やしさんの映画レビュー・感想・評価

やし

やし

映画っていいですね^^

映画(234)
ドラマ(0)

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.4

さすがです、イーストウッド。


公開当時の話題作、やっと観てみたけど…、
勝手に想像していた"スポーツ映画"ではなかった。

いや、ボクシング映画には違いないんだけど、
後半、こんなヘビー級なやつが
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

3.0

『古畑任三郎』、『王様のレストラン』、
再放送されていたこれら90年代の三谷ドラマが好きだった。


久しぶりに観てみた三谷作品。
初劇場監督作品なんだねー。


三谷幸喜の作品は定番盛りだくさんで、
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.2

映画を観る際、事前に情報は入れないことが多いと、確か『ミッドナイト・イン・パリ』のレビューでも書いたと思う。
あらすじも知らないまま観てみたら失敗したと。
(あらすじ知ったうえで観たら面白かった)
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.3

マイケル・ダグラスさんとアンディ・ガルシアさんが日本(大阪)にやってきた!


母国を舞台にした、他国製作の作品に違和感があるのは当然。
一般的に、その《違和感》のせいで作品自体の評価が下がってしまう
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

映画を観る際、事前情報を入れる入れないは個人の好みだけど、自分は"あまり入れない"ようにして楽しんでいる。
監督、主演と簡単なあらすじだけで十分。
なんならあらすじ知らないまま観ることも少なくない。
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.9

【あの日の思い出レビュー】


こんなん、泣くでしょ〜。


TV放送で観た、脱走犯と少年のロードムービー。

ケビン・コスナー主演
クリント・イーストウッド監督・主演


追われる男と追う男、
男と
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.6

大好きな『ONCE ダヴリンの街角で』のジョン・カーニー監督作。


あちらは、どこか寂しげなダヴリン(アイルランド)が舞台で、主演が俳優ではなく歌手というインディーズ系ながらも素晴らしい音楽と素朴な
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.0

《日常崩壊》


花沢健吾原作の漫画『アイアムアヒーロー』を実写化。


原作は1〜2巻ほどしか読んでいないので、この映画の大半の筋は知らなかったが、原作でも1巻丸々使った日常崩壊シーンはしっかり描か
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.9

『キック・アス』といえば?

→ヒットガール(クロエちゃん)


キュートな女の子が毒舌、超絶アクション(グロあり)、てなギャップに心撃ち抜かれた人は老若男女問わず数多くいるだろう。ムリもない。ムリも
>>続きを読む

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

3.4

【人間】とはどういう生き物なのだろう。


前編公開からわずか5ヶ月で公開となった『寄生獣』後編。
今回、前後編まとめて鑑賞して思ったのは、基本的に映画版は原作より"薄め"ではあるけど、
この作品は、
>>続きを読む

寄生獣(2014年製作の映画)

3.3

岩明 均の漫画『寄生獣』を実写映画化するというニュースを聞いたときは、この漫画の存在自体知らなかった。
が、それを機に興味が湧いて、職場の後輩からコミックデータを借り読み始めたら止まらず、一晩で完読し
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

安藤サクラ劇場。


いちこ(安藤サクラ)に夢中になる。 


女を捨てた女、一子(いちこ)は32歳。
職なし。
女っ気なし。
実家にパラサイト中。

そんな女なもんだからこちらは嫌悪感しかない。
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

3.4

ボクシング映画といえば『ロッキー』だけど、
…これもいいじゃん。


ストーリーは新しいものではないし、ツッコミどころも多々…。
(序盤、身内に起きる不幸な出来事がとってつけたよう、などなど)

だけ
>>続きを読む

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

4.2

【あの日の思い出レビュー】


"エジプト"って、なんかいいよね。

てわけで(?)、エジプト映画といえばコレ!

そして、『インディ・ジョーンズ』のエジプト版みたいだよね。


この映画の魅力といえ
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.3

どこか『マトリックス』の二番煎じ感漂う超常もの。


ジョン(キアヌ・リーブス)は現世に紛れ込む悪魔を見抜くことができる悪魔祓い。
ヘビースモーカーで余命幾ばくか、
過去に自殺を図ったせいで地獄行き確
>>続きを読む

カクテル(1988年製作の映画)

2.0

【あの日の思い出レビュー】


映画を好きになるキッカケとなったトム・クルーズという俳優さん。

映画を観始めた当初、「何の映画を観よう」って考えるときの選考基準はカンタンだった。

「トム・クルーズ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

おかあちゃん。


恐ろしいぐらいの涙腺崩壊映画。

どんなに防衛戦張っても、どんなに我慢しても押し寄せる涙腺刺激要素の嵐で気付いたら涙が頬を伝っている。

ってことで《泣きたいとき観たい映画》大賞〜
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

4.1

【あの日の思い出レビュー】


コレは…予想不可能じゃない?


雨降るモーテルで起きる殺人事件。


数あるドンデン返し系でも、本作のド級展開はダントツっ!

