masaemarksさんの映画レビュー・感想・評価

masaemarks

masaemarks

映画のない人生なんて

映画(70)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

面白い!

これは、パンデミックでしょー

しばらく、
展開がみえない、

そうだったのか、
笑える、

チョイホロリ、
これ以上は書けない、

場内、拍手で終わりました。
私はエアスタンディングオベ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8


何が幸せか、正解だったかなんて

人生終わりを迎える時でないと

わからない

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

冒頭のWRXのシーンから、
何度も見て、先に進めなかった笑

ミュージカル風なストリート
のシーン、
コインランドリーのシーン、
クライマックスシーンで、
クィーンのブライトンロックって
鳥肌立ちまし
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

歴史的な韓国の事件
この映画で
初めて知った

命の危機が迫っているときに
人として
正義感ある行動をとる事
について考えてみた

本能に近いものなのか

劇場の
あちらこちらで
すすり泣く声が聞こえ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

是枝ワールド堪能、
役者がいい、
ワンシーン、ワンシーン
観た後で
切り取られ、
心に焼き付けられる
間がいいのか、
編集がいいのか、
鳥肌が立った

パルムドール受賞
文句なし

サクラちゃんにも
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.0

なんとも
イヤーな感じで終わる、
映画を見てると
必ず誰かに
知らず知らずに感情移入して
見てるけど、
これはない

人間の深いところ、
シーンごとで
考え込み、
笑いも あるのだけど…

また、イヤ
>>続きを読む

フライト(2012年製作の映画)

3.4

偶然見たけど、
タイムリーなテーマだった

記者会見の場面が
重なり、頭に入ってこなかった

アルコール依存性は
脳の病、行動の病なのだそうだ

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.9

やっと観れた

面白い、いい意味で
裏切られた
そこで、こうなるのでは?
と思っていても、
こうならない…
ここで、この音楽?笑笑

タランティーノとか、北野
デビッドリンチ、
思い出す

ライアンゴ
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.8

愛しているからこそ、
傷つけあうこともある

女々しいライアンゴズリング
見たくないなぁ
服のセンスも変わってしまうのかぁ

輝いてるこれからの2人と
共感しあえない現在の2人の
コントラストに

>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

スピルバーグの好きなものを
これでもかの映画、
細かいところ、ゆっくり
また観たい!

シャイニング、チャッキー、
ステインアライブ、デロリアン、
T2

トシロウのセリフ

ニヤニヤしながら
観てた
>>続きを読む

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年(2016年製作の映画)

3.5

1日幸せに過ごしたいなら好きなものを食べること。
1ヵ月幸せになりたいなら友達を大切にすること。
ずっと幸せになりたいなら庭を手入れすること…

ドキュメンタリーにしては
再現ドラマや、演出、
関わる
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

ギレルモ監督のワールド、
グロい、エロいファンタジー、
音楽もかなり主役要素あり、
半魚人が水の中で
セクシーだった。

ブルーグリーンや
恋する赤など、
イライザは川に捨てられてた
って、彼女も半魚
>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.8

アントワープシックスのひとり。

完全主義。

彼には、ファッションという
単語はフィットしない。
緻密で、繊細な服職人。

豊かな庭園で癒され、
花々で部屋を飾りつけ、
自分の居心地の良い空間を
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.7

オープ二ングから、
心震えて、涙が出た。

めくるめくストーリー展開、
ヒュージャックマン、
音楽の凄さ、
ダンスの迫力に、
コテンパンに
やられた。

セレブレーションオブヒューマ二ティ

ワタナベ
>>続きを読む

生きてこそ(1993年製作の映画)

3.7

イーサン・ホーク
が若いし、頼もしい、
おいしい役

あの状況なら、
食べるしかない

人生も山あり谷あり
諦めなくて
よかった

語りは違和感があった

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

怒りからは、怒りしか
うまれない。

娘との最後が、そんな風で
あれば、後悔は計り知れない。

犯人に対する怒り。

3人の人間模様、
ストーリーは想定外で、
引き込まれ、
ラストは、道々で…

>>続きを読む

ル・コルビュジェとアイリーン 記憶のヴィラ(2015年製作の映画)

