あまんださんの映画レビュー・感想・評価

あまんだ

あまんだ

レッド・スネイク(2019年製作の映画)

3.6

幸せに暮らしていた一人の若い女性が、ISに家族と尊厳を奪われ、復讐の為、戦士となる。

ランボーみたいに、その復讐が凄惨であったり見応えがあったりでは無く、むしろ、戦いたくて戦っている訳では無いところ
>>続きを読む

コンジアム(2018年製作の映画)

3.6

若者たちが、心霊スポットで、本物の怪異に会い、ワー!キャー!な、話。
更に、それをYou Tubeで配信するのが、今どき。
でも、思っていた更に上の恐怖にパニックに。
撮影している臨場感が、上手いなあ
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.0

トランスジェンダーの女性と、ネグレクトを受けている少女。反発し合う二人だが、やがて母娘のような絆が生まれ…。
思っていたより、内面描写が丹念に描かれてはいないが、むしろその余白部分をこちらの想像に委ね
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.9

いくつになろうと、その当時の仲間に会ったら、その当時のノリになってしまう。
いいですね。あまりにもな男子の(そして、つい、男子と言ってしまいます)アホのりに、ついて行けるかなと思ったけど、しっかり染み
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.7

前作の前日譚が、冒頭で描かれている為、そうやった、そうやった!と、背景が思い出しやすい。そして、あの怪物がどういう過程で現れたのかも…。前作が、家族とその家周辺を中心に描かれてたので、思いの外、こじん>>続きを読む

ウィリーズ・ワンダーランド(2021年製作の映画)

3.4

学生時代、ニコラス·ケイジにハマっていた時期があったなあ…。
ザ・ロックとか、コン・エアーとかフェイス·オフとか…。第一線なわけではないが、今でもご活躍なようで何より。
でもさあ、、、何?この話(笑)
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

5.0

人世の大半を収監されて過ごしてきた男、三上。今度こそ、刑務所には戻らない決意を胸に、出所するが…。
三上が、直情的で、真っ直ぐすぎ、おかしいなと思ったら全力で突進していくので観てる側は、酷い目に遭うの
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.2

冒頭、中年女性が老いた父を尋ねる。
引っ越して外国暮らしを始める為、父に介護士を会わせる。
娘の夫が出てくる。思っていた筈の介護士ではない人がやってくる。
娘は離婚している。娘の夫が消え、パートナーら
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.0

未見の名作。

病気で人とは異なる見た目の為、蔑まされ、見世物として扱われていた青年、ジョン。
外科医トリーブスの目に止まり、最初は研究のために連れてこられたが、外見からは想像だにしていなかった、ジョ
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

4.2

サイコサスペンスかと思って借りたが、予想だにしない、重いヒューマンドラマだった。
容疑者、環菜の生育環境が気の毒でならない。
年頃に差し掛かりはしたものの、まだ子供である年齢の時に、あんな目にあわされ
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.9

いや、前観たで?と、一瞬思うくらい、ロードインフェルノをひとこすりした描写があった。

主人公レイチェルが、色々あってストレスで苛ついての一瞬の輩行動が、とんでもない悲劇に繋がる。煽りのおっちゃんが、
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.5

見た目イケてるのに、だいぶとズレちゃってる先生と、アテクシは周りとは違ってよ!と、その幼い思い込みに気付かず、先生に上からアドバイスして、あわよくば自分の目論見を達成しようと画策する女子高生。

配役
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.6

タイムループと恋愛って相性いい。
タイムループの名作、バタフライ・エフェクトほどのシリアスさと壮大さはないものの、一見チャラい男性と、人生に意味を見出だせない女性が時の歪みを同じくする事により、お互い
>>続きを読む

ヘル・フェスト/アトラクション(2018年製作の映画)

3.5

ハロウィン時期には、何かしらのそれ系ホラーを観たくなるものです。

休みを利用して地元に帰って来たナタリー。
親友カップルと、その友だちカップル、そして自分と気になる男性の6人で移動式遊園地のホラーナ
>>続きを読む

秘密の儀式(1968年製作の映画)

3.9

少し精神のバランスを崩しているように見受けられる可憐な少女と、事故で娘を失った心の傷から立ち直れない娼婦。娼婦が、少女の母親にそっくりであった事から家に招かれ、風変わりな同居が始まる。しかし、少女の義>>続きを読む

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

3.0

並み居るバイプレイヤーズ達が、大勢出ている豪華な映画ですが、、、、
ごめんなさい。あんまりハマりませんでした。
ドラマをずっと観てたんけど、やっぱ2までのおじさんだけの設定が好きでした。
続けられない
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.6

猟奇殺人犯と、周りに軽く見られる内気な女子高生が、、、入れ替わってる〜!!
殺人鬼と入れ替わってる訳でして、全く喜ばしくは無い状態ではあるものの、主人公ミリーは、自分とは全く異なる人物になり、その立場
>>続きを読む

スプリー(2020年製作の映画)

3.0

SNSでバズりたくて仕方無い青年が、数年の努力も叶わずの為、とうとう頭おかしなってもうて、どえらい事やってまう話。

作りが、めちゃめちゃ粗うてのう…。
今時の設定で、面白くできそうやのに、ただただ、
>>続きを読む

ワン・モア・ライフ!(2019年製作の映画)