まだくるか!
そーくるか!!
と。
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

1.5

【あの日の思い出レビュー】


しっかりとは覚えていないので、
コメントの信憑性が欠けるのは重々承知だけど、
「相当つまらない作品」だったという記憶がある。


なにが《つまらないポイント》だったのか
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.7

本日、9月11日。


2013年4月、
当時、事件翌日に駅に行ったら構内のゴミ箱が全部撤去されていたのを思い出した。



ニュースでは知り得なかった、"リアルさ"を感じられる作品。

前半、登場人
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.5

「彼はなぜ勝ち進めた?」

A. インチキした
B. ツイていた
C. 天才だった
D. 運命だった


《クイズミリオネア》に出場するジャマールは2,000万ルピー(当時日本円にして3,000〜4,
>>続きを読む

ブロークン・アロー(1996年製作の映画)

4.2

【あの日の思い出レビュー】


クリスチャン・スレーターといえば、『トゥルーロマンス』のクラレンス。

脚本のタランティーノが自身をモデルにし、コミックとソニー千葉(千葉真一)が好きなオタクだけど、惚
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

2.1

『DEATH NOTE』の大場つぐみ、小畑健コンビが生み出した『バクマン。』。

"漫画"を題材にした珍しい漫画だが、これを原作にした実写版『バクマン。』はどうか。


まぁ、原作ものを映画化するとき
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

『興奮!!』


大好きなシリーズ!
…の大好きな前作『ローグ・ネーション』の続きから始まる本作。

たまんない。
期待を裏切らない壮絶生身のアクションの数々と、あの友情チーム。
そして相変わらず格好
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

付き合っている相手の家に行くのはドキドキするよね〜。


クリスとローズは付き合って5ヶ月(4ヶ月)、
二人は週末を利用してローズの実家に挨拶に行くことになったが、クリスにはある心配事が。

それは自
>>続きを読む

シティーハンター(1993年製作の映画)

3.4

【あの日の思い出レビュー】


これは、「ジャッキー、フザけんな」ですね。

もう、別モン。
こんなの『シティーハンター』ではない。

ジャッキーは原作を少しでも読んだことないのかな?

原作を知って
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.3

続編は、前作を超えるためにこそある!


こういう映画があってもいいよね。


オープニングから自作主演俳優をイジッて、日本アカデミー賞、『万引き家族』、映画泥棒までネタにするとか、さすが銀魂!
時事
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

3.5

俳優さんには皆、〈イメージ〉がある。
作品によって好きな俳優さんの持つ〈イメージ〉と異なる役柄が見られるのも映画の楽しみ方の一つ。

そのイメージが強烈なほど、異なる役柄でのインパクトはデカイが、
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

あれれ?
何気にゴジラ映画人生初かも。
(ハリウッド版は2本観賞)


まず…
登場人物多い!
説明の字幕も多い!
人名、その所属機関、部署名、地名、はては戦車やヘリの型式など。

覚えきれるかっ!
>>続きを読む

インモータルズ -神々の戦い-(2011年製作の映画)

3.4

以前に人にオオスメされていたやつ、やっとこさ観られた。


なぜか勝手に低予算系かと思っていたけど、ガッツリ大作だったし、
同じくギリシャを舞台にした『300-スリーハンドレッド』みたいな作品だった。
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.3

間違いなくホラー映画。

何が怖いって、不謹慎にも人が死ぬシーンで笑いを誘ってくること。
そしてそんなシーンでものの見事に笑わさせられてしまった。

てことでコレ、ホラーコメディ映画。


タッカー&
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.4

《密室殺人事件 in 飛行機》

犯人だ〜れだ?


序盤から
「ほら、この人怪しいでしょ〜」
と、クセのある乗客たちをこれでもかってぐらいカメラでパンしていく。

その導入部で予想できるとおり、
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.7

久しぶりの鑑賞。
やっぱり良く出来ているし、オススメの韓国映画。


パク・チャヌク監督の"復讐三部作"の2作目、『オールドボーイ』。
(本シリーズその他観ておらず)

ある日、突然監禁され、15年後
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.3

夏になると観たくなる映画。
『サマーウォーズ』


憧れのいっこ上の先輩(女子)に頼まれ許嫁役としてその実家の田舎に行くことになった男子(文化系)。

このくだり、割りと好み。


細田監督の作品には
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

最高かよ!!


レビュー200本目。

インディーズ作ながら評価の高い本作。
フィルマの評価も軒並み高い。
周りの映画好きの方たちの興奮度もスゴい。

だから鑑賞前は否が応でも期待したし、その期待感
>>続きを読む

セルラー(2004年製作の映画)

4.0

チャラ男頑張る!!


突如、誘拐監禁された女性から無作為にかけられたSOSの電話の相手は海で遊ぶチャラ男だった。


面白い!
軽い気持ちで観たら止まらん。

最初、突然のSOSをバカにしていたチャ
>>続きを読む

>|