やしさんの映画レビュー・感想・評価

やし

やし

映画(463)
ドラマ(0)

あやしい彼女(2016年製作の映画)

2.7

韓国の同名映画を邦画リメイク。
本場とどっち観ようか悩んだけど、オススメされたのはコッチ。
ちょうど多部未華子主演の『LIAR GAME-再生』観たばっかだったし。
ここにも要潤いたわ。


倍賞美津
>>続きを読む

ライアーゲーム 再生(2012年製作の映画)

3.5

ライアーゲーム復活!!

前作『ファイナルゲーム』に続けて再鑑賞。
今度は【椅子取りゲーム】

相変わらずキャラ濃い。。
これでストーリー酷かったらとんだ茶番になるところだけど、これまた相変わらずよく
>>続きを読む

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

4.0

『LIAR GAME』甲斐谷忍の漫画原作の実写映画化。再鑑賞。
この人が週刊少年ジャンプで連載していた『翠山ポリスギャング』、割とすぐ打ち切りになっちゃったけど面白かったなー。
知っている人いるかなー
>>続きを読む

JSA(2000年製作の映画)

4.0

「同じ民族が一緒にしりとり遊びをしただけだ」


2001年公開作。当時韓国で社会現象にもなった話題作にして名作。
なんと朝鮮半島の南北緊張が続く境界線で発生した射殺事件を扱った映画。
もちろんフィク
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.0

「大切な人と倫理」選ぶべきはどちらか。


子供が失踪、誘拐事件として容疑者が捕まるが証拠不十分で釈放される。
子供は戻ってこないーーー……

ジャンルはサスペンスだけど、我が子が失踪(誘拐?)という
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.9

観る前から☆4.0〜の映画。
なぜなら〈災害〉〈消防〉は大好きなテーマだから。

しかも、"森林火災"という日本ではあまり馴染みのない災害種別。
建物火災とは別の消防活動を期待。
『バックドラフト』と
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.0

『ナチュラルウーマン』のタイトルでオープニング映像は瀑布、その後中年男性の半裸が出てくるからどんな映画かと。

例によってあらすじは入れず鑑賞。
大分前だが、なっこさんのレビューを読んでクリップしてい
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.6

「奇声を上げて応援しただけよ?」


自粛中に続々とクリップした映画を消化中。

パキスタン男性とアメリカ女性の異文化ラブストーリー。
この映画、この二人だけでなく、登場人物みんなの会話が軽妙でユーモ
>>続きを読む

ザ・クライアント 依頼人(1994年製作の映画)

3.7

1994年製作。再鑑賞だけど、やっぱり法廷ものは面白い。
これはジョン・グリシャム原作。
『ペリカン文書』『ザ・ファーム法律事務所』『評決のとき』『レインメーカー』『ニューオリンズ・トライアル』などな
>>続きを読む

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

3.5

「シーツが洗えなくなったら死ぬ時よ」


92歳の誕生日、マドレーヌは家族にある決意を伝える。


《家族の尊厳死を受け入れられるか》

自分が老いて一人で出来る事が無くなっていった時の気持ちはまだ想
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

3.8

"背中の青い染み"ーーこれが僕の青春


良いじゃん!

前評判通り、出だしは下ネタ。
(あだ名が"勃○"て💦)
(授業中にあんなことするなんて💦)
そこから意外にもピュアピュアに悪ガキ共の恋と青春の
>>続きを読む

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

3.6

《数学が教えてくれるもの》


「起立ー礼ー着席」
「さて…、ルートと呼ばれて19年、このクラスの最初の授業は僕をルート(√平方根)と名付けた博士の話をしようーーー」


素数、階乗、友愛数、完全数、
>>続きを読む

春を背負って(2014年製作の映画)

3.5

「自分の足で歩いたものだけが本物の宝になる」


父(小林薫)の急死により山小屋を継ぐことになったトオル(松山ケンイチ)、皆に慕われていた父が遺したもの、そして山に登るということとはーーー


原作は
>>続きを読む

サイドカーに犬(2007年製作の映画)

4.0

「嫌いなものを好きになるより、好きなものを嫌いになる方が難しいね」


ある日、母が家出した。
私と弟の前に、父が母の代わりにと連れてきたのがヨーコさんだったーーー


ヨーコさん(竹内結子)が素敵す
>>続きを読む

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

2.5

この感動はなに!?


ただいま2020年5月4日、YouTube配信後、割と早く観られた。
コロナの影響で映画館も閉鎖、映画製作も出来ない未曾有の業界危機の中、あの男が立ち上がった。


スタッフ、
>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

2.2

これは何のための映画?