3.1

こだわり強い割に、社会的ルールとかは守らないしょうもないおっさんが、その、自分の適当さのせいで思ってたより早く死んでしまうけど、あの世でごねて、92分だけ猶予を与えられて生き返る話。
おっさんのしょう
>>続きを読む

メビウス(2013年製作の映画)

3.4

あらすじを読むと、あまりにもおどろおどろしくて、気にはなるが、何となく長い間、観るのを保留にしていた。観たら、ダメージ受けそうで…。
思い立って、鑑賞。案ずるより産むが易し…、と、言うか、思ってたより
>>続きを読む

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

3.2

前回、魂の咆哮後、収監されたランボー。
そこに、ある任務遂行と引換えの特赦の話を持ってきたトラウトマン大佐。
ランボー、再び戦場へ。でも、任務の内容が、納得いくものではなかった為、再び大暴れ。
今作も
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

4.0

こういうの、大好物!
オタクな、プログラマー、ラドクリフ君。
日頃のパッとしなさを、ネットへの過激な書き込みで憂さ晴らしするが、お口が過ぎた為、運営に目をつけられ、どちらかが死ぬまで終わらない殺し合い
>>続きを読む

ある人質 生還までの398日(2019年製作の映画)

4.0

一息に観るにはしんどく、休み休みでないと、観られなかった。
テロリストと取り引きはしない、と、いう断固とした政府の方針は理解できるが、だが、果たして、個人ならば、実際捕らえられた人の家族の憔悴を目前に
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

3.6

先日、「ランボー ラストブラッド」を観て、そう言えば、ランボー有名やけど、観たの初めてやなー、と、突如ランボーへの興味が湧き、順番に観ようと思っております。

本一作目は、ベトナム戦争帰還兵のランボー
>>続きを読む

デンマークの息子(2019年製作の映画)

4.4

有事の際、それが外国人の場合、更に自国に多く移り住んでいる外国人が起こした事件の場合、対、個ではなく、対、民族として見てしまう、その象徴のような話。更に、その国の人と個人的に繋がりがある場合、対、個人>>続きを読む

ベイビーティース(2019年製作の映画)

4.0

ミラがモーゼスのどこに惹かれたのかが、あまり良くわからなかったのだが、大病をしているので、直感で「この人!」て、第6感が働いたのかなと思う。優しい人ではあるし。
それも相まって、押せ押せで突っ走るミラ
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

4.2

「人生」。
河原でピクニックをする中年の集団。
そこに乱入する、何故か場違いにスーツ姿の男性。人々は怪訝な顔で男性を見るが、良く見れば、20年前の工場勤め仲間ヨンホではないか。しかし、昔の彼とは様子が
>>続きを読む

ヘル・フィールド ナチスの戦城(2020年製作の映画)

4.3

驚くよ。て、謳われてて驚く事は少ないと思うが、この映画の結末は、本当に驚いた。。。
え…?そ、そうなの。
一部、そうした理由に「?」となる事はあるが、、、いやー、なるほどなー。
戦争とホラーて組み合わ
>>続きを読む

華麗なるリベンジ(2015年製作の映画)

3.8

華麗なる勧善懲悪物で、面白かった!
ファン·ジョンミンが、陥れられ、逮捕。5年後、刑務所内で一目置かれる地位を手に入れた彼は、自らの無実が立証できるかもしれない発言をする新入りの青年に遭遇。希望が見え
>>続きを読む

ブレスレス(2019年製作の映画)

3.9

独特な話やったなあ…。
不慮の事故で妻を亡くした男性が、偶然入ったSMでの窒息プレイから、亡き妻の幻を見る事により、SMに傾倒していく…。
今までの我慢していたのであろう辛さが、濁流のように溢れていく
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

4.5

あまりにも有名だが、観たことがなかった。
ランボー。
なので、初ランボー。

結果…、ランボーは乱暴でした。
でも、それにはもちろん理由がある。
そして、予想もしてなかったレベルのグロさ。びびった。
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.4

アイドル仲間と夢中になったあの頃。
他愛なくも楽しかった日々…。
なのだが、殆ど大賀が持っていってた。

大賀、めちゃめちゃ上手い。
気が弱く、ネット弁慶、下手に出る人には横柄で、強く出られるとすぐに
>>続きを読む

Fear Filter(原題)(2019年製作の映画)

3.0

昨日観た、あつ森ホラーと似とるやないかーい。と、思ったけど、フィルターの反応の場面は充分恐いなあ。
若い子の余暇の過ごし方って、全世界共通してるんやなって、微笑ましくなった。

Don't Peek(原題)(2020年製作の映画)

3.1

いまだあつ森をちょいちょいやってる身としては、観ずにはおれない。あつ森ホラー。
何だ、あつ森ホラーって。

夜、まったり森ってた女性が、ゲーム内の部屋と、自分の部屋の事象が連動してる事に気づく。ゲーム
>>続きを読む

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

3.4

暑いときには、何も考えず観られる映画がいい。満を持しての、とんかつDJだ!

でも、内容は少年の成長物語で、そこは、友情·努力·勝利の、ジャンプの基本三大理念を踏襲してるんやな。
とんかつもフロアもあ
>>続きを読む

ホモ・サピエンスの涙(2019年製作の映画)

3.0

合う人と合わない人が、はっきり分かれる。色んな人の他愛ない一瞬を、ずっと観る映画。
何もおこらない。ちょっとした後悔、苦悩、間違い、無、等が、ずーっと流れる。
途中流れる音楽が心地良く、自然に瞼が下が
>>続きを読む

>|