3.9

アイリーンの美貌、才能、セリフ、
コスチューム、
男前に惹かれます

それにしても
コルビュジェさん
カメラ目線で、言いたい放題笑
勝手に、壁画描いちゃうし、
傲慢全開

アナリスモリセットはセンター
>>続きを読む

カスパー・ハウザーの謎(1974年製作の映画)

3.8

いつまでも記憶に残る映画、
凝視した。
実話に基づく物語って、

謎が多いです。

王家の後継者、暗殺
とか…

穴から出てこないほうが
よかったのか、
本人的にはどうなのか。

劇場で観れてよかった
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.6

怖いー、怖いー
女の嫉妬、
そこまでしますか。
ノクターナルアニマルズ風
ブラックスワンか。

キアヌリーブスは
役を選んでないのか…
スルーするとこだった。

怖いけど、面白い。
食後に観ましょう。
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.0

見直し

ジョエルコーエンの奥様が
女警察署長のフランシス・マクドーマンド
だったのねー

バートンフィンク
ノーカントリーも好き

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.9

文句なく、面白い。

大きい映画館で
なぜやってないのか
不思議です。

少子化が進む今、近未来は
食糧問題でこんな事に
なってしまうのか、と
危機感を感じながらも、
ドキドキ、ハラハラ感は
半端なく
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.0

字幕版で観ても
吹き替えで観ても
どちらもよかった。

641人って、引くわー
OS 進化が速いです、笑笑

でも、愛は深まっている
なんて、そんな事言わないでー

セオドアのオフィス、
二人の写真の
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

2.8

淡々とストーリーが
進んでいく、
キャストは豪華です。

いつ盛り上がるか
って観ていた、

最後に、
始りはここからかって、

終わる。

前に観たことあったかも…

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

-

映画館で膝を抱えて、何も考えず
アレハンドロ・ホドロフスキーの
世界に浸った

映画を観ると
言うより、
アート展に行って
感じるままに
その場に居た

台詞の端々に
考えさせられる
瞬間があった
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.4

ナタリーポートマン
美し過ぎる‥

リリーローズデップ
本当の姉妹のよう、
これからの
作品も注目したい

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

やられた!
そうだったのか、
復讐なのか、
愛なのか

ですね。

デヴィッドリンチテイストの
冒頭から、間延びは
少し感じられたけど

かなりいいです。

ハイブランドのスペシャル
サンクスが凄かっ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.5

ファンタスティック!

森の緑の美しさ、
冒頭のレベナント風な始まり方
から、引き込まれた。
子どもたちがそれぞれ
魅力的で、
何もそこまでしないでも
と、極端なミッションが
あったり、クスッと思わず
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.0

数日前に、母の葬儀があり、
心の穴を埋めようと鑑賞し
映像がドキュメンタリーのように、
入ってきた。

兄弟ってこんな感じだよなって
家族ってこんな感じだよなと
安心して見ることができた。

キャスト
>>続きを読む

ふくろう(2003年製作の映画)

3.7


昼顔で
伊藤歩さんが気になり
観たのだけど、
恐るべし大竹しのぶ!
でした。
凄まじい、何かが
憑依している、
予想がつかない
展開、

舞台が観たくなった。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

どうしょうもなく
不器用なリーなんだけど、
人間だもの仕方ないよ、
乗り越えられない
ってことあるよって、
最後の方は、
リーにすっかり寄り添っ
ていた。

少し長いけど、
いろんな思いで観た、
ヒュ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

素晴らしいレビューは
皆さん書かれているので
代弁して頂いてます(笑)
切なハッピーになる、
劇場で観なければ
いけない映画です!
いいもの観させて
頂きました。。。

ジョンレジェンドも
外せない
>>続きを読む

>|