生への批判を受け贖罪として製作された散り行く花。儚くも美しいラブストーリーでしたが染み付いた差別的感覚は拭いきれなかったよう。そういう時代に汚染されてしまってしょうがないというところもあるだろ>>続きを読む

フランケンシュタイン(1931年製作の映画)

3.0

興味本位で命を宿らせておいて、こちらの都合で命を奪う。命を扱う研究は苦しんでいる人を助けたりアンチエイジングとして貢献したりとメリットがある反面、お金の匂いを嗅ぎつけてそれを利用しようと悪い考えを持つ>>続きを読む

ダーティハリー(1971年製作の映画)

3.7

なぜあいつが?!のシーン大好きすぎる、これぞ映画!これぞエンターテイメント!「考えてるな、弾が残っているかどうか」

我らが門の内にて(1920年製作の映画)

3.0

國民の創生への返答。問題になっていた首吊りのシーンとレイプ未遂(レイプしようとしたら自分の娘だった)シーンは公開されていますが、虐待や虐殺を描いた多くのシーンは未だ削除されたままとのこと。歴史に刻むべ>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

3.6

有名作品ですが題名とジャックニコルソンが主演ということしか存じておらず、探偵ものだ!ワクワクする!引き込まれて面白い!なんて気持ちで観始めた本作、点と点が繋がり出した時、段々と雲行きが怪しくなって…ど>>続きを読む

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

4.0

いつものマーベルのオープニングが全部チャドウィックで、屈託なく笑ってるし、音も相まって既に泣きそうなところからのスタート。シュリちゃんやめてダークサイドから戻ってきて…!とずっと祈っていましたが、走馬>>続きを読む

レ・ヴァンピール -吸血ギャング団-(1915年製作の映画)

3.3

ヴァンピール(吸血鬼)という犯罪組織とそれを追う新聞記者の闘い。サイレントで6時間は萎え…と思って観始めましたが、これが意外と面白い(笑) 犯罪者側は勿論巧みな目眩しだったけど、それ以上に新聞記者の右>>続きを読む

>|