フェルメールの『真珠の耳飾りの少女(
青いターバンの少女)』のモデルを主人公にした映画。
実際はともかく、モデルをフェルメールの女中とした小説が原作なのね。

そしてスカヨ
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.6

ビン・ラディンを追い詰めたのは何か。


これジェシカ・チャステインだったんか!
『モリーズ・ゲーム』観たばっかだったけど、本作では大分痩せとりますな。

本作ではCIAの分析官。
9.11後、テロの
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.0

上げたら落とす


YouTubeで新劇場版が2020.4.20〜4.29の期間限定(〜5.3迄延長)で【公式配信】されていたので再鑑賞。


新劇場版の『序』『破』がエヴァの"明"なら、本作『Q』は
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.2

YouTubeで新劇場版が2020.4.20〜4.29の期間限定(〜5.3迄延長)で【公式配信】されていたので再鑑賞。

新劇場版で唯一DVDを購入したのが本作『破』。

オープニングから新キャラ、新
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.3

(444レビュー)

"偏見"と"甘み"


すっごい好きな作品だった。

なんだろう。
BGMは少ないし、登場人物も少なく静かに淡々と進むが、
「心地よい」


桜の季節、どら焼き屋で働きたいという
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.5

『シン』公開延期になったね。
YouTubeで新劇場版が2020.4.20〜4.29の期間限定(〜5.3迄延長)で【公式配信】されていたので再鑑賞。


振り返ると、エヴァが社会現象化していた90年代
>>続きを読む

ガチ☆ボーイ(2007年製作の映画)

3.9

熱い気持ちと身体の痛みは覚えている!


また見つけた!
マーク数が少ない(現在2,800程)名作を!!


スター不在の大学プロレス研究会に一人の男が入部する。
熱心に写真とメモをとるその男は司法試
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.7

アクション丼ドデカ盛り二丁っ!!


ヴァネッサ・カービーとイドリス・エルバのアクションから幕を開ける本作。
直後、画面2分割〜からの、
『Hobbs & Shaw』のタイトルドン!
テンションアガる
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

《モリーズクラブへようこそ》


ジェシカ・チャステイン主演。
鑑賞前は『女神の見えざる手』の二番煎じ感あったけど。(あるよね)
先入観だね。

やり手の女性がブイブイかますのは同じだけどこれは別物。
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.7

ジャケットの人、もっとお姉さんかと…。

いや、そーいうのはさておき、コレは噂に違わぬ面白さ。

死体安置所から消えた死体…
死体が盗まれた?
犯人は誰?
まさか死体が動いた?
と、序盤からホラーテイ
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.4

主演リース・ウィザースプーンだと思ってた……


普段こんなドピンクジャケットな映画はあんまり観ないんだけど、
「前向きになれる!元気になれる!」との噂を聞きつけ鑑賞。

元気になりたかったって?
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

2.8

【あの日の思い出(はあまりないけど観たことは観た映画の)レビュー】


人質事件から逃げ延びたアメリカ大使館員6人の救出大作戦。
《映画のスタッフとして出国させようぜ》

なんちゅう作戦や。
偽のSF
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.8

再鑑賞。

吃音症に悩んだジョージ6世(現エリザベス女王の父親)と町の言語療法士の物語。

やはり観やすい。

コリン・ファース
ジェフリー・ラッシュ
ヘレナ・ボナム・カーター
ガイ・ピアース

監督
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

全編茶番っ!!!


埼玉を始め、千葉、茨城、栃木など壮大にディスられまくる県民の方々には悪いが、
オモロイww

上手いよね〜、
ディスりながらもしっかりと各エリアへの尊敬を忘れない。
この国に"愛
>>続きを読む

[リミット](2010年製作の映画)

3.4

棺桶スリラー
〈ある時目覚めて棺桶の中にいたら?〉


再鑑賞。
批評家の前田有一さんが98/100点の高評価しており、電話越しの人物が冷たい態度の理由が終盤明らかになるとか、本作が骨太な反戦であるな
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.9

ハードボイルドなシャーリーズ姉さん


舞台は1989年のベルリン。
"重要リスト"とやらを巡ってイギリス、ロシア、アメリカ、フランス、色んなお国のスパイが入り乱れ〜
話よく分からず置いてけぼり〜
>>続きを読む

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(2011年製作の映画)

2.3

「AKB映画」


観る前から"前田敦子推しのやつ"というのは分かっていたよ。
でも、そこはさておいても、単純にドラッカーの『マネジメント』という本には興味あったし、そこにミスマッチ感ある野球を組み合
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.8

軍曹殿!!


邦題で「ヒトラー」を用いたのはインパクト重視?
商業的にはアリだと思う。
でも、やはりヒトラー、ナチスでなく、人間というのは残酷な生き物だ。


1945年5月、デンマーク
ドイツによ
>>続きを読む

17歳のエンディングノート(2012年製作の映画)

3.7

大丈夫。パパがいる。いつもどおり。


フォロワーさんのレビュー読んでクリップしてたやつ。ずーっとクリップしてたけどやっと観られた。

映画のテーマとしては珍しくないが良作。

テッサ、17歳、白血病
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.5

壊れたんじゃない、"壊れていた"んだ。


フォロワーさんの映画レビューを読んでいると、たまに思う。
「短くまとめられていていいなぁ」
…なんて。
書きたいことを書いているうち、なんだかんだいつも長め
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

2.8

高評価のポイントは?


初の黒人警官であるロン・ストールワースが潜入捜査官としてKKKを捜査するお話。

この映画には色々な差別がある。
黒人、ユダヤ人、白人、警官、ニガー、カエル(黒人)、ピッグ(
>>続きを読む

>|