上下さんの映画レビュー・感想・評価

上下

上下

  • 66Marks
  • 9Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本当に美しい

絶対にアニメシリーズ、外伝は観ておくべき。

今作もボロボロと泣きながら観た。

健気な、健気すぎる真っ直ぐなヴァイオレットだし、やはりハッピーエンドの方が良いとは思う。

ただ、そう
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.9

心が真っ黒になった。

根っからのやくざもんが出所してからのお話。

我慢我慢だけれど、つまらんね

そこが一番良かった

幸せになりました、ちゃんちゃんでは許してくれんよな

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.8

ほとんどが語りだが、コミカルで面白い。

最終的には本当にライオンに見えてくる。

小物は小物、大物は大物だと教えてくれた。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

流石にやりすぎだろうというくらい盛り盛りのアクション。
スカッとする為ストレス解消にもってこい。

ジョン・ウィックの様に身内などが殺されたりもしない為、悲しみもなく、さくさく見られる。

後半はお笑
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.3

様々な要素が含まれており、終始笑顔で見られるポップな内容。
特に何も考えずにみられる。
ゲームファンは尚更面白いかもしれない。

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

1とは独立した感じ
アクション要素が強め
相変わらず最強な盲目お爺さん

もしかして生きてるのかな?

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.5

これで終わりかと思うと、寂しくて仕方がない。
日常でも何でいいから、彼らの物語を目にしたい。

TENET テネット(2020年製作の映画)

2.5

 複雑な話だが、それ以上に引き込まれる何かは感じなかった。解説を見て、理解して、それで終わり。
 ベタ褒めされるような作品だろうか。わかりづらいものを理解できたから、面白い、と言うわけではないと思う。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.8

 とてつもない映画だ、くそ映画だ、衝撃的な映画だ。
 さまざまな評価をされていたミッド・サマーを鑑賞。

 ホラー映画らしいが、怖くはない。不気味でなんだこれは、と困惑する感じ。
 
 グロ描写が激し
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

一欠片も救いがない。

フィクションではない。更に落とされる。本当に残念な映画。

現実だと主人公も存在しないのか、と考えるとひたすらに辛い。

映像は綺麗。そこに恋愛要素を絡めて、なんとか見られるも
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.6

パソコンで見ると良いとのレビューを参考にしてみた。非常に面白い作りの映画。
特に問題点もなく、普通に楽しめた。
パソコン画面が常に映されているという面白い作品。ただ、ストーリーは無理やり感があり、繋が
>>続きを読む

タイムリミット 見知らぬ影(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

稀に見るクソ映画 見る価値なし

ここまでつまらない映画は久しぶりに見た。途中から1.5倍速でみたが、ちょうどよかった。

ツッコミどころしかないし、犯人も警察側も弁護士(妻の浮気相手)も全て無能揃い
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.0

映画館で観るべき映画だった様だ。家で見るとイマイチ入りきれない。

Girl/ガール(2018年製作の映画)

3.8

全部が痛い。みてるだけで痛い。 

重たくて重たくて。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

ストーリーが進まず、アクションのみ。正直あまり面白くなかった。

アップグレード(2018年製作の映画)

4.5

最高。打ち勝つのではなく、映画を作るべき。それだけでも高評価。
内容も非常に面白い。

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.0

筋肉隆々のスパルタン?がカッコ良い。
それだけ。他に惹かれるところはない。薄い。

大奥(2010年製作の映画)

3.6

メインテーマが素晴らしい。
柴咲コウが出なければ見ていなかったが、原作同様面白かった。

ただ、時間の関係上内容はあっさりしていて、映画にするには勿体無い。

確かに堀北真希やジャニタレの多さにはなん
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

レビューを見ずに映画を見た人の多くが、どのようにして事件を解決したのか、という点を楽しみにしていたと思う。
その点は最後に少し描写されているだけで、ほとんどが日常パートだ。
確かにバックボーンを掘り下
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

2.0

面白い要素がゼロ。有名だったから見てみたが、一番嫌いな展開だった。
警備が完璧だったのに、精神的に未成熟な子供のせいで厄災を招き入れてしまう。
それさえ無ければ物語が始まることもなかったのに。
その後
>>続きを読む

